血と骨 

2005年10月26日(水) 0時37分

きっと日本語が恋しくなるだろうと思って東京から持ってきた本のうちの 一冊を今日読み終えた。梁 石日著の『血と骨』。少し重い内容の本ですが、鈍器で殴られたような 衝撃を覚えました。昨年だったか、北野武と鈴木京香の主演で映画化もされていましたよね?添付の画像は件の映画のDVDです。。

読後の感想は。。というと。。やはりなんといっても主人公の金俊平の圧倒的な存在感。 あまりにも自己中心的で暴力的な人格で周りを取り囲む家族も同僚も親戚も全ての人を 巻き込み、ねじ伏せていく。。

本の一節には。。

「血は母から受け継ぎ、骨は父から受け継ぐ」というくだりがある。 血は骨で造られるという前提の言葉らしい。現在の日本では既に希薄となってしまった家族関係 の中で、当時の在日朝鮮人の血脈とその繫がりの濃さを再認識させられました。 後味が良いとは言えない本ですが、スピード感があり、心にずっしり残る書籍です。 みなさんもよろしかったら読んでみてくださいね。

以下はAmazonからの抜粋−−。

1930年頃、大阪の蒲鉾工場で働く金俊平は、その巨漢と凶暴さで極道からも恐れられていた。 女郎の八重を身請けした金俊平は彼女に逃げられ、自棄になり、職場もかわる。 さらに飲み屋を営む子連れの英姫を凌辱し、強引に結婚し…。 実在の父親をモデルにしたひとりの業深き男の激烈な死闘と数奇な運命を描く衝激のベストセラー。 山本周五郎賞受賞作。

ブログの効用 

2005年10月25日(火) 2時07分
ブログを書き始めて一ヶ月程度がたちますが、この3日坊主の私が何故こんなに続いているか。。と言いますと。。

一つは、同僚との約束。そしてもう一つは母親からの催促。。

如何せん筆不精でぶっきらぼうの私。実はこのブログ。携帯電話でも読むことができるらしい。。

数年前、連絡が便利だからという理由で、母親に携帯メールや写メールの使い方を教えて年配者や子供向けの『安心だフォン』をプレゼントした私。。。少し年端のいった母親にとっては、難しかったようだが、いつの間にか完璧にマスターしていた。恐るべし母!

家族の快い承諾を受けたわけではなく、自分の意思だけで無理を通して渡仏してしまった私だが、 メールを頻繁にするわけでもなく、電話をまめにするわけでもない私。つい話してしまったのがこのブログについて。。

さすがにPCは使えないだろうから、読むわけないでしょ。っとタカをくくっていたのだが、ナント!彼女はしっかり携帯を駆使して毎日読んでいたのである!しかも年配者向けの携帯ということで、メールやサイトを音声で読み上げてくれるらしいし。。。

意外にとても楽しみにしているようで、そんなこんなで一日でもサボろうものなら、『今日はどうした?何か事故でも!?』と催促が来るようになってしまったのである。(私もいい年なんだから、何かあっても対処くらいできますって言うのに。。全く親にとっては私がいくつになったところで、恰も小学生の子供のような扱いなのである。。)

ということで、今日も私は元気です!体に気をつけていつまでも元気で残りの人生をエンジョイしてね!!誕生日前には一度帰ります。そして今まで大事に育ててくれてありがとうございました。貴女の娘で本当に良かったと心から感謝しています。

こんな恥ずかしいことは面と向かってとても言えないので、この場を借りてちょっと言ってみました。

パリから。あなたの娘より。

レインボーフラッグ 

2005年10月24日(月) 2時01分
この旗の意味はお分かりでしょうか?
レインボーフラッグといって、知っている人は知っている『自分は同性愛者である。もしくは同性愛者を支持する』という意味らしい。フランスでは、同性愛者はとても暮らしやすく、04年度仏西部のベーグル市では、同性愛者同士の入籍も認められているほどである。
添付の画像は同性愛者同士のExpoとその象徴の旗。タイムリーなので載せてみました。


性的少数者の象徴は虹色(レインボーカラー)である。 同性愛者団体の活動などでは虹色の旗(レインボーフラッグ)が好んで用いられ、新宿二丁目で2000年から行われている「東京レインボー祭り」の名称もこれに由来するらしい。 レインボー・フラッグは、1978年にゲイ・コミュニティの象徴となる旗のデザインを依頼されたギルバート・ベイカーが考案した。虹の色は性の多様性を象徴するものと解釈され以下の点で人間の性別に似ているのだそうだ。。


虹には様々な色が含まれ、共存している。

虹を構成する色は連続的であり、明確な境界を引くことはできない。


辞書で調べてみると。。。

同様の意味で、レズビアン (Lesbian)、ゲイ (Gay)、両性愛者 (Bisexual) の頭文字を取って LGB と言ったり、トランスジェンダー (Transgender) を加えて LGBT、更に半陰陽者 (Intersexual) を加えて LGBTI と言ったりもする。欧米では「性的少数者(一般)」を指す言葉といえばLGBT(I)が極めて普通なのだそうだ。

なんともこちらの方面では進んだお国。日本にもこういうポスターが貼られる時代がいつか来るのかしら。。



爆音!?? 

