新チームの本格始動 

January 15 [Tue], 2019, 23:36
 かぐら面杯も終わり、新年度チームへの引き継ぎがなされました。
 新役員を中心とした育成会の活動は、これから徐々に活発になると思います。

 子供達は、新キャプテンのアイリ、そして同じく6年生のヒナを中心に、これからの1年間、活動してゆく事になる。
 厳しい新チーム作りになるとなる思います。

 この新チームが、何処まで大きく成長する事が出来るのか、みんなの頑張りに期待しています。

 今月に入って、新キャプテンアイリの号令でチームが動いています。
 みんなに指示を出すキャプテンの声・・・、この声はとても大切です。この声でチームが動きます、責任は重大です。
 声が誤りだとチームが誤る。声が遅れるとチームが遅れる・・・。

 キャプテンの仕事に、妥協はありません。

 右か左か、確実な指示を出せるキャプテンという存在を作り上げます。

 6年生二人の頑張りに期待しています。

第24回かぐら面争奪小学生バレーボール大会(2日目)  

January 13 [Sun], 2019, 22:00
 朝6時起床、子供達はまだ寝ている様子・・・睡眠時間は大切です。起床時間まで爆睡する事はとても良い。
 7時30分朝食、みんなで美味しく頂いた。

 大会2日目、試合会場の宮水小学校体育館へ向かった。
 初日の予選リーグ3位のチームが集まるトーナメント戦だ。
 メンバーが揃っていない状態での結果でした・・・。しかし、それでもそれがチームの実力だと言うしかない。

 トーナメント戦、1回戦、対本庄チーム
 1セット目の出だしはまずまずの滑り出し、11:5でテクニカルタイムアウト。病み上がり状態の、モミジの身体がまだまだ重い。後半サーブミス・サーブレシーブミスが出てリズムを壊すが、大きな崩れる事はない。21:11でこのセットを奪った。
 2セット目出だし良し、サーブが走り11:1でテクニカルタイムアウト。後半も良いリズムで戦えた。21:7でこのセットも奪い勝利する。

 トーナメント戦、準決勝戦、対まいずるチーム
 1セット目の出だし、サーブレシーブミスから始まった。しかしその後からは安心して見ていることが出来た。良いリズムのまま11:1でテクニカルタイムアウト。後半も良いリズムのまま21:5でこのセットを奪った。
 2セット目も良いリズムのままゲームが進んだ、11:2でテクニカルタイムアウト。後半もとても良いリズムを掴めた。大きなミスもなく21:5でこのセットも奪い勝利する。

 トーナメント戦、決勝戦、対北川チーム。
 決勝戦は延岡のチーム同士での対戦となった。
 1セット目出だしほぼ互角のゲームが続いた。中盤に掛けてサーブが走り相手のサーブレシーブを乱れさせることが出来た11:5でテクニカルタイムアウト。後半気の緩みが見え、リズムを壊したが終盤に掛けて、Digそしてスパイクに頑張りを見せ、21:13でこのセットを奪う。
 2セット目、出だしから中盤までほぼ互角のゲーム展開。リズムの掴み合いが続きました。まだ本調子の出ないモミジのスパイクがポンポンとレシーブされ、11:10でテクニカルタイムアウト。後半もサーブで崩せない苦しい展開。モミジのスパイクに力見えず。終盤やっと相手のサーブレシーブを崩せた。サーブが走り、21:16で何とか逃げ切り、勝利を掴んだ。

 3位グループ優勝。
 子供達は大喜びしていました〜。私の気持ちは、何とも何とも・・・です。

 6年生達5人の小学生バレーボールの大会がまた一つ終わった。
 こうして、一つずつ一つずつ終わって行く・・・。小学生バレーボールに忘れ物はないか?
 全てを出し切って終えることが出来ますか?
 終わりはもう〜そこまで来ています。身につけたプレーを全て出し切って欲しい。
 そう、心から思っています。

