加世堂洋平の戦闘記

居酒屋の神様と。

昨日は鹿児島から齋藤くんに東京入りしてもらって






こちら居酒屋甲子園。


全国の居酒屋の取り組みを勉強。




とてもいい学びがありました。
そしてお店に戻り、今日の学びをミーティング。
いつから何をやるかをミーティングして








夜は視察です。


渋谷の四十八酒場。業態作り完成度高いなー。






これお通しです。


いいねー。








メニューもすごくいいんですよ。
大手がこれやったら個人店はかないません。でも心の奥で絶対これを超える魅力をって考えながら。










漁師のひとくちまかない飯




一度で3度美味しいって






完成度高すぎるー。




海鮮丼と海苔巻きとお茶漬けの3回楽しめるって最高やん。




ハイパーのグランドに入れてます。


全店舗でやっていこう!!


帰ったら今回の視察は特攻チキン野郎に落とすぜ!!








レモンサワー!大手がこれやったらまずいよね。個人店は勝てない。




このレモンもどこどこ産の誰々が作りましたー。なんて。




長島の無農薬レモンの青いのつかオーー!!








こういうの!


うまいでしょ間違いなく。














そして、








すごい魅力的な字、
うまいとか下手とかじゃなくて色気なんだよね。


こちらは楽のお父さんのお店。


居酒屋の神様とよばれているお父さん。




18店舗の大繁盛店をつくって、その中の町田のお店で僕は修行させてもらった。




商売を楽しんでるなーって思う反面いろんなことを考えた。




居酒屋の神様とよばれるお父さんから何百人という人たち独立して居酒屋をやっている。


もちろん成功してる人もいればそうでない人もいる。




たくさんの人を育ててきたおとうさん。目の奥にどっしりとした鋭さを感じた。




義理人情ってすごく大事だなって思う。


こうやってカウンターに座って居酒屋神様と話をしながらおもう。




俺が商売できてるのはこの人との出会いがあったからなんだよなー。って思う。




居酒屋甲子園で




共に学び共に勝つってテーマが流れたけど、これを勘違いする人間がいるんだよなー。


商売って自分の人生をかけた勝負なんだよね。だから経営者は貪欲に学んでいくんだよ。だって学ばなかったらくっていけないわけでしょ。




安定なんてないしね。




それを勘違いして、みんなで学ぼう!みんなで勝とう!!


ってフレーズだけを感じて


自分が受けた恩を間違って捉えちゃう人もいるんだよね。




ともに学ぶことはとてもありがたいし、その人たちが必死で作ってきたものを学べることで、それを自分のお店にどう落とすかってことがすごく大事なんだよね。


真似してもいいもんはできない、最初は真似なんだけど結果どう落としていくかが大事なんだよね。




カウンターに座りながらそんなことを考えてました。この人から商売を教えてもらってよかったなー。


そういう俺が感じた商売の面白さと厳しさをネバーランドにいる子たちには教えていこう。


義理人情!まだまだ勉強が必要です。















2016.11.16 [Wed] 11:23 |  記事URL  | コメント(0)