大晦日とブログお引っ越し

December 31 [Tue], 2019, 13:24
クリスマスが来たら大みそかまではあっという間。

今年も終わりですね。

昨日はお正月の買い出しに行ってきました。

このところ、景気が悪いせいなのかショッピングモールの駐車場はだいたいそんなに混んでいなくて、簡単に車を止められたのですが。

昨日ばかりは激込み。

お店の中も人でごった返していたので疲れました。

小休止でミスドへ。



ひとりで食べてませんよ。笑

妻と二人で買い出しに行きましたから。

夜ご飯はほうとうを作りました。



予想を上回る好評で、我ながらうまいと思ったので、これはまたリピありのメニューにします。あったまるしね。

ところで……あらかじめお知らせしてあった通り、こちら、ヤプログでのブログ更新は、今日を最後とします。

このあと歳が改まってからは、ライブドアブログの『バールみずさわ2号店』の方での更新となります。

どうか、新しい方にもみなさん遊びに来てくださいね。どうぞお願い致します!

もちろん、こちらのブログが存在している間は、ヤプミーさんのブログは訪問させていただきます。

またときどきこちらにも出現して、新しいブログのURLのリンクを貼るなどして、皆さんに忘れられないように努力します。

そして、このブログの開始14周年の日に、最後のアップをします。それで本当に終わり。

新しいブログの住所はこちらです!

下の行をクリックorタップすると飛べます。

→→→『バールみずさわ2号店』

念のため、文字でURLも置いておきますね。

http://angeloprotettoretoru.livedoor.blog/

ではみなさま、良いお年を!

本牧家

December 28 [Sat], 2019, 23:40
今日は珍しく外食。

横浜家系ラーメンの、本家直系店のひとつである『本牧家』へ行ってきました。

妻のベイスターズ友達のひとりが勤めていて、一度行ったことがあるのですが、彼が今日でやめるというので、お疲れ様入店。

夜、息子を予備校に迎えに行って、そのまま三人で、車で行きました。



チャーシューが一枚に見えます。実際、普通のラーメンだとそれがデフォルトなのですけれど、実は海苔をめくると、その中にもう一枚のチャーシューが隠れていました。

最終日に来てくれた知り合いということでサービスしてくれたのですが、あからさまにやると大将に睨まれるので、隠して出してくれたみたいです。

味は安定の美味しさ。家系ラーメンも、若い層のお客の好みに合わせて、全体的に味が濃くなっているようなのですが、ここはクラシックな家系の味を守っています。

ごちそうさまでした。

そしておつかれさまでした。

正月飾りを出しました

December 28 [Sat], 2019, 18:45
今日は28日なので、正月飾りを出しました。

玄関飾り。



可愛らしい感じのにしました。

こちら鏡餅。



来年は息子の大学受験もあるし……

どうか良い年になりますように。

今年のクリスマス

December 25 [Wed], 2019, 23:53
今年のクリスマスは、息子が受験勉強に集中するため、彼だけ毎年恒例のクリスマスミサを欠席。

仕方なく妻と二人で教会へ。



ここのところ例年、教会にはクリスマス、元日、復活祭と年に三回しか行かないのですけれど。

たまには、あの雰囲気を味わうのもいいですね。



ただ息子が小学生のころは、クリスマスイブのミサともなると、信徒さんじゃない方もたくさん教会にいらして、座れずに聖堂の後ろの方に立っている人がたくさんになるほどで。