2005年10月23日(日) 16時06分
日曜日の夕暮れ。どこからともなくスコールのような轟音!?何ごとか?と轟音の方向に目をやると、夥しい数のローラーブレーダーがこちらに向かってやってくる!その数ざっと数千人!!彼らの足元には、ローラーブレード。今週はシャンゼリゼ、来週はサンジェルマンデプレ、とパリのメイン大通りを集団で爆走する。しかも3時間にもわたってなのだ!!


聞いたところによると、このローラーブレード大走行の企画は、実はパリ市によって5年ほど前から行われているとのこと。つまり通過道路は全面車両通行止め。一行の前後にはパトカー、救急車が連なり、ポリスのローラーブレーダー部隊が一行の間を巡回する。しっかり安全確保された中、スピードを出したい上級者も、ヘルメット&サポーターに身を固めた初心者たちも思い通りに走れるのだ。ちなみに、今日日曜日は初心者の日。私の友達も今日このイベントに初参加するのだと息巻いていたっけ?しばしばローラーブレーダー&サイクリストによる「パリ市内をもっと安全に、自由に走らせろ!」というデモが行われたりもすること。なんともデモ好きなフランス人らしいこと。


添付の写真は先ほど撮ったばかりの初心者向けのローラーブレーダーの大集団。壮観でした。


アツアツムールを召上がれ♪ 

2005年10月22日(土) 17時52分
朝晩冷え込んできましたね。秋から冬にかけては食べものがもっとも美味しくなる季節。 ジビエや果物などフランスでも、本当にたくさんの食べ物が出回るのですが、その中でも冷えたからだを温かくしてくれる食べ物の代表にムール貝があります。そうそう、牡蠣やムールなどの貝類は亜鉛が多く含まれお肌や髪にもとってもよいのですよ♪この亜鉛。不足すると味覚障害になったり、肌・髪の老化が進んだりあまりよいことがないと言われています。。


日本にいる時は、パエリアやピラフなどしかそれを材料に作ったことがなかったのですが、こちらで覚えたムール貝を使った本当に簡単で美味しいレシピを一つ紹介します♪塩を入れすぎたりしない限り失敗は少ないので是非ぜひお試しあれ!!


材料・ムール貝1kg、白ワイン(MUSCADETがベスト)、フレッシュクリーム、パセリ、玉葱3〜4個。にんにく2かけ。バター・塩・こしょう。


1.熱くしたフライパンでニンニク、玉葱のみじん切りをバターで炒めます。

2.下処理をしたムールを白ワインとクリームフレッシュと水で10分程度ぐつぐつ煮込みます。

3.水・白ワイン、フレッシュクリームの分量はお好みに合わせて!少しいい加減に作っても
美味しくできるのがありがたいところです。


寒い夜はこのアツアツのムール体もポカポカになりますよ。
日本でも比較的手に入りやすいムール貝。今夜の夕飯のメニューに加えてみてはいかがでしょうか?

スーパー対決! 

2005年10月21日(金) 0時07分
実は、私は料理が好きで自炊が多くよくマルシェやスーパーに行くのですが、日本にも高級スーパー(紀ノ○屋や成城○井)から中流家庭向けスーパー(イトーヨー○堂やダイ○ー)があるように、こちらパリにも、Bon Marcheという高級スーパーから、Monoprix→ED(ウーデーと読みます)まで庶民の味方のスーパーがあるのですが、その価格差たるや。。


例えば、同じ銘柄のビールや、ワインでも、7倍〜10倍の差があるのです!!
『知らない』というコトはなんと罪深いことか。。と思ったりもして。。
1週間分の食料を買い込んだりしても、格安スーパーなら30Euro程度。でもお洒落な小瓶に入ったヒマラヤ産の塩をBon Marcheで一つ買っても30Eruo。(冷汗ものです。)


そんなこんなで、すっかり『Bon Marche』と『ED』を使い分けている私。
このEDはとっても商業的にも努力していて、よく日本のスーパーなどで無料でたくさんつけて
もらえるスーパー袋は有料なのです。(日本にも有料のところがありますよね。)



そんな私が、仏の方が断然日本より安い!と思ったのは。。。


・野菜全般(特に、じゃがいもはパンや米より安い!)

