回鍋肉・・の、ようなもの

November 30 [Wed], 2016, 2:21


中華料理のなかで、一番好きなものを一つだけ上げるとすれば、私の場合は、回鍋肉(ホイコーロー)です。

昔、イタリア語の教室で、一番好きな中華の話しになって、回鍋肉と言ったら、生徒みんなに笑われました。なんでなんで?回鍋肉、おいしいじゃないですか!

確かに、高級料理じゃないけど・・・。

個人的な思い入れがあるんですよ、回鍋肉には。

大学生時代、東銀座にある「マガジンハウス」という会社でバイトしてた私。バイト君には、夕食用に食券が出て、会社の近くのいくつかのお店で外食できたのですが、私が一番お気に入りだったのが、すぐ近くの、町の中華料理屋。ちっちゃな店だったのですが、おいしかったんですよ!

で、そのメニューのなかでも、一番好きだったのが、回鍋肉で。今まで、高級店も含め、いろいろな店で回鍋肉を食べて来ましたが、あの回鍋肉を超えるものには、いまだに出会ってないな。

ということで、今日の夕食のおかずは、回鍋肉。

ただ、回鍋肉には必須の調味料、甜麺醤を切らしてしまっていました。

仕方なく仙台味噌に砂糖を加えたりして「なんちゃって甜麺醤」を作り。

それから、妻に「残っているニンジンをなんとかして」と言われて、これも短冊切りにして、入れることに。本来は、完全に邪道なんですけれど。

結果写真のような、回鍋肉・・の、ようなもの、が出来上がりました。

でも、見た目ちょっとアレかもですが、味はおいしかったんですよ。

息子も、おいしいと言ってましたし。

でも、いつかちゃんと甜麺醤を使って、肉も、もうちょっと厚切りのやつを使って、野菜少な目にして、あの私的に「究極の回鍋肉」と思っているやつを、自分で再現してみたいな、と思っています。

うまごや

November 29 [Tue], 2016, 15:50


この小さなお人形さんは「プレゼーピオ」といいます。

イタリア生まれの、クリスマスの飾りです。

プレゼーペ、ということもあり、日本では、うまごやと言い習わされています。

イエス様のご降誕の場面を表したお人形です。

日本では、教会と一部のキリスト信者さんの家ぐらいにしか飾られませんけれど、イタリアでは、クリスマスツリーよりもメジャーな、クリスマス飾りのアイテムです。

真ん中の、わらを敷いた飼い葉おけに寝かされているのが、幼子イエス。その右が聖母マリア、左がこの世でのお父さんになった聖ヨセフです。

後ろに立っている、杖を持った老人は羊飼い。聖家族以外で、イエス様を最初に見る光栄にあずかったのは、羊飼いたちでした。

ちなみにその当時、羊飼いは卑しい、差別される職業の人たちでした。そういう立場の人たちが、最初に救い主を見ることになった、というのは、象徴的な意味を持っています。

その両脇は、羊飼いが連れてきた羊たち。

右側に並んでいる動物たちは、牛、ろば、らくだ。イエス様が家畜小屋で生まれたことを表現するものです。

ちゃんとした人の泊まる家や宿屋ではなく、家畜小屋に生まれ、生まれたてなのに、柔らかいベッドではなく、わらを敷いた飼い葉おけの中に寝かされたイエス様。

本来は神さまで、世を救うために人間の姿になった方が、あえてこれ以上ないくらい貧しい状況に生まれてきた、という話も、いろんな深い意味を持っていると思います・・・・。

左に並んでいる人たちは、時間的にはキリスト降誕から数日たっていますが、星のお告げで救い主の誕生を知り、贈り物を持って遠い国からやってきた、三人の博士たちです。

後ろの少し大きな天使たちは、プレゼーピオの一部ではなく、もともと、ここに飾ってあるお人形です。

イタリアでは、こんな豆粒みたいに小さなプレゼーピオはむしろ珍しくて、もっと立派なものを買って、ジオラマみたいに飾り付ける家庭が普通です。中には、場面の中に小川が流れていたりする、凝った仕掛けのものもあります。