ミサが始まるぎりぎりに着いたりすると、祭壇で司式する神父さんの姿を、前の人たちの肩越しになんとか見るのがやっと、ぐらいの感じでした。



でもここ数年は、式が始まってから着いても楽に座れるぐらいの感じ。

ずいぶんと人が少なくなりました。

来ている人も高齢者がほとんどで、子供など、もうほとんどいない感じ。

息子が子供のころは、赤ちゃんが泣き始めて、慌てて防音された別室に駆け込もうとするお母さんとか当たり前にいたのに。

神父さんが、気にしないでそのまま泣かせてあげてください、みたいなこと言ってたりね。

この何年かで教会が変わったのか、人の気持ちのあり方が変わったのか……たぶんその両方なのでしょうけれど。

自分も普段教会に行っていないから言う資格はないのかもですが、ここまではっきりと教勢が衰えているのを目にすると、なんだか寂しいですね。



クリスマスイブのディナーはこちら。



めいめいのお皿に盛ってあるラザニアは、私が作ったのではなくて、高島屋に入っているミラノの総菜屋『ペック』で買ってきたものですけど。

ワインはこちら。



イタリア・ピエモンテ州の、GDヴァイラという生産者の作った、ランゲ・ネッビオーロです。年号は2016年。

ネッビオーロ種のぶどうは私が一番好きな品種なのでうれしい。

今年も、クリスマスケーキは買いませんでした。

この間、実家で食べたし。

イタリアのクリスマス菓子、パネトーネだけ、という予定だったのですけれど、ラザニアの量が多すぎて。

食べられなくなっちゃったので、翌日の夕食に回しました。




で、25日の晩は打って変わって、クリスマスだから売れ行きが悪かったのか、30%引きになっていたお刺身がメインという。



ガラスのボウルに入っているのは、タコのマリネ。これは私が作りました。

そして、楽しみにしていたパネトーネ。



最近は楽天とかの通販で、南米で作られたのが出回っていますけれど、これはちゃんとしたイタリア産の本物。

粉砂糖をかけたらきれいに見えます。



このために、晩御飯は少なめに食べておいたのですが、それでもカロリーとりすぎかも。

お正月にはおもち食べて太るし。

しばらくの間、太りそうな行事が続くから、普段の食べる量で調節しないといけないですね。

食べすぎ飲み過ぎに注意。

お年寄りの気持ち

December 24 [Tue], 2019, 0:21
日曜日、冬至の日は日吉の実家に行ってきました。

この前に行って、息子がいよいよ受験直前で毎日寸暇を惜しんで勉強しているという話になったとき、じゃあ今年はクリスマスのお祝いはなしだね、という流れになって。

これまで毎年、孫と一緒にプレ・クリスマスのお祝いをしてきているのですが、さすがに今年は、ということですね。

母は、いいわよ別にクリスマスなんて……という感じだったのですが。

父も、口ではしょうがないよねといいながら、なんとなくクリスマスをお祝いしたいような雰囲気で。

本当はやりたいんだろうけどね、という感じで水を向けると、まあ、出来たらそれはねえ……という返答。

すると息子は「ああ、夕方勉強が終わってから寄るぐらいならぜんぜんいいよ」と言ってくれて。

結局、夕方日吉まで足を運んできました。

そういうわけで、こちらがちょっと早いクリスマス祝いのテーブル。



やはり八十代も半ばを過ぎたお年寄りの気持ちとしては、来年のクリスマスを、果たして元気で迎えられるだろうか、という気持ちがあるのでしょう。

ただ、受験を控えた孫の勉強の邪魔はしたくない、というだけで……

まだ十代なのに、そういう年寄りの気持ちを汲んで、いいよ、と言ってくれる息子は、親馬鹿かもしれませんがやはり優しい子なのだと思います。



受験勉強、やっている量では誰にも負けないと自分で言っている息子ですが、それでもただのガリ勉にならないでいてくれるのは、親として嬉しいことです。

受験が終わっても、社会に出ても、どこで働くことになっても、そういう気持ちを忘れずにいてほしいなと思います。

懇談会

December 21 [Sat], 2019, 18:42
昨晩は、政財官各界のエリートさまご一行でやっている、西洋古典文学講座の質問&懇談会がありました。

といってもそんなに堅苦しいものではなく、着席のパーティー形式。



こんなオードブルやパスタ、パネトーネなどをセルフでとって、自分の席に運んでワインと一緒に楽しむという形でした。



いろんな質問が飛んでくることを予想して、いろいろと私の方でも予習して行ったのですけれど、まあなんとか対応できました。

ただ、内閣官房を中心とした官庁にお勤めの、官僚の皆さんは全員がご欠席。

やっぱり、政権がガタガタしているいま、いろいろと大変なのではないかと推測されます。

でも高級官僚のみなさんは、自民党の政治家さんに雇われているわけではなく、あくまでも国民に奉仕する公僕であるということだけは、忘れずに仕事をしていただきたいですね。

