妻の誕生日

September 29 [Fri], 2017, 4:30


息子に4日遅れで、妻の誕生日。

誕生日ケーキは、グラマシーニューヨークの

「アフロ」というチョコレートケーキ。

ちなみに、妻を「ママ」と呼ぶのは私だけ。

息子はチチウエ、ハハウエですので。




忙しいので、特別なディナーは用意できず。



いつも夕食に作ってるようなカルボナーラ。

粗挽きこしょうの追い振りもしてない写真。




飲み物はマルティーニのアスティ・スプマンテ DOCG NV。モスカート・ビアンコ100%の甘口です。



グラスは、リーデルのオヴァチュアで。

口当たりが良いので、ちょっと息子にも味見……なんてさせてませんよ、ええ(笑)




転職して、一気に帰りが遅くなりはしましたが、外に出ていることが多く、職場の雰囲気が悪いのはあんまり気にならなくなったと、妻。早く社員になれるといいね。



ベイスターズファン仲間から、FBに40件以上もお誕生日おめでとうメッセージが入ったそうです。大物ファンか?

体に気を付けて私より長生きしてほしいです。

ギャグセンス

September 27 [Wed], 2017, 15:03
一日空きました。というか空けました。

まじで過労死しそうだったので。

なんか、頭に圧迫感みたいなのがあって

ドクンドクンしてて

体にも力が入らず、ヤバい感じでしたが

ぐったりしていたら少し良くなりました




精神的にもダウンしてて

息子の学費が十分出るくらいお金稼いだら

なるべく早くこの世にサヨナラしたいなとか

いまどき、長生きする意味あるのかなとか

そんな考えがずっと浮かんでたり




でも、昨夜久しぶりに息子と風呂に入って

面白いバカ話聞いたら少し気分が晴れました。

彼は、ギャグセンスあるみたいです。

化学の研究者より芸人の方が向いてたりして。

でも、もしかしたら結構気を遣ってるのかも。

気にしてる定期テストや模試の学年順位より

そういう、人を和ませる面白さとか

やさしさとか・・・

その方がずっと貴重な才能だよと言いたい。



まだ、もう少したいへんな仕事も残ってますが

がんばって乗り越えたいです。

16歳の誕生日

September 26 [Tue], 2017, 5:00
ここのところ、毎日地獄のような日々でした。

早朝から、日付が変わって朝が近くなるまで、食事以外休憩もほとんどせず、ぶっ続けで原稿を書き続けました。

食事も、朝はパンをかじり、昼はカップめんなどを大急ぎですするだけ。夕食もごく簡単なもの。食べる楽しみも飲む楽しみもなし。

お風呂を洗う時間もなかったので、何よりの気晴らしだった、息子とのバスタイムもここ数日なし。

ひたすらパソコンの前に座って、画面を見つめながらキーボードを叩き続けるだけの毎日。あとは、次々と起きるトラブルを、携帯電話とメールであちこちに連絡取りながら、ネゴシエーションして解決する役目も。

著者側と、出版社側の利害の板挟みになる立場なので、ストレスもハンパなかったです。

正直、頭がおかしくなりそう。

睡眠も慢性的に不足。

すっかり、心が病んでしまいました。




それでも、日曜日は息子の16歳の誕生日でした。

家族には、私の実家に行ってお祝いの準備をしてもらい、私は後から駆けつける形で、なんとか参加できました。

誕生日のディナーは、日吉にある「PEPE」という名前のピッツェリアで。

こちら、変わり野菜のサラダ。



イエロービーツとか、紫のオクラとか、珍しい野菜も入っていました。

こちら、生ハムサラダ。



前菜の、かぼちゃとリコッタチーズのトーレ。



サンマのコンフィ。



フリット・ミスト。タコ、イカ、エビ、その他野菜の揚げ物ですね。



ゴルゴンゾーラチーズのニョッキ。



イイダコのトマトソース・スパゲッティ。



ピッツァは、サンマとフレッシュトマトのやつと。



あと、プロヴォローネ・チーズのピッツァも取りましたが

写真を撮り忘れの失態。

ちなみにプロヴォローネとは、モッツァレッラ・チーズを燻製にしたものです。香りが良かった。

飲み物は、こちら。



北イタリア、ピエモンテ産、ロジオの、バルベーラ・ダスティ DOCG 2014です。



料理もワインも、ぜんぶおいしかった!