第24回かぐら面争奪小学生バレーボール大会(初日) 

January 12 [Sat], 2019, 22:06
 朝7時30分、東海小体育館を、高千穂町武道館に向けて出発。
 今年もかぐら面争奪大会へ元気に参加しました。

 私立中学校の受験で、セッターのアミとエースのモミジが遅れて参加・・・。そして同じく中学受験に向かうはずだったハルカが、インフルエンザ・・・受験も試合にも参加できずでヤレヤレだ。

 開会式会場の高千穂町武道館に到着。
 毎年この大会で、新年の挨拶に親しい指導仲間を探し、
 明けましておめでとう御座います〜
 今年もよろしくお願いします〜
 と、会場である武道館内のどこそこで、新年の挨拶が交わされる。とても都合のよい場所なのだ。

 開会式では、毎年高校生達による神楽の舞いが披露される。
 この、若者達が、神話の里高千穂の伝統を受け継いで行くのだと思うと、何だか頼もしい。継続は力なり。今後も永遠に受け継がれていって欲しい思います。

 開会式終了後、試合会場となっている高千穂中学校体育館へ移動した。
 10年以上この大会へ参加している私だが、高千穂中学校の体育館での試合は初めてです。

 予選リーグ1戦目、対つるおかチーム
 昨年も予選リーグで対戦した・・・。今年も練習試合で何度もお世話になっているつるおかチーム・・・何故だかよく対戦するもんだ〜。
 アミ・ハルカ・モミジ不在のチームで何処まで頑張ることが出来るのか・・・結果を叱ることの出来ないチーム状態です。
 セッターは3年生のフウカ・・・。レフトスパイクをマヒロ、ライトスパイクをハルネ。レシーバーをリコ・ネネ・アヤネが務める。急造チームです。

 予選リンクリーグ戦、対つるおかチーム
 1セット目出だし、ま〜こんなものだろう〜、と思えるようなプレーが続きました。
 フウカの上げる、アンダーハンドパスでのトスが思うように上がらない。当然スパイクに繋がらず、苦しい展開です。しかし、レシーブを、チーム全員でよく頑張っていた。中盤までほぼ互角。10:11でテクニカルタイムアウト。
 後半サーブミスが続きリズムを壊し、また掴み戻すことがなかなか出来ないまま、ゲームが進んだ。結果16:21でこのセットを奪われた。
 続く2セット目、出だしまずまず。中盤サーブレシーブミスが続きリズムを壊す。7:11でテクニカルタイムアウト。
 後半もミス多くリズムを掴めない苦しい展開でゲーム終了、15:21でこのセットも奪われ敗戦となる。

 予選リンクリーグ戦、対生目台チーム
 昼食後、午後からの試合になった。
 丁度、アミとモミジが駆けつけてゲームに参加。
 モミジは、正月休みが終わる頃にインフルエンザ発病・・・。この日の前日に完治したが、約3週間練習していない身体だ。6年生4人と、4年生2人で何処まで頑張ることが出来るか・・・。心配しながらも、ゲームが始まった。
 1セット目、まずまずの出だし。モミジのスパイクが、重い身体を感じさせる。思うように身体を動かせないモミジだ。
 6:11でテクニカルタイムアウト。後半、リズムがなかなか掴めない状態のままゲームが進む。終盤ハルネのサーブが走りリズムを、掴みかけたが時遅し・・・。17:21でこのセットを奪われる。
 2セット目も出だしまずまず。相手のミスに助けられながらゲームが進んだ。11:5でテクニカルタイムアウト。後半はリズムの掴み合い、終盤、病み上がりのモミジが踏ん張った。21:17でこのセットを奪い返した。
 3セット目は出だしからよいリズムで戦えた。8:3でテクニカルタイムアウトチェンジコート。後半サーブミスからリズムを壊し苦しい展開、しかし、レシーブがよく頑張りました。15:8でこのセットも奪い勝負する。