政権についている人々の不正や犯罪行為に関わる、資料の隠蔽とか改ざんとか意図的な破棄には、加担しないでもらいたい。

まあ、うちのクラスに来ている皆さんは道理を解し、真理を愛する方々なので、大きく道を踏み外すことはないと思います。

エリート官僚のみなさんでも、悪に魂を売ってしまった人ばかりではないでしょう。

そう信じています。

真実は証明されたけど

December 18 [Wed], 2019, 12:25
ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之氏から性行為を強要され、重大な精神的・肉体的苦痛を受けたとして、慰謝料1100万円の損害賠償を求めていた裁判の判決が、今日東京地裁で出ました。

鈴木昭洋裁判長は、伊藤さんの訴えを認め山口被告に330万円の支払いを求め、伊藤さん側の勝訴となりました。

一方、山口氏側が、伊藤さんが記者会見などを行ったことにより、社会的信用と仕事を失ったとして、1億3前万円の慰謝料と、謝罪広告の掲載を求め反訴していた件については、棄却されました。




性被害を受けた伊藤さんの訴えが認められたのは良かったのですけれど……

もともとこの事件、伊藤さんが高輪署に被害届を出して、一旦は逮捕状が出されていたのにもかかわらず、逮捕の直前に謎の逮捕状撤回が行われて、その後嫌疑不十分として不起訴になっています。

その後伊藤さんは、検察審議会に不服を訴え出ましたが、検察審議会でも不起訴相当とされて案件がつぶされ、仕方なく民事訴訟に持ち込まれていたものです。

これについて、山口被告が、安倍総理を好意的に取り扱った『総理』という著書を上梓するなど、総理にごく近しい存在であったことから、官邸からの圧力が、警察や検察にあったのではないかという疑惑が持たれていました。

その後、保守系の雑誌に山口氏が反論を載せたり、保守系ネットTVの番組中で山口氏やその友人の保守系論客が伊藤さんをからかう発言をするなど、大きな話題を呼んでいました。

その争いに、一旦決着がつけられたわけですが、しかし……

判決文の中でも

「酩酊状態にあって意識のない原告に対し、合意のないまま本件行為に及んだ事実、意識を回復して性行為を拒絶したあとも体を押さえつけて性行為を継続しようとした事実を認めることができる」

と書かれていて、明らかに性犯罪が行われたことが法廷で認められているのに、刑事事件としては立件されないということには変わりがありません。

タクシー運転手の証言や、当日ホテルの防犯カメラに映った映像など物的証拠がある事件でも、刑事事件にならない。

しかも警察が一度出した逮捕状が突然執行差し止めになるという、めったに聞かない事態。そしてその理由もきちんと明らかになっていないという不可解さ。

この事件が投げかけた社会的波紋は、大きなものがあります。

また、このスキャンダラスな事実が外国メディアにも多数取り上げられたことによって、日本の警察・司法の健全性や独立性に対する疑いが世界的に広まってしまった。

日本国民として恥ずべき案件です。

性犯罪に対する法整備が進むと同時に、警察・司法の健全性、信頼の回復がされるまで、この事件は終わらないと思います。

正義が存在しないことを放置する国家と国民に、まともな未来はないでしょう。

※山口氏は、その後控訴の意向を発表しました。高裁での控訴審でも負けたなら最高裁へ上告するかも。上級裁判所ほど裁判官は政権寄りの人になりますので、将来、全く判決が逆転する可能性は十分にあります。正義が勝つのはドラマや小説、漫画とアニメの中だけですからね、たいてい。





毎日のように、日本の闇を見せつけられるようなニュースを見せられていると、気が滅入ってしまいます。

家の中でも、息子が受験直前で苦しそうにしているのを見ていると、こちらもつらい気持ちになりますし。

最近、仕事以外の楽しいことしてないし。

昔の友達とも最近疎遠になって来ちゃって。

一方妻は、相変わらず週に2、3回は飲みに行ったり、仲間内の上映会に行ったり、ライブに通ったりしてる。プロ野球や六大学野球がないオフシーズンでも楽しそうです。

「娘」のイベントはあるけれど、最近さらに人気が出て来てしまったせいか、応募してもなかなか当たらないんですよね。

先週末は、ファンクラブ「Yui's company」の無料イベントとして、「社長」から「社員」さんに、直筆サイン入り名刺をお渡しするという会があったのですが、これも行けず。



