機動戦士ガンダムSEED DESTINYの感想・考察・レビューブログ。ガンダムグッズ購入レビュー等。漫画や他のアニメについてもあり。

カテゴリアーカイブ
  1. フリートーク (9)
  2. SEED DESTINY (32)
  3. ガンダムグッズ (13)
  4. 漫画 (2)
月別アーカイブ
  1. 2005年08月 (5)
  2. 2005年07月 (8)
  3. 2005年06月 (11)
  4. 2005年05月 (14)
  5. 2005年03月 (3)
  6. 2005年02月 (7)
  7. 2005年01月 (8)
プロフィール
  1. A Y T
  2. ひろる
  3. コメント、TB歓迎
  4. プロフィールやメールフォーム準備中
コメント
    トラックバック
      プロフィール
      • プロフィール画像
      • アイコン画像 ニックネーム:tsta
      読者になる
      Yapme!一覧
      読者になる

      機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」感想 5点/10点

      SEED DESTINY / 2005/06/25 (Sat) 21:14

      議長が戦士(=人形)発言で一気に安っぽい黒に見えてきました。いくらこれから敵に見せていきたいからって、「戦士(=人形)は考えずに戦って役割を果たしていればいい。それが幸せ。」はないんじゃないか?黒議長への過程が安直過ぎ。敵でも共感できる部分があるのが、良い敵役というものだと思うのですよ。

      題目は「レジェンドのドラグーンシステムとデスティニー」(追記)、「ラクスのことを聞けずミーアを睨むアスランの行動理由」、「さりげなくキサカ登場」、「普通の人ミーア」、「アスラン脱走私見」、「ダークヒーロー→可哀想なヒーロー」、「次回予告「雷鳴の闇」グフでデスティニーとレジェンドに対抗できるのか?!」、「個人的評価」、でいきます。

      レジェンドのドラグーンシステムとデスティニー

      「レジェンドのドラグーンは量子インターフェイスの改良により誰でも操作可能な新世代のドラグーンシステム」でした。アスランに渡す予定なら当然の仕様。これならキラが駆るストライクフリーダムがドラグーン使ってもおかしくはないですね。ただこのレジェンドのがスーパードラグーンなのかは相変わらず不明。スーパーとは何が違うのかそれとも一緒なのか。デスティニーは完全にシン用の正にオーダーメイドMSですね。

      ラクスのことを聞けずミーアを睨むアスランの行動理由

      冒頭の議長とアスランの問答で、なんでラクスが狙われたことを聞かないのかと思いましたが、あれはミーアを気遣ってことだったのかと。シンに「ミーアが偽ラクスだとばれて噂が広がってしまえば自動的にミーア役割強制終了=殺される」の図式。優しいなアスラン。

      しかし、議長もミーアが偽ラクスだとわかってるアスランを説得するのに、「ラクスもこうして・・・。ラクスと離れ・・・。」と説明してもしょうがないだろうに。さては説得する気ないだろ(笑)

      さりげなくキサカ登場

      前作のランボー、キサカが満を持して一瞬だけ登場。地球軍艦艇、東アジア共和国の遊軍。

      あれ?オーブ軍じゃないの?制服も連合のだし・・・。何があったキサカ。本来カガリのサポートをしてそうだった彼ですが、それはアスランに任せて連合で何かしていたのかもしれませんね。

      私はラクスよ!それでいいじゃない!普通の人、ミーア

      「ラクス様が戻るまでの代わりでいいの。」と言っていた殊勝な心がけのミーアは今はどこに。最近の態度から見てそんな感じがにじみ出てましたが、やはりそうでした。でも黒くなったわけではなく、議長とレイのたくらみを聞いてアスランを心配して部屋に来たりするところもあります。

      ヒーロー・ヒロインのような発想ではないのであまりいい印象持たれなさそうですが、染髪・整形前の自分と、たくさんの人に喜ばれ影響を与えることのできる立場を比較して、ラクスの役割を演じている自分を捨てることができないあたりが、逆に普通の人っぽくて親近感がわきます。

      でもこれでアスランと一緒に逃げなかったからハッピーエンドはもうなさそうだなー。せめて最後は普通の人に戻って過ごせるようになってますように。死亡ENDのニオイがしますがそれは勘弁。

      アスラン脱走私見

      一緒に脱走するのはメイリンでした。一応メイリンもアスランラブフラグが数回あったといえばあったのですが。私的には偽ラクスのことに気付いて、かつアスランラブなルナマリアが適任だと思います。まぁ憧れの恋とはいえ、その人が殺される危機とあれば、ザフトへの離反とまで考えずに手を貸してしまうのはありでもいいかなと。

      レイとの銃撃戦で、すっかり忘れてた「アスランは射撃の腕が全弾命中レベル」という遙か昔の伏線を思い出しました(笑) 心に迷いがあっても白兵戦は強いぞアスラン。

      女連れ帰ったりしたらカガリになんて言われることやら・・・。しかもオペレーター席には既にミリアリアが復帰していてメイリンに居場所がない(笑) と先の心配をしているのですが、アスランは当然アークエンジェルに行けるだろうけど、まさかメイリンだけ死亡なんてことないよね?

      ダークヒーロー→可哀想なヒーロー

      今回はシンが利用されてる可哀想な子と思わせる描写ですね。こんな描写をしたり、アスランの逃亡に疑問を抱かせたりしてるんだから、当然シンも自分で考えて、遅れながらも自立してくれるんだよな?>脚本担当

      次回予告「雷鳴の闇」 グフでデスティニーとレジェンドに対抗できるのか?!

      テンペストビームソード発動とかスレイヤーウイップで攻撃とか、なんか見覚えのあるカット(笑) これで青フグのガンプラはアスランで確定。

      「MSの性能で強さが決まるわけじゃねぇ。」by オクレ兄さん
      名言(迷言?)を今こそ実行する時だアスラン!シンが種割れする前に割ればグフでも逃亡ぐらいなら。ドラグーンは確か宇宙空間じゃないと使えなかったはずなので、シン次第。

      個人的評価

      機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」 5点/10点

      ○ ルナじゃなくメイリン連れだがそこまで違和感はなかった。ミーアの俗っぽさ。
      × 議長の話が安い。シンの路線変更?

      この記事のURL
      https://yaplog.jp/tsta/archive/57
      P R
      ガンダムコレクター用リンク
      TrackBackPeople