アドベントの期間に入ったので、うちでもクリスマスの飾りを、こんな風に出し始めました。本当はツリーも飾り付けたかったのですが、仕事も家のことも忙しくて・・・・。

とりあえず、ぼちぼちと準備して行きたいと思います。

アドベント2016

November 27 [Sun], 2016, 14:35


写真は、カトリック菊名教会の、クリスマスリースです。

リースは、毎年アドベント=待降節になると、祭壇のそばに飾られます。

待降節というのは、キリスト教の用語で、一般の方には聞きなれない言葉かと思いますが、クリスマス=キリスト降誕祭に向けて、心の準備を含めた、様々な準備をする期間のことです。

待降節に入る日曜日(今日です)のことを、待降節第一主日と言います。それからクリスマスにかけての日曜日=主日が来るごとに、リースに立てられている、四本のろうそくに、一本ずつ火がともされて行きます。

それとともに、クリスマスを迎える気持ちも、高まって行くのです。

ちなみに、クリスマスリースが円形をしているのは、輪の形が、始まりも終わりもない、ということから、永遠、つまり神の永遠性を表現しているのです。



最近、いろいろとあって、教会のミサから足が遠のきがちだった私ですが(信仰が薄れたわけでは決してなくて、人間関係の問題でのつまづき、ですかね・・・)、今日は久しぶりに、ミサに与かってきました。

毎年、クリスマスイブのミサに、家族三人で行くのが我が家の恒例。でも今年は、息子が受験直前で、土曜日のクリスマスイブの夜にも、多分、塾があります。ですので、25日、クリスマス当日朝のミサに行くことになりそう。

本当はクリスマスイブの晩のミサが、一番雰囲気があって良いのですが。まあ、仕方ないですね。

ともすると、一年で一番の「商戦」の機会という一面ばかりが目立って、イエス様のお誕生をお祝いする日、という本来の意味が忘れられがちな、クリスマス。

でも、一年に一回だけで良いですので、クリスマスだけでも、今から二千年前、世に愛の教えを広められた、イエス様という方がいらしたことを、一般の方にも、思い出していただけると、信徒としてはうれしいです。

また、もしお時間があれば、教会のクリスマス・ミサや、礼拝を見学してみるのも、おすすめします。

少なくともカトリック教会なら、信者でない一般の方がいらっしゃるのを拒んだりはしませんし、「悔い改めて神を信じなさい」などと言って、入信を勧めたりすることもなく、温かく迎えてくれるはずです。

でも、お祈りの仕方もわからないし・・・としり込みする必要もありません。多分、クリスマスキャロルの歌のカードを渡されると思いますので、楽しく一緒に歌ってください。あとは、周りの人が立ったり座ったりするのに合わせて、自己流でお祈りしたりしていれば大丈夫です。

聖夜らしい、清々しい雰囲気を味わうだけでも、行く価値はあると思いますよ。

やぶから棒に真冬?

November 25 [Fri], 2016, 0:15


まだ11月なのに、ここは横浜なのに、もう初雪!

しかも、こんなに積もっちゃって・・・。

信じられない、と思ったら、やっぱり、東京の都区内でこんなに早く初雪が観測されたのは、54年ぶりだとか。しかも、積もったのは史上初、とか言ってます。

まだ雪への対策も心構えもできていなかったということなのでしょう。この積雪で、関東で41人もの人が転倒したりでケガをし、搬送されたとか。

雪国、北国にお住いのみなさんからすると、滑稽かもしれませんが、これが雪に慣れていない地域の現実です。

いきなりこんなに寒くなって、これは地球寒冷化なのか?と言っている人もいるみたいですけれど、あくまでも局地的な気候の問題で、地球全体では、やっぱり温暖化が激しいみたいですね。

でも、とりあえず寒〜いのは間違いないところ。明朝も冷え込むようですので、お読みくださった皆さんも、風邪などひかれぬよう、温かくしてお休みください。

ついでですので、昨晩、日吉の両親のところで、息子と一緒にごちそうになった夕食のテーブルをご紹介(妻はまた飲み会でした)。



八十近い、母親の手料理です。イカがうまかった。

一緒に飲んだお酒はこちら。両親が、「うちらはほとんど飲まないから、好きな物適当に買って来なさい」と言っていたので、大体の献立を聞いて、イタリア産のスプマンテを買って持参。



ピノ・ビアンコとシャルドネの混醸。かなりドライ。



ただ、ピノっぽくもシャルドネっぽくもなくて、ちょっと中途半端な感じ。混醸した意味がちとわからず。

でも、久しぶりに親の手料理も食べられたし。まいっか、です!