いまいちな皿がひとつもないくらい。

それで、お会計はひとり頭、2300円ほど。

めちゃめちゃ安かったと思います。

この店、おすすめかも。




私の実家に戻って、ケーキを食べました。



妻も誕生日が近い(4日違い)ので。

息子は、これで16歳。おめでとう!

原付の免許が取れるね。その気も時間もないみたいですけど。

選挙権獲得まで、あと2年か。もうすぐです。



この一年が、息子にとって良い年になりますように!




私は一応、今日もうひとつ原稿を入れたら、一日だけ余裕ができます。役所に行ったりとか、たまった用事を済ますだけで終わっちゃいそうですけど。

あとは、今月いっぱいが最後の山場、かな。

でも、まだトラブルやゴタゴタが起きて、調整役に回らなければならない可能性があるので、油断できません。

残りの仕事がすんなり行くよう、祈ってます。

そういえば、こないだ出した本の売れ行きは、どうなんでしょうかね。

気にしてみる暇さえなかった・・・。

まだ増刷のお声がかかってないから、ベストセラーはムリですね。自己記録更新も、どうやらなさそう。あーあ。

働けど働けど、我が暮らし楽にならざり、です。

息子の気晴らし

September 20 [Wed], 2017, 2:30


勉強で悩んで、しばらく鬱気味だった息子。

なんとか立ち直ってきましたが、それでもやはり、積もり積もったストレスが大きいようで、気晴らしが必要な様子。

ちょうど水曜日が体育祭の振り替え休日だったので、日帰りでどこか行って来たら、とすすめたら、いそいそと日帰り旅行に出かけました。

行き先はやっぱり群馬。敬愛する声優・小倉唯さんの出身地。それって聖地巡礼か?

ただ、それだけではありません。

息子が、陸上部と兼部して所属している生物部で、ヘビとレオパを飼っていることは、何度もここに書きました。それぐらい小さいころから爬虫類好き、ヘビ好きの彼。

今回の小旅行の目的地は、群馬県太田市にある「ジャパン・スネークセンター」というところ(写真上)。

日本でただ一か所の、ヘビの専門展示施設。

前々から、一度は行ってみたいと思っていたみたいで、ついに実現したわけです。

ここには、こんな研究所もあって。



ここはやはり、日本で唯一のヘビ専門の研究所らしいですね。

この研究所付属の施設が、「ジャパン・スネーク・センター」なのか、あちらに附属しているのが研究所なのか。

その辺は定かではありませんが、両方の職員の人はどうも共通しているみたいだと、息子談。

大好きな、世界各地から集められたヘビの写真をいっぱい撮ってきて、見せてくれましたが、とてもここに載せるのは憚られる写真ばかりでした。

冒頭の写真の看板みたいに、かわいらしいヘビじゃなくて。だいたい、ヘビにまつ毛ないし(笑)

でも、かなり規模は大きくて、本物のニシキヘビと触れ合えたりもするそうなので、爬虫類好きの人は行ってみる価値ありそうですよ。車が便利なようです。




で、スネークセンターを見た後は、地元の名物「焼きまんじゅう」を食べたそうで。



小麦粉で作った、おまんじゅうの皮のかたまりみたいなのを、甘辛い味噌だれをつけて焼いたもの。

これ、私も食べたくて仕方ないやつなんですよね。この前、水上に行ったのですけど、水上は群馬でも北部なので、この食べ物がなくて。

話しによると、桐生や太田など、県の東部地域が発祥のもので、高崎にも有名なお店があるらしいですが、北部ではとんと見かけなかったんです。

焼いたらすぐに食べないと、硬くなってまずくなるのだとか。なので、うるさいおばちゃんがやってる店なんかだと、持って帰って食べようとすると「ダメだ、ここで食べな!」と怒られちゃうそうです。




その後は、すぐ近くにある観光ホテルの、日帰り温泉を利用して、ひとっ風呂浴びた息子。

好きなもの見て、美味い名物食って、昼間から温泉入って。なんて贅沢なんだ!うらやましすぎるぞ!