 リーグ戦結果は、1勝1敗、勝率で3チームが並んだ。
 しかし、セット率の関係で、東海は3位・・・厳しい試合結果となりました、残念だけど仕方ない。、大会2日目は日之影町の宮水小学校体育館での大会へ進んだ。

 試合が終わりみんなで高千穂神社へお参りしました。 みんなでワイワイギャーギャーとお参りし、そしてまたワイワイギャーギャーとおみくじを引く 大吉だ!小吉だ!と騒いで、そして夫婦杉をみんな手を繋いで回った・・・。みんな仲良く仲睦まじく・・・。
 きっと願い事が叶うだろう〜素直な子供達です。

 お参りを済ませ宿舎の旅館かりぼし≠ノ向かいました。
 昨年と同じ宿舎です。
 ここでも楽しい時間をみんなで過ごした。
 楽しい宿泊です。そして子供の心を大きく成長させてくれる宿泊です。

 私は大会主催の懇親会へ向かった。
 楽しい酒宴と、楽しいバレーボール談義。とても有意義な時間を過ごせました。
 みんな熱い指導者ばかり。懇親会での会話は大きな財産となります。

 チーム指導者との懇親会が終わったら、今度は宿舎へ帰り、保護者皆さんと楽しい懇親会。
 午前様になる前に就寝・・・。
 楽しいかぐら面争奪大会の初日が、終了しました。

セッターについて考える 67  サウスポーは作り上げるもの 

January 09 [Wed], 2019, 23:59
 宮崎県選抜チームの合宿。その懇親会の席で、左利きの選手の話になった。
 左利きの子供が入部して来ると、思わず期待してしまう・・・、そう言う話だ。
 誰もがそう感じる事だと思うけど、私はそうは思わない。
 左利きの選手は待つものではなく、作り上げるものだと思っています。

 チームに左利きの子供がいなかったら、育て上げれば良い。

 しかしこれは、ジュニアの指導者だから出来る指導法だ。
 ボールを、遠くへ投げることも出来ない小学1年生達を、6年間掛けてバレーボール選手に育て上げる。この気の長い指導条件が揃っているジュニア指導だから出来る事でしょう。

 入部してきた低学年の子供にボールを扱わせる。
 我々昭和中期生まれの子供達であれば、幼児期から野山を駆けまわり、河原で石を投げ、ある程度コントロールも身に付けていただろう、動く身体を持っていた。けど平成中期生まれの子供達は、まともに走れない、ボールも投げることも出来ない、右利きだか左利きだかも解りゃ〜しない。
 ただ・・・右手で箸を持つか、右手で鉛筆を扱うか、それでその子の利き腕を判断してる。
 
 まだ、まともにボールを扱えない子供の動作を観察する。すると必ず、この子は左利きじゃないのかな?と思える子供に遭遇します。

 そんな子を見つけたら、保護者に了解をもらい、その日からこの子はサウスポーだ。
 左利きに育てれば、サウスポーの選手は、容易に育てる事が出来ます。時間は掛かりますが、上記した通り、ジュニア指導は、約6年間掛けてバレーボール選手を育てれば良いのです。
 セッターに有利なサウスポー。
 オポジットというポジションを耳にするようになった。
 それならば、サウスポーとなり得る子供の入部を喜ぶのではなく、育てる事を考える。
 そう言う時が訪れつつあるんだと思います。

 ただ・・・4年生〜5年生から入部してきた子供には、時間的に無理が生じる。1〜3年生からのサウスポー育成は、十分可能だ。
 この指導法には、賛否両論あると思う。その子の一生を左右する事になるからだ。
 
