連休の中日、

2007年10月09日(火) 18時19分
お墓参りに行った。
往復7`の徒歩で足が痛くなった。
筋肉痛予防のためにゆっくりお風呂に入って、マッサージはしたけども。

天気のいい日に歩くのは気持ちがいいなぁ。
とはいえ、目的地にたどり着くまでに憔悴しきってしまってたが・・・


しかも墓地の中でどこだったかわからなくなって、管理事務所に確認・・・
見当つけてたところと全然違った・・・


もう、お墓にたどり着くまでにへとへとになってしまった・・・


でも、いちおう汚れをちょっと払って、拭いたりした。


ずっと来れなくてごめんなさい。
一緒に来るはずだったのが来られなくなってしまって申し訳ないです。
来年は一緒に来ますから。

とお墓の前で心の中でつぶやいた。


そういう言葉を考えた後で、来年なんて一緒に来られるわけないだろう、と思ってしまった。



もしもほんとに両方のご先祖様が祝福してくれているんだったら、復縁するのか?!


いや、それはないよな。

ご先祖様が喜んでくれても、本人たちがそう思わなければそんなことにはならないだろうから。


でも晴れた秋の日の7`ウォークが心をだいぶ癒してくれたようだ。



そして、墓地近くの農家で紅玉7個を買って、道の駅でいろいろ物色。水分も補給して、傷物だからと定価の1/4で虹入り水晶球を購入。
ほんとに傷が惜しい。でも、家帰って部屋に飾ったら、傷のおかげで台がなくても安定している。



昨日は、涙を流すことなく一日を終えられてよかった・・・

心が、だいぶ落ち着きました。





今は休薬期間のせいだからか、いきなり発情してしまいそうになった。
でも、どんなにそう思っても、また同じことにはならないだろうから・・・


もし、そういうことがあるんだったら、自分からは絶対言い出せないと思う。

だからもし何か言われたらあそこまで一方的に断言しておきながら、そんな意志薄弱だったのかといってやろうと思う。



それに、あれから2ヶ月。
その程度の期間で復縁できるんだったら世話ないよね、と思う・・・