ちなみに、この観光ホテルで息子を案内してくれたお姉さんが、とてもかわいかったそうで。

息子は「群馬の女性には、きれいな人が多いんだよ!」と強く主張。

この人が好き過ぎて、目がくらんでいる可能性が、なきにしもあらず、ですが。



外見はともかく、群馬の女性といったらかかあ天下、ですよね。

まあ小倉唯さんは、やさしくてまじめな子みたいで、同業者とかスタッフのウケは良いようですけど。

あと群馬県出身の女性有名人と言ったら、女優の篠原涼子さんとか、タレントの井森美幸さんとか、宇宙飛行士の向井千秋さんとか。みんなしっかりしてそうな方たちではありますね(笑)。




いずれにしても、一日ゆっくりして、明らかに、出かけるときよりさっぱりした表情で帰って来た息子。よかった。





私は、仕事の大変さがヤバいです。もしかしたら、この仕事始めてから今までで、この締切がいちばんキツいかも。

ほとんど、毎日地獄を見てます。

でも、仕事の大変さと、売れ行きとはリンクしないんですよね。11月に出す本、あんまり一般ウケしそうもないし。

ともあれ、またしばらく地下に潜ります。

みなさんのブログは、それこそ他に気晴らしがないので、見させていただいてます。コメントまでなかなかする余裕がなくて、ごめんなさい。イイネ!ぐらいで許してくださいm(__)m

もうすぐ、息子と妻の誕生日。

何かできるのかな。お食事会にちょっと参加ぐらいはできるかな。できたら写真ぐらいはここにあげますので、どうかお見限りのないよう、よろしくお願い致します。

ニジマスがおいしい

September 17 [Sun], 2017, 22:02


日吉の「TERME」という店でニジマスのムニエルを食べました。写真はちょっと焦げ過ぎのように見えますが、実際そこまでではなく。

身がふわっふわで、皮はちょっとパリッと。

バターの香りがする上にレモンを絞り、ハーブオイルをかけていただくと、これがめちゃうまいんです。

けっこう大きいニジマスだったし。

ごちそうさまでした。




ところで、私の作った本、みなさま買ってくださったり、一生懸命探してくださったり、本当にありがとうございます!売れ行きに関しては、正直まだ何とも言える段階ではありませんが、みなさんの応援、うれしいです!

そして、次の本の準備も、今また第三の山場を迎えています。数日間ここの更新が途絶えるかもしれません。また、コメントへのお返事が遅れたり、なかなか皆さんのブログにコメントを残せないかもしれません。

病気でも、死んだわけでもありませんので、どうかご心配なく(笑)

では、また・・・。

書店に並びました!

September 15 [Fri], 2017, 18:40


みなさんに昨日ご案内していた本、書店に並び始めました!上の写真は横浜そごうの、紀伊國屋書店さんの棚。

そしてこちらは横浜「ルミネ」の有隣堂書店。



さっそく書店へ行ってくださったヤプミーさんもいらっしゃいますが、数日到着が遅れる地方もあるようで、予約して下さったとのこと。ありがとうございます!

新書は、一か月経つと次の新刊が出てきて、売れてない本は、棚を譲らなくてはいけません。

初動の良しあしが、出版社さんの増刷の決め手になります。最初が肝心です。ご興味のある方、できましたら、そのうちにではなく、なるべくお早めに入手していただけますよう、どうかお願いいたしますm(__)m





なお、息子はだいぶ元気が出て来たようです。

昨日は息子と二人で夕食をとり、風呂に入ったのですが、彼が最近観て面白かったアニメ映画のことなどを話して、笑顔も見られるようになりました。よかった。

数か月前、息子をきつく叱って気まずくなった時同様、小倉唯さんのお力もお借りしました(笑)。困ったときのオグラ頼み。彼女には感謝せざるを得ません。



一方妻は、昨日、生まれて初めての地方出張。

新幹線で名古屋まで行ってきました。

帰りが遅くなりましたが、会社にいるよりはよほど気も楽で、仕事も楽しかったようです。

問題は社にいるときなので、まだ全く安心はできませんが、とりあえず、外出しているときだけはなんとかましに仕事ができるようです。

ただ、先月までは「暇過ぎて逆に疲れた」などと言っていたのが、急に忙しくなってしまい、帰りも毎日遅いので、身体が心配です。今後どうなるのか。

ひとまず次へ向かって色々動き出しています。

明日発売になります!

September 14 [Thu], 2017, 21:00


私が翻訳した新刊書

ねじ曲げられた
「イタリア料理」

ファブリツィオ・グラッセッリ著
(光文社新書)


800円

いよいよ、明日9月15日発売です!