 指導者の意見が聞きたいモノだ。
 酒宴の席で、左利きを育てる!この話題で盛り上がりたいね〜。

ここへ来てインフルエンザが・・・ 

January 09 [Wed], 2019, 21:02
 やっぱり、今年度のチーム、アミ組は不運の塊…そんな気がしてなりません。
 かぐら面争奪大会を今週末に控えている、大事な時期に、先発メンバーのハルカ・モミジがインフルエンザ。モミジは何とか金曜日には回復しそうですが、ハルカは日曜日まで療養・・・。 
 まったく・・・・インフルエンザの、この野郎〜〜です。

 月曜日と今日の練習は、マヒロとハルネがスパイクを打ち、セッターとフウカが務める。応急チームでチーム練習を行いました。
 明日一日の練習で、本番を戦います。
 やるからには、一生懸命な子供達の姿を求めたいと思っています。

 今のメンバーで出来るチーム。総力を挙げて頑張りましょう。

練習初めのコート開き 

January 05 [Sat], 2019, 23:30
 東海少女バレーボールクラブの1年がスタートしました。
 平成最後の年になる2019年。大きな節目の年です。
 その節目の年に、大きく進化する東海少女バレーボールクラブで有って欲しいと思います。みんなの頑張りに期待しています。

 正月休みが約1週間続きました。この日は鈍った身体を少しだけ引き締めるような練習を行った。基本練習を一通り行い・・・・

は〜〜い!みんなボールを持って〜〜!

そして例年通り私のホイッスルを待って、全員が一斉にサーブを打ちました。
 大切なサーブの意味を理解して欲しいとの願いを込めて・・・。

 サーブの打ち初めを終え、直ぐに後片付け、そしてチームの守り神である、菅原神社へ初詣に行く準備に取り掛かる。
 東海少女の便せんに願い事を書き並べる子供達 バレーボールの事と勉強のこと以外はお願いしたらいかんぞ〜〜
 私の声が聞こえているのかいないのか、みんな真剣に鉛筆を走らせていました。

 願い事を書き綴った便せんにお銭を包み、菅原神社まで走る。
 毎年毎年繰り返されるこの行為…悪くはない。
 菅原神社に到着し、それぞれの願い事を賽銭箱に押し込む、宮司さんに申し訳ない…。そしてチームを代表してアミが鈴を鳴らす。
 パンパン!とみんなで手を鳴らす。 心が洗われる。
 みんなでお参りした後は、毎年ここでの記念写真。みんな良い笑顔だ。 参拝を終え体育館へ戻ると、保護者の皆さんが温かい豚汁を用意して下さっていた。 美味しい豚汁は3家庭が担当し運ばれてきた物。それぞれの家庭の味を堪能。美味しい異なる味が面白い。
 保護者の皆さん、心温まる美味しいもてなしに、感謝致します。
 そして〜遠い北国、青森県の応援団から届いたあんだま
 このお菓子で、子供達と保護者皆さんが笑顔で楽しめた。 丸い餡の玉をかじる。餡玉の中に赤・緑・白の餡が隠されてあり、1等から3等まである。
 真剣な子供達の美味しいくじ引きに大騒ぎだ。
 青森後援会の皆さん、ありがとう御座いました。

 平成31年、そしてまだ知ることの出来ない○○元年がスタートしました。
 どんなドラマが待っているのか・・・。
 なにわともあれ、全力で一生懸命な子供達の心作りに頑張りましょう!
 保護者の皆さん、本年もどうぞよろしくお願いします!!。

2019年のスタートが・・・ 

January 04 [Fri], 2019, 12:30
久しぶりに無駄話です。

 2019年スタートの朝5時10分過ぎ・・・。
 初日の出を拝みに出かけようと、真っ暗闇の中で準備を整えていた。
 車のハッチバックを開けたまま、忘れ物を取りに家に戻り、そして何気なく歩いていると頭に衝撃・・・
 何だ?何だ?
 痛みはそう感じなかったんだが、どうやら車のハッチバックの角に頭突きを食らわせたようで・・・
 生暖かい液体が額を流れ・・・朝からティッシュペーパーの箱を探す羽目に・・・
 傷口が気になったが、ティッシュペーパーを前頭部に当てながら、初日の出を見てやった。しかしよりによって元旦の朝早くに血を流すとは・・・

