加世堂洋平の戦闘記

長島町から茶ブリを!!

我々ネバーランドで扱っている茶ブリのご紹介です。








先日撮影もかねて同行させてもらいました。










日の出とともに出港します。










注文を受けた分だけをあげにいきます。これはなかなか他でできることではありません。人件費もかかりますし、燃料のコストもかかります。でも、これが大事なんです。
出荷の直前まで環境を変えずにおくことが魚にストレスを与えずに、いい状態を保てます。










サイズを確認して、しめます。












そして1本1本大事に船上で神経抜きをして鮮度を保ちます。






そして、専用の加工場へ運び、加工されます。
この加工技術も鮮度を保つ秘訣です。


即座に真空パックされ、鮮度、旨味をとじこめます。




そして鹿児島市内のチキン野郎の店舗と東京のチキン野郎へと運ばれます。


だからこそ美味しい茶ブリがお客様へ届きます。




全て当たり前のことではありません。


チキン野郎だからこそできること。




どこにもないがここにある。オンリーワンへの挑戦!!


店舗では茶ブリのいろんな食べ方を試作中です。


ぜひ、チキン野郎店舗にて茶ブリをお楽しみください。
2016.11.13 [Sun] 14:13 |  記事URL  | コメント(0)

しおりの結婚式

東京の修行時代の教え子の結婚式。








すごくいい結婚式だったなー。


しおりがなんかどーーーんとしてた。








結婚式はいろんなものをもらえるなと実感。




何と旦那さんは鹿児島出身。なんか縁があるんだろうな。


しおりから4年前に朝方、メッセージがきて、洋平さんにバイト時代に教えてもらったことが今すごく仕事で活きてます!!ってメッセージもらった時は嬉しかった。




人と人の出会う確率は宝くじの1等に当たるよりも200億倍くらいの確率らしい。


なんか数字出されるとすごい。




2人ともお幸せに。








商売がら違うところの目線も。




ここの式場すごいのよ。スタッフがテキパキ動いて。


ゴールお客様にして、自分たちはしっかりと脇役にまわりながら滞りなく式を進めていく。


挨拶など当たり前のこともきっちりしてて気持ちが良い。




料理もしおりが選んだのだと思うんだけど要所を得ている。


なんか何食べたのか記憶にない結婚式ってあるけど、ここは




フォアグラ、牛肉、白身魚、デザート




これがとても美味しかった。




記憶に残る。




これは脳でものをたべてることなんだとおもう。




なんかうまいという印象が今日の朝おきても思った。


記憶に残ることが商売大事なことなんだとおもう。




当たり前のことの積み重ねの努力の先に記憶に残るがあるんだとおもいます。




自分のお店でも同じことだとおもいます。


当たり前の事って意外に忘れてしまうんですよね。




こうやって結婚式に出席できて幸せでした。




私は修行時代に友人の結婚式へは参加出来ませんでした。


だいたい結婚式って土曜日か日曜日でしょ。
だから俺らいざかやにとっては土曜は週末、日曜はシフトが組めないってことが通常なこと。


だから、出席したくてもできないわけです。


それがとても悔しかったのを覚えている。


だから自分が会社を作ったら絶対参加させてあげようって思って会社をつくってきました。




最初からできたわけではないけど今はある程度その実現ができているとおもいます。


人がいなければお店は閉めるしかありませんが、シフトの調整や各店舗の努力で少しずつ実現できてきました。




まて、11月から社員の月のお休みを増やすことを始めました。


もちろん、まだ、やり始めたばかりなので続けることができるかはわかりませんが、挑戦こそが会社の成長だとおもいます。


まだまだ我々ネバーランドは小さい会社です。身の程をわきまえて、かつ少しでも成長して会社に携わる人たちを幸せに少しでもしていきます。



2016.11.13 [Sun] 13:58 |  記事URL  | コメント(2)