大酉祭2016

November 24 [Thu], 2016, 0:20


毎年十一月の酉の日を、「大酉祭」「お酉さま」の日、と言って大鳥神社=大鷲神社にお参りして、商売繁盛を願うという風習は、主に、関東地方だけのものらしいですね。

特に、東京で盛んな行事なのだとか。

私の場合は、まだ練馬の石神井に住んでいたころ、駅の近くに大鷲神社があって「お酉さま」の縁日をやっているのを見かけたのが、通い始めるきっかけでした。

ちょうど会社を辞めて、個人営業者になったところだったので、商売繁盛を願ってお参りしたのでした。

それ以来、「お酉さま」の日に大鷲神社=大鳥神社に参詣し、お約束で、熊手をいただいて来るという風習を、欠かしたことはありません。

横浜に引っ越しても、カトリックの洗礼を受けても、それは変わりませんでした。プロテスタントの厳格な会派だったら「神社参拝なんてとんでもない」ということになって、牧師さんや他の信者さんにとがめられたかもしれませんが。

その点、カトリックは良くも悪くもゆるいので、神父さんや他の人に話しても「ああ、そう……」というだけでした。



東京のお酉さまは、足立区花畑にある大鷲神社に起源があるそうです。後三年の役の折(1083年)、奥州清原氏と戦うために、都から奥州街道を通ってこの地を訪れた、新羅三郎義光(源義光)が、大鷲神社に兜と弓矢を奉納し、戦勝祈願をしたという故事から、最初は武家が、祭神のヤマトタケルの命日である、十一月の酉の日に参詣したのが始まりだとか。

それが江戸時代中期ごろから、「お酉さま」の酉は取に通ずるとして、お金が取れる=商売繁盛の神様として、いつのまにか、商人、職人のお祭りに変わって来たようです。

お参りと同時に、熊手を拝領して帰るというのも、熊手で「お金をかき集める」というイメージから来ているのだとか。

私が横浜に越してから、しばらくは横浜市黄金町の大鷲神社に行っていたのですが、ある年、新宿の花園神社は、大鳥神社でもあり、毎年盛大に「大酉祭」をやっているというのを知り、寄ってみました。すると、それまでより明らかに商売繁盛するようになり、それからは縁起を担いで毎年新宿まで出かけて熊手をいただいて来ることになったのです。

で、こちらが今年いただいてきた熊手。



このご利益で、来年も、いや来年こそは、出す本が、ベストセラーになるよう願っています。

生クリームは使いません

November 21 [Mon], 2016, 22:08


今日のパスタは、スパゲッティ・カルボナーラ。

定番のパスタではありますが、日本のカフェや町場の普通のイタリアンのお店では、生クリームを使うレシピが一般的かと。

でも、本場ローマのレシピでは、生クリームは絶対使いません。

まずベースの卵。我が家の三人分の分量だと、ケチらず6個使います。それをかき混ぜて溶き、チーズを擦って粉にしたもの(ペコリーノ・ロマーノかパルミジャーノ・レッジャーノ、なければクラフトのパルメザンでも可)をたっぷりと(40〜50グラム)混ぜ、塩一つまみと、たっぷりの粗挽きこしょうをかけてよく混ぜます。

それから、フライパンにオリーブオイル大さじ3杯を敷き、パンチェッタ、なければベーコンを、幅5ミリぐらいに刻んだものを良く炒めます(120〜130グラム)。カリカリに近いぐらいまで炒めたら、パンチェッタを取り出します。オイルにはパンチェッタのうまみがよく浸み出しています。

その間に、たっぷりのお湯に、一握りの塩を入れ、海水に近い濃度にしたもので、スパゲッティをゆでます。ゆで加減は、通常より1分程度短く。

その間に、パスタのゆで汁を大さじ3杯ほどフライパンに加え、とろ火で熱しながらオイルと混ぜます。こうすると、フライパンについたパンチェッタ(ベーコン)のエキスがより出てきます。

ゆで上がったパスタを、パンチェッタの味が浸みたオイルの入ったフライパンに入れ、余熱を利用して良く混ぜ、旨みをパスタに移します。

そこに、卵とチーズを使ったベースを投入。余熱か、極弱火で微加熱しながら、良く混ぜ合わせます。

とろみがちょっと出てきたら、お皿に盛り、粗挽きこしょうを振りかけて、パンチェッタ(ベーコン)をトッピングして、出来上がり!食べるまでのわずかな時間に最後の加熱が行われて、パスタのかたさも、ソースの火通りもちょうどよくなるはず。ポイントは、加熱しすぎないこと。卵がかたまると失敗します。

これで、本場ローマ風のカルボナーラになります。

家族に食べさせた結果は・・・息子は、一口食べて「ん!おいしい!」と言ってくれました。妻も、「私が作ったカルボナーラより、ずっとおいしい」と。大成功!