 そして昨日・・・。

 毎年恒例となっている、佐賀県太良町に焼きガキを食べに行った帰り・・・。
 九州自動車道北熊本SAで夕食をと、レストランで注文の品を待っていると・・・

 カタカタカタとテーブルが揺れ出し、そこいら中の携帯からウィンウィン・ウィンウィン≠ニ厭な音が店中に広がり、そして・・・グラグラドンドンとお店が揺れ始めた。
  驚いた驚いた。
 2019年は、スタートから前途多難・・・やれやれな一年になりそうだなぁ〜〜

 それにしても、まだまだ開発途上にある、緊急エリアメールだな、そう感じても仕方ないと思う。
 政府と気象庁の課題だね。
 1月3日18時10分緊急エリアメールは
   緊急地震速報
   福岡県で地震発生。強い揺れに備えて下さい

 震源地は福岡県ではなく、熊本県だ。
 それに、揺れ始めて緊急メールを貰っても、どうしようもないでしょ。 

 平成最後の年・・・2019年は、私に何か降り注ぐような気がするな・・・・。
 当たり年・・・・何だか怖いぞ〜〜。

明けましておめでとうございます。 

January 01 [Tue], 2019, 8:54
 新春のお慶びを申し上げます。 平成31年、いや、2019年が皆様にとって、実のある年になるよう願っております。
 今年も、どうぞよろしくお願い致します。

平成30年度ジュニアブリッジ養成事業、第1回強化合宿 

December 30 [Sun], 2018, 21:11
 綾町式部谷体育館へ8時30分に、選抜選手全員が集合した。
 男子25名女子24名。平成30年度のジュニアブリッジ養成事業が始まりました。

 宮崎県バレーボール協会、宮崎県小学生バレーボール連盟が組織運営する、宮崎県小学生選抜チームの活動がスタートしました。
 昨年同様、年末29日30日の両日、強化合宿を綾町式部谷体育館で行った。
 合宿の開始式での、宮崎県小学生バレーボール連盟会長と宮崎県バレーボール協会副理事長の挨拶で、先日行われた、JOCカップ都道府県対抗中学バレーボール大会の結果についての報告が知らされた。
 宮崎県選抜男子チームがベスト4入りと嬉しい報告でした。しかも、その中学生男子選抜メンバー12名の内9名が、小学生選抜チームを経験してる。同じく女子選抜チーム経験者は12名の内6名が小学生選抜チームの経験者でした。
 素直に嬉しい事だと思います。このジュニアブリッジ育成事業の存在の意味・価値を誇りに思えるような気がします。

 強化合宿は、初日の午前中に、基礎トレーニングとオーバーハンドパスの徹底指導。そしてアンダーパスからDig・フライングレシーブの徹底指導とスパイク練習。子供達の筋肉痛は逃れられない。
 午後から、午前中の復習練習とゲーム形式での練習で仕上げた。
 2日目の午前中は、基礎トレーニングと前日のおさらい基本練習、そしてレシーブと繋ぎの複合練習、セッターの基本練習とスパイク。
 午後からは、男子チームを交えての練習試合で締めくくった。

 例年通り、全ての日程を終了後、子供達の筋肉痛はピークを迎えている状態で、相当堪えているようでした。

 宿泊は昨年と同じ綾町ふれあい合宿センター。
 メンバーとの交流が宿舎の中でも行われた。
 スタッフと保護者皆さんとの懇親会には大変多くの参加者で賑わいました。
 短い活動期間の中で、親睦を深めるには大変有意義で意味のある時間を得ることが出来ました。遠慮のない色々な話をする事が出来ました。
 主役は選手である子供達、それを前提に、小学生バレーボールには、存在不可欠な母集団です。何よりも保護者皆さんの協力が必要な時期です。

