酒に飲まれるな。

November 18 [Wed], 2015, 16:19
娘は今、夜遅い仕事をしている。先日も深夜1時車で帰宅。

私はとっくに夢の中だったのだが、電話が鳴って「下まで来て欲しい」とのこと。残暑で下着姿で寝ていたため「直ぐ」と言われてもそうはいかなく、もたもたしているうちに娘は2階の住まいに上がってきた。話を聞くとアパートに面した道路に男が正座し、何か声を上げていてとても怖かったと。

ただの酔っ払いならいいが、薬物中毒だの、精神疾患を抱えた人だとしたら、自分の身の安全が脅かされる。窓を少し開けて様子を窺うと、やはりまだ「○×△★〜、**◇○〜」と何か大きな声を上げているので、「警察に電話する」という娘に私も頷いた。10分位しただろうか、パトカーが来た、誰か迎えの人もいたようだ。そしてちょっと笑い声も漏れ聞こえてきた。

どうやら近所の人が酔っ払って座り込んでいたらしい。こんなことがあると「失業中なのか、ずっと家に居ていつも酒飲んでるよね〜」等と、関係ないのかあるのか判らないことまで他人に言われてしまうのだ。年を重ねてきたからこそ尚更「酒に飲まれるな」と言いたくなる出来事だった。
  • URL:https://yaplog.jp/trendcosme/archive/14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。