「社長」のお名刺(サインは入ってない)だけは送られてくるみたいですが。まだ届いてないですけど。

仕事といえば、今彼女が出演しているアニメ『アフリカのサラリーマン』に関連したインタビューで、こんなのがネットに上がっていました。



相変わらずまじめだなあ……

お正月になったら、もしかするとイベントに行かれる、かもということで、それを楽しみに頑張る以外にないですね。

ワンチャンス

December 16 [Mon], 2019, 0:10
お久しぶりです。

とくに悪いことが起きたとか、家の中で揉めているとかではないのですが、最近憂鬱でどうも調子が良くない。

先行きに希望が持てないし、良いビジョンが見えない。

個人的にもですが……それ以上に世の中を見渡して。

いろいろとお金のことを計算したりして、とりあえず息子が大学、大学院と出たり、海外留学しても資金繰りはなんとかなるとわかったので、安心したのもあるかも。

ただ、現政権がこんな経済運営していると、ハイパーインフレとか、金融システムの崩壊が起きてもおかしくはないので、そうなったら何もかもおじゃんです。

政府が、最初は老後の心配はしてやらないから自分でカネ貯めろ、と言っていたのに撤回して、死ぬまで働けるようにしろと言っているのは、ちょっと不気味ですし。

金融システムが崩壊したり、ハイパーインフレで新円切り替えみたいなことになったら、いくらおカネ貯めてても全部吹っ飛んじゃうけど、働けばとりあえず食えるわけですからね。

「貯めろ」から「ずーっと稼げ」に変わったのは、円で預金を持っているのがおじゃんになる可能性を、それとなく漏らしているのだったりして……

いや大げさじゃなく、十分ありうる話ですよ。

まあ、そうなったら息子だけでなく、日本人全部が奈落の底に突き落とされるわけなので、もうしょうがないですね。その前に、息子が一人立ちしてくれることを祈るばかり。

本当に一部の上級国民さまは、海外資産をせっせと溜めていらっしゃるし、住む拠点も海外に用意してるから、そうなっても切り抜けられるんでしょうけど。

とにかく、火事場泥棒的に今は吸い上げられるだけ吸い上げといて、ほんとにヤバくなったら逃げ出そうというのが、彼らの魂胆ですから。

もちろん、彼らはあくまでも「おこぼれ」を拾う飼い犬で、その後ろにはアメリカさんがいるんですよ。

アフガンでISが復活して、あれだけ治安が悪化して、中村哲さんが亡くなるような状況なのに、軍隊を撤退させようとしているアメリカ。

自国中心主義の一方で、世界の警察的な立場からは、明らかに降りようとしている。

在日米軍だって、中期的には海兵隊は沖縄からグアムへ、海軍空軍はハワイへと撤収させるつもりですよ。

そのあとは、アジアとはなるべく関り合いにならないようにしようとしてる。

日本は、もう将来を見限られているので、今のうちに搾取できるだけ搾取しちゃおう。いよいよ絞っても何も出ない、乾いたぞうきん状態になったらポイ捨てしちゃおうということ。

まあ、この辺りまでは確かなシナリオでしょう。

ここから先は想像ですけど……

ひょっとしたらそのころまでに、ナショナリズムと自前の軍備を植え付けといて、最後は、中国あたりにバンザイ突撃させられるのかも。

相手は人口14億、アメリカに次ぐ超大国。かないはしないだろうけど、国を挙げてカミカゼ特攻させれば、アメリカさんは一切痛みなく、中国に多少は打撃を与えられるんじゃないか、ということでしょう。

我々だって平時ならそんな無謀なことしないけれど、さんざん貧しい立場に追い込まれて、苦しみの中でやけっぱちになったら、そういう流れになっても不思議ないし。

それで焼け野原にでもなったら、米露中あたりで領土を分け合って終了、ですね。

いくら米国だってそこまで酷いことしないだろうって?