 小学生・中学生・そして高校生へと繋がるバレーボール。
 我々小学生指導者と母集団の皆さんは、跳び箱の踏み台であるテイクアウトボード的存在です。
 今は手取り足取り、後援活動をよろしくお願いします。
 中学生になったら、背中を支えながら、在るときは突き放すように押してあげる存在。
 そして高校生となったら、完全な独り立ちです。アリーナを離れ、応援席から温かく見守る存在となります。

 一生懸命な子供達の為に、我々大人の出来る事を惜しみなく行動する事、それを頑張って欲しいと願っています。

コート納めと体育館大掃除 

December 27 [Thu], 2018, 22:43
 今日で東海少女バレーボールクラブの平成30年が終了した。
 毎年この日を迎える。
 1年の締めくくり、大切な日です。

 いつものように基本トレーニングと練習を行い、サーブ練習が始まる。
 そして私が、この年に一度、恒例となっている声を掛ける・・・

は〜い、ボールを一個ずつ持って〜〜〜

   ハイ!

 と、子供達は、もう〜何が行われるか察知して、おのおのボールを持ち、準備に入る。
 大切なサーブの打ち納めだ。
 
 私のホイッスルに合わせ、子供達が一斉にサーブを打つ。
 放たれたサーブボールは、それぞれの思惑通りには行かず、ボールインもあれば、ボールアウト・ボールネットと色々だ。
 別にこの結果がどうのこうの言えるものではない。子供達は機械ではないのだからね〜。
 ただ、サーブはとても大切な行為なんだよ、と教えてあげたいだけなのだが、そこに気付く小学生が果たして何人いるのだろうか・・・。

 コート納めの日の練習はこれで終わり。
 直ぐに体育館の大掃除に取り掛かる。
 今年1年間お世話になった体育館だ、全員で綺麗に掃除してあげなきゃ〜。

 今日は保護者の皆さんが大勢大掃除を手伝ってくれました。
 保護者の皆さん、心から感謝します。
 今回の大掃除は、体育館の隅々から誇りを払う作業に集中しました。出るわ出るわ綿ぼこりのお祭り騒ぎ・・・
 舞い上がって降り注ぐほこりをモップでかき集める そして雑巾がけ体育館3往復! 綺麗になってゆく体育館。
 体育館が綺麗になる分、子供達の心も磨かれてゆく。
 その事実を知る者は、きっと少なかろう〜。

 平成30年もあと今日を含め5日となりました。
 今年1年が子供達そして保護者皆さんにとってどんな年だったのか・・・。
 二度と繰り返すことの出来ない、小学生達の1年間です。常に一生懸命に過ごしたい。過ごさせてあげたい。
 
 二度と繰り返すことの出来ない小学生バレーボール、この1年間。来年もまた、常に一生懸命を過ごせたら良いな・・・と思っています。
2019年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像OOYAMA
» 2019年のスタートが・・・ (2019年01月09日)
アイコン画像オカン
» 2019年のスタートが・・・ (2019年01月08日)
アイコン画像OOYAMA
» 歴史を感じるユニフォーム (2018年12月30日)
アイコン画像オカン
» 歴史を感じるユニフォーム (2018年12月28日)
アイコン画像OOYAMA
» トヨタ車体クインシーズの内瀬戸真実 (2018年12月12日)
アイコン画像ゆう
» トヨタ車体クインシーズの内瀬戸真実 (2018年12月12日)
アイコン画像OOYAMA
» 忘年会 (2018年12月05日)
アイコン画像まひろ父
» 忘年会 (2018年12月05日)
アイコン画像OOYAMA
» 歴史を感じるユニフォーム (2018年11月28日)
アイコン画像新田ジュニアH監
» 歴史を感じるユニフォーム (2018年11月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:OOYAMA
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1961年8月24日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:宮崎県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
リンクフリーです。・・・・・・・・


Yapme!一覧
読者になる