・ビール(酒税がないので、水より安い時多々あり。)

・ワイン(まぁお国柄、おいしいワインが安く飲める。)

・クッキーやケーキ。

・逆に日本の方が断然安いと思うのは。。

・ちょっとした生活用品全般。日本なら100円ショップで簡単に入手できる類のもの。自転車、その他工具等。。

でも、日本人の私から言わせてもらえば、高品質なものを低価格で提供してくれて、
恭しく、丁寧な接客態度で安心して買い物ができる 日本って消費者になるならば、なんと素晴しい国!!と日本に軍配があがりそうな感じ。。

だって、店員の勤務時間を気にしながら、申し訳なさそうに、閉店間際にお願いモードで買い物をしなくってはいけないんなんて、慣れない私にはただただストレスに感じる今日のこの頃です。。



とは言え、インテリア・ファブリック・お洋服等はこちらにはとっても素敵なものが揃っていて、
ため息がでるほど美しい(値段も高いのですが。。)それらはそれらで、その美意識の高さに
唸るばかりです。


さて、今日の夕飯の材料を買いにそろそろ出かけようかな♪

パリの路上駐車 

2005年10月20日(木) 1時36分
パリは中世以来の街並をそのまま残しているから、東京のように駐車場が整備されていない。パリのアパルトマンには駐車場付の物件はとても少ないし高額になってしまう。19世紀には馬車が使われていたせいか、パリ市政もある程度の路上駐車を公認しているのだとか。。

パリ市内の路地は、縦列駐車の嵐です。。1cmの隙なんてあるのかしら。。というくらいぴったり寄せて。。。ですので、多少の傷は皆気にしていないし、路上駐車の車は大衆車が圧倒的に多いです。ルノーやスマートKなどの小さめの車が人気。

聞いた話だと、ゆっくりと前後の車に押すようにあててスペースを確保してから、ゆっくりと でるのだとか。サイドブレーキをひかないで駐車する車も多いのだそうです。

路上駐車にもいろいろあって、道路によっては以下の写真のように有料制のところもあるのです。

パリで車を乗りまわすには、まず縦列駐車が得意にならないとねっ!

10歳の若返り!究極のメディカルコスメって? 

2005年10月19日(水) 4時46分

これからの季節のパリは乾燥しがち。。

こちらでできた友達にパリジェンヌの美肌対策にきいてみた。

事実、湿度の高い日本から来た私は肌もまだこちらの気候になれてなかったようで、すこしゴワゴワ。。


イドゥレットという同い年の友達が『素晴しいから騙されたと思って使ってみて♪』と
教えてくれたのが、『ROC Retin -OX』。。藁をもつかむ気持ちで、いそいそと百貨店へ出かけて行き銘柄指定で買ってみました♪

実は、このレチン-OX、パリではとても流行っていて、『MOINS 10ANS!(10歳若返ります!)』がキャッチフレーズ。。本当にぃ????とまぁあまり効果を期待しないで、まじめに用法・容量を正しく守って使用すること3日。なんと翌朝の肌の質感が全く違う感じ。。

乾燥小じわが気にならなくなって、ふっくらとしたハリがでてきた
感じ!!!確かにすごくいい!!化粧品ジプシーになってた私にとって、5年に一度あるかないかの大ヒットでした!

私はロック社の回し者でも、プロパーでもないのですが、あまりにもすばらしくコストパフォーマンスも良かったのでついつい書いてしまいました。日本でも少し高いですが、購入できますので老化・乾燥による肌のへこみや小じわが気になりはじめた貴方!是非お試しあれ♪


もっと詳しく知りたい方は以下参照↓

http://rocskincare.jp/products/retin/index.html

Pont Neuf = 新橋? 

2005年10月18日(火) 21時44分
画像は有名な映画の『ポンヌフの恋人』のタイトルにもなった『Pont Neuf』。

日本語で直訳すると、

=新橋=


え〜、少しイケてないんじゃなぁい???


でも、本当にそういう意味みたい。前の会社の上司が言っていたんだけど。

(マジシャンとか、執事みたいな風貌をしているとよく言われていた上司です。。)



JR新橋駅の銀座口に『ポンヌフ』という立ち食い蕎麦やさんが、あるらしい!!!



これはホントの話!

Mode 

2005年10月17日(月) 21時36分
パリはオートクチュールやプレタポルテ等モードと言えば、パリ。パリといえばモード。。ですよね。そういえば、ついこの間パリコレも終わったばかりでしたっけ。。



今日通りかかった道すがらとても素敵なドレスやさんをウィンドウ越しに一枚撮りました。


アンティークの衣装等を人形のために扱うこともあり、こういうドレスには目がないのです。。
一人で結構長い時間立ち止まってみていました。こういうロマンチックなドレスはいくつになっても女性の目を奪うんでしょうねぇ。。。

2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/tresjolie/index1_0.rdf
コメントありがとうm(_ _)m
アイコン画像ford taurus transmission problems
» OPERA / LA BOHEME (2006年12月17日)
アイコン画像のぞっち
» フランスでの暴動 (2005年11月10日)
アイコン画像Madam N
» 牡蠣 (2005年11月04日)
アイコン画像Tresjolie
» パリの路上駐車 (2005年11月02日)
アイコン画像
» 冬時間の始まり (2005年11月01日)
アイコン画像ホンダ大好き
» パリの路上駐車 (2005年10月31日)
アイコン画像Tresjolie
» OPERA / LA BOHEME (2005年10月28日)
アイコン画像Tresjolie
» ブログの効用 (2005年10月26日)
アイコン画像
» ブログの効用 (2005年10月26日)
アイコン画像Madam N
» ブログの効用 (2005年10月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tresjolie
読者になる
Yapme!一覧
読者になる