部活

April 30 [Wed], 2014, 23:12
今日から、息子の中学での部活が始まりました。陸上か、
野球かでさんざん迷った末、入ったのは陸上競技部。

新入部員が10人を軽く超えたようで、学校では吹奏楽部に
次ぐ、大所帯の部になったそうです。

今日は雨だったので、屋根のあるところでの練習となった
ようですが、息子の走る姿を見て、隣で練習していた
野球部員が「おー、あいつ速え!」と漏らしていたと、
本人はうれしそうに話していました。

息子の50mのベストタイムは、新入部員の中では、2番目
だとか。それも、0.1秒以下の、本当に僅差らしいです。

息子は明らかにスタートが苦手なので「それを克服すれば、
学年でトップは、軽く行けるんじゃないか?」と励まして
やりました。

去年の運動会や市の体育大会を見ても、トップスピードに
乗るまでが遅い感じで、改善点はそこなのだと思います。
多分、50mよりは100mの方が、相対的に得意だとも
思われ……。

いずれにしても、指導する先生や先輩から、技術的なことを
色々教わり、必要な筋力を高め、またライバルとも切磋琢磨
して行けば、もっとずっと速くなれるでしょう。

息子の場合、部活と塾とを両立させなければいけないので、
体力的にも精神的にも、大変だと思います。でも同じ塾に
通う、陸上部の同級生が二人いるので、彼らとお互いに
励まし合って、がんばってくれると良いな、と。

中学に進学して、日々新たな経験をしている様子の息子。
学校生活を、思い切り楽しんでほしいと思っています。

ホームラン大会

April 24 [Thu], 2014, 1:35


もう日付が変わってしまいましたが、23日の水曜日は、急に
思い立って、家族3人で東京ドームに野球観戦に行きました。
日本ハム―ソフトバンク戦。

我が家は、ホームの1塁側内野席で、ファイターズの応援。
先発は、プロ入りしてからまだ未勝利の浦野投手でしたが、
相手のホークスの先発が寺原と聞いて、なんとなく負ける
気がしなかったです。

試合は、1回にいきなりファイターズの大谷翔平のソロ
ホームランが出て、その後すぐソフバン松田のソロで追い
つかれたものの、すぐに西川のホームランで、勝ち越し。
常にゲームが動く展開になりました。



でもファイターズの大引、佐藤賢治に、ランナーをためての
ホームランが出たので、5回終了の時点でこのようなスコアに。



最大7点差がついて、今日は楽勝かな、とおもったのですが、
ホークスも本塁打攻勢で、小刻みに反撃する展開。



ファイターズも、6回途中で先発浦野を下し、谷本に交代。
それから、クロッタ、宮西、増井と、今年新たに出来てきた
「勝利の方程式」を駆使して、なんとか防戦。



このブログをずっと見ている方は覚えておいでかもしれま
せんが、去年の8月上旬、息子と私の二人で札幌に「男旅」を
したとき、ファイターズの寮の前で「出待ち」して、サインを
もらって以来、投手陣