いやいや、あながちあり得ない話じゃないです。

アメリカは同盟国、アメリカは私たちのこと、トモダチと思ってくれてると思ったら甘すぎます。

中国に売れなくなったトウモロコシを押し付ける、EUに売れなくなった成長ホルモン漬けの牛肉を押し付ける、契約解除が世界で相次いだ難あり戦闘機を、どこよりも高い値段で押し付ける……

いろんなもの押し付ける一方で、FTAで市場を自由化して米国企業が日本国内で儲けられる下地をせっせと作り始めてる。カジノまで作らせてアメリカの企業に運営させようとしてる……

単なる「金づる」にされてるって、これで気づかない人は、頭の中にお花咲かせすぎですよ。

最終的には潰れちゃうところまで見通しての、無理矢理な利用の仕方です。

そして、卵を産まなくなった鶏をなんで飼っておく必要があるでしょう。最後は締めて食べちゃうでしょ。

今の政権関係者や財界人は、その手先になって働く代わりにおこぼれをいただき、名誉米国人として最後は逃げる道を与えられてるんです。

純真な日本の大衆は、そういう酷い策略から目をそらすために、嫌韓反中の思想を植え付けられているんですよ。

断定的に語ると引く人も多いでしょうけど、おおむね間違っていないはずです。

この道、もう引き返すには遅すぎるみたいですが、少しでも進むのを遅らせることはできるはず。

そうして時間稼ぎをしている間に、世界情勢が根底から変わらないとも限らない。

破局を逃れられる可能性も、まだワンチャンス残っている……と思いたい。

来年歳が明けたら、もしかすると選挙があるかも。

その際には、上に書いたようなシナリオも頭に入れて、ぜひ棄権はせず、投票所に足を運びましょう。

人が減って来た

December 11 [Wed], 2019, 0:42
いよいよヤプログも人が減ってきましたね。

マイページを見ると、PVやUUの絶対数は確実に減っているのに、全体の中での順位が今までに比べて異様に高い。

ヤプログ内の人口が激減したのがわかります。

ヤプミーさんの更新通知も、すっかり少なくなってしまいました。

いよいよ、終了モードに入ってきた感じ。

ここでの更新は今年の大みそかでいったん打ち切って、ライブドアブログの「2号店」の方に専念して、ブログ開設14周年の1月17日に、最後のさよなら投稿をして終わらせることにしようかなと。

もちろん、こちらに残っているヤプミーさんのブログには遊びに行かせていただきますけど。

今日の晩御飯は、こちら。



イタリアンチーズソースチキン。

良く作る定番ですけど、これもハーブの使い方や、チーズの種類を変えるなど、マイナーチェンジを施しました。

ケチャップソースも少し改良。

結果、以前より美味しくなったと好評でした。

息子も、今日は昨日よりやや元気があってホッとしました。

いろんな日がありますよね。

早く息子の満開の笑顔が見られますように。

苦しいところ

December 10 [Tue], 2019, 0:02
息子のセンター試験まで一か月を切りました。

ここへきて、かなり精神的に苦しそう。

メンタル、かなりやられちゃってる感じです。励ましたり、気持ちがダウンしない方向に向けてあげたりはしているんですけれど、なかなか。

どこでも軽く合格できる子もいるし、つい周りと自分を比べてしまう気持ちはわからなくもないんですけど。

とにかく、彼はまじめで真剣だから。

私は、親の手前だけ国立の大学を志望しているフリをして、5教科7科目「勉強しているフリ」をして。

その実、数学は捨てて3科目だけでいい私立文系に進学するつもりだったという……

受験料も、塾代も何もかも、親に無駄に払わせてしまいました。

いまでもそのことは親に言えません。

とにかく、なんともたちの悪い受験生だったので、真剣にやっている彼を見ていると申し訳なくて。

高校生のころは、まじめに人生のことなんて考えてなかったですね。

でも過ぎてから振り返ってみれば、まじめに考えても、その通りにはならないのが人生なんだよなあと。

思わぬ不確定要素が多くて、一寸先は闇。

じゃあ何にも考えなくていいのかと言ったら、そういうわけでもないし。

青春とは、苦しむためにあるのでしょうか。

わからない。いまだにわからない。

一回きりの人生では、人生のあれこれをちゃんとわきまえるには、短すぎるのかもしれません。

親にできるのは、見守ったり、祈ってやったりすることぐらいなんですよね、結局。

今日はこんなもの、晩ごはんに作りました。



豚肉とキャベツのゆず胡椒パスタ。

ゆず胡椒だけじゃなくて、めんつゆとかお酒とか砂糖とかいろいろ入ってます。

ゆず胡椒やめんつゆと合わなそうだから油もオリーブオイルはやめてます。

でも白ワインがめっちゃ合いました。

美味しいものを食べてるときは、息子も表情が柔らかくなりました。

親の愛情、伝わったかな。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像シャウロン
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像*mami*
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
Yapme!一覧
読者になる