本屋さんでも、ネット書店でも購入できます。

同時に、電子書籍もリリースになります。

スマホの電子書籍アプリや

電子書籍リーダーをお持ちの方は

ダウンロードしてお読みになれます。


企画は私が考えていわば出版プロデュース的な仕事をしました。書名も、私がつけました。

全力で頑張った作品ですので、ぜひお手に取っていただき、お友達、お知り合いにも宣伝していただけると幸いです。

なお、明日15日の日経新聞(三面)

17日、東京、大阪、名古屋の朝日新聞(二面)

18日は、北海道、九州の朝日新聞(二面)

これらに、新聞広告が出ます。


なにとぞ、よろしくお願い致します!

どう慰めて良いのか・・・

September 14 [Thu], 2017, 2:50
息子の期末試験の成績が思わしくなく

本人は感情を抑えていますが

ものすごく落ち込んでいるようです。

それでもときどき噴出して

僕みたいなバカは……というような

自虐的な言葉を吐いていたり。

たった一回のテストの成績じゃないか

ということを言っても、結果ではなく

あれほど努力しても、自分より努力してない連中に、全く太刀打ちできない才能が絶望的なのだと。

いつもの明るさはなく、ふさぎ込んでいて、食欲もなく、よく眠れていないようで。

普通の、社会人の鬱状態と、みたところ変わらないです。

叱咤激励は、さらに追い込むだけのように思えるし。

いくら慰めても、あまり響かないようだし。

どうしたら良いのかわかりません。

私が苦しいときは息子が力になってくれたのに。息子がつらいときに無力なのが悔しいです。

親なのに。




彼女ともうまく行っていない今。

私なんかより、こういうときはむしろ、声優・小倉唯さんとかのほうが、彼のつらさを癒してくれるのかな・・・。

10月9日に、パシフィコ横浜でライブがあるので、それに行って楽しんでくれば、気が晴れるかも。



でも「こんなバカは唯ちゃんのライブに行く資格がない」と、それこそバカなことを言っているので、半ば強引に申込みだけさせたのですが・・・。

本人は腐りきっていて「きっと当たらないよ」と。




長い人生の、ほんとに最初のところのつまづきなんだから、と自分などは思いますけれど。

でも、高校生には高校生の「世界」があって、毎日毎日暮らす集団の中で、成績が下のほうだとバカにされ、マウンティングされる辛さは、きっと彼にしかわからないのでしょう。

私が小学校のころ、クラス全体からの「いじめ」に遭って、誰も味方がなく、先生は見ないふりをし、親は「やられたらやり返せ」と見当違いのことを言うばかりだったあのとき。

あの孤独と同じ状況なのだとしたら、ほんとうにつらいことです。

今のあの高校、異常なガリ勉学校だ、トーダイ至上主義だという評判を聞いていたのだから、ほぼ同じレベルの違う県立を受けてもらえばよかったのかな、と思ったり。

いまさら言っても、ホントに仕方ないですね。

とりあえず、これまた彼の憂鬱の種のひとつになっている体育祭が終わったら、ひとりで一泊か日帰りの旅行をするように勧めてます。

それをきっかけに、少しは明るさを取り戻してくれることを祈るばかりです。

いまさらクーラー

September 13 [Wed], 2017, 12:04


夏が帰ってきちゃいました

窓から外を見ると、入道雲もくもく

午前11時の段階で、室内気温32℃!

ベランダの外で計ったら、37℃!

あづぐで仕事になりませーん

しかたなく、いまさらクーラー

でも明日の朝方の予想気温は21℃

これじゃ体調おかしくなりますよ

皆さんお住まいの地域はいかがでしょう。

健康管理に注意、ですね!

24回目の結婚記念日

September 11 [Mon], 2017, 23:41


私たち夫婦の、24回目の結婚記念日

去年までは、妻がとても早く帰れていたので

イタリアンレストランを予約できていました

でも今年は、例のブラック職場に転職したので

何時に帰れるかまったく読めず

なので、自宅でささやかにお祝いしました

ミートソースのパスタを用意して

赤ワインのおつまみに

スモークタンも用意して。



ケーキはホールのが用意できなかったので

地元のケーキ屋「サンレモ」で買った三種。



ちなみに栗のペーストが乗っているのは

モンブランではなくて

地元の丘の名前から取って

「カーボン山」という名前になってます

来年は、早いもので銀婚式です

なんだかんだで、四半世紀。

ここは、盛大にお祝いしたいので

妻が今のブラック職場にはいないことを

願いたいものです
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像じょぜ☆
» ワンチャンス (2019年12月16日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月16日)
アイコン画像けーこ
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 苦しいところ (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 最近食べたもの (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月12日)
Yapme!一覧
読者になる