合わせるワインは、ローマ近郊で造られる白ワイン、フラスカーティなどいかがでしょう。ごく軽くて、タンニンの少ない赤でもOK。

おいしい夕食になりました。

おかしくないですか?

November 19 [Sat], 2016, 16:55
今日は、長文です。すみません。

しかも、子供の教育問題なので、関心のない方はスルーしてください。

息子の定期試験は、無事終わりました。

よほど「やらかして」いない限り、まずまずうまく行ったようです。

ただ、進学に大いに響く「内申書」には、学校の通知表の成績だけしか載らないのですが、その通知表の出来不出来を決めるのは、試験の点数だけではないんです。

少なくとも、神奈川県の教育委員会が定めた基準では、それだけでは不十分な状況になっているようです。

授業中の発言の回数・内容とか、レポートの提出状況・内容とか、授業外での質問とか、普段の先生からの評価が、通知表の、ひいては「内申書」の成績を上げるのには不可欠なんです。

通知表には様々な評価基準の項目があるのですが、重要なもののひとつに、「関心・意欲・態度」というのがあります。

でもね、授業に関心があって、学習意欲を持っていても、ちょっとひねくれてる生徒とか、あるいは内気だったり気が弱かったり恥ずかしがり屋だったりして、関心、意欲を、発言や質問といった、「態度」に表しにくい生徒の評価は、どうやってするんでしょうか。

しかも、評価して、それを点数化するのは、人間である先生の主観なんですから。

学歴で人生に何らかの制約ができるような仕組みは、私は嫌いです。それでも、まだテストの点数という、ある程度客観的なものだけが決め手になるのなら、いいわけもできるでしょう。しかし、先生の主観的な評価で進路に制約ができてしまうというのは、ね。

では今、実際、どのくらい「内申書」が進学にものをいうのでしょうか。

たとえば私立高校で言えば、私たちが住んでいる神奈川及びその近隣の場合、某KO高校のような難関校を除いた、中位校と呼ばれる学校から、それより簡単な学校の場合、入学試験の倍率は、ほぼ1倍。つまり、入試で落ちる人はいない、ということ。100%内申書によって振り分けられる、というのが現実です。

神奈川の公立の場合、その学校によって、入試点数と内申書を参考にする割合は違いますが、私の妻が卒業したK高校の場合は、6割以上、内申書がものをいいます。入試で全教科満点を取っても、内申書が基準に達していなければ、落ちてしまうのです。まあ、ここは内申重視で有名な学校なのですが。

それほど生徒の進路に多大な影響を及ぼす内申書が、先生の主観に大きく左右されるものだ、ということ・・・なんか、やっぱり、おかしくないですか?

極端な話、先生から見て「良い子」「目立つ子」じゃないと、思ったような進路に進めない、ということになりはしませんか、ということです。

別に、うちの息子が、そうしたシステムの中で特別不利なタイプの少年だ、ということで言っているのではありませんよ。ただ、内申点を上げるために、息子が意識して授業中に手を挙げたり、何かしら先生に質問することを考え出して、訊きに行ったり、という努力をしているのを見ると、なんとも言えない、違和感を感じるんですよ。

他の都道府県のことはわかりませんが、神奈川県の中学校から、高校への進学のシステムって、やっぱりおかしいですよ。みなさんは、どう思われますか?

あまのじゃく

November 17 [Thu], 2016, 20:51
なんか、世間は騒いでいるようですね。

今日はボジョレヌーボーの解禁日だとか・・・。

ちなみに、私の晩酌はコレですが、何か?



パーティー? うちの夕食は、麻婆豆腐です。

いえ、凝ってなんかいませんよ。超手抜きの「丸美屋」ですが何か?



イベントに乗ってるみなさんは、楽しそうですね。

うちですか? 妻はベイスターズファン仲間の飲み会で、一人参戦。

今日の夕食は、寂しく息子と二人ですが・・・何か?・・・(T_T)

不老長寿のシチュー?

November 16 [Wed], 2016, 0:45


息子への、明日から始まる定期試験の壮行用(?)メニューは、ビーフシチューでした。

オージービーフのすね肉を、タマネギ、ニンジン、ローリエ(ローレル)の葉っぱ三枚と一緒に、赤ワインで、5時間コトコト煮込んで作った特製シチュー。

幸いにも息子には、「おいしいよ」と言ってもらえました。正直言うと、すね肉を煮込み過ぎて、煮崩れてしまったのが不本意だったのですが、「いや、これが美味いんだよ。サリサリカレーみたい」(8月16日の記事参照)との感想をもらえて。とりあえずはよかった。

いっしょに(妻と私だけですよ)飲んだワインはこちら。「コンテッサ・カローラ」の「ネグロアマーロ・パッシート・サレント IGT 2013」という、南イタリア、プーリア州産のものです。



このワインも以前ブログに上げて(7月6日)、そのときはわりとdisっていたと思うのですが、こってりとしたビーフシチューと一緒にいただくと、それなりに気持ちよく飲み進めることができました。

赤ワインだけで煮込んだビーフシチューは、体に良いと思われます。赤ワインには、抗酸化物質のアントシアニンが豊富に含まれていて、体細胞の老化や、様々な疾病を防ぐという説があるのは、有名なところ。

以下は、ベテラン栄養士である、私の叔父の受け売りですが・・・やはり赤ワインに含まれる「レスベラトロール」という物質は、長寿遺伝子とも言われる「サーチュイン遺伝子」を活性化させるということで、不老長寿の成分として、ある種のブームになっているそうです。

以前にも書いた、イタリア人の中高年が、かなり肥満傾向にあるにも関わらず、日本人と有意な差がないくらいに長生きし、健康寿命ではまさっているかもしれないのは、もしかするとレスベラトロールを豊富に摂取しているせい・・・かもしれませんね。

お酒の飲み過ぎが体に良くないのは当然ですが、シチューにすれば、アルコールも飛んでいるので、赤ワインの有効成分のみが摂取できるはず。これだけで、息子のテストの点数が上がるかどうかはともかく、健康に良いのは、おそらく確か。

みなさんも、赤ワインでビーフシチュー、いかがですか? その際はぜひイタリア産のワインをどうぞ!

こんな感じになりました

November 15 [Tue], 2016, 9:49


同業者の先輩からいただいたローズマリー、植えました。

今は根っこのついていない株も、うまく根付いて、大きく育ってくれると良いのですが・・・。

どのくらいの密度で植えたら良いのかわからなかったので、こんな感じにしてみましたが、どうでしょうか?



ちなみに、ローズマリーをいただいたT先輩、ものを取材したり書いたりするだけでなく、クレイ人形を使ったポスター写真や雑誌のイメージ写真などを作ったり、イラストを描いたりするお仕事もされていて、こちらもすばらしいです。

こちらは、今回ローズマリーと一緒にいただいた、かわいらしいお人形。



かわいいでしょ?

もっと大型で、ほんわかした人のお人形や、逆に米粒みたいに小さくて精巧な作品もあるんですよ。

今から三十年前、大学を卒業して、出版の世界で働き始めて、最初に一緒に仕事をして、いろいろなことを教えてくださったのが、このTさんです。その恩返しもできず、いまだにこうして、いろいろお世話になっちゃっているというわけです。Tさん、ありがとうございます。

・・・ところで、明日から、息子の定期試験が始まります。この試験で出る成績は、いわゆる「内申書」というものに反映されて、進学に影響する大事なもの。今夜はその応援のために、おいしいものを作ってやりたいと思っています。
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月12日)
アイコン画像北の熊子
» 人が減って来た (2019年12月11日)
アイコン画像シャウロン
» 人が減って来た (2019年12月11日)
アイコン画像なおにゃ
» 苦しいところ (2019年12月11日)
アイコン画像なおにゃ
» 最近食べたもの (2019年12月11日)
アイコン画像なおにゃ
» 日比谷で休日 (2019年12月11日)
アイコン画像もうふ
» 人が減って来た (2019年12月11日)
アイコン画像aki*keigo
» 人が減って来た (2019年12月11日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 苦しいところ (2019年12月11日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 苦しいところ (2019年12月11日)
Yapme!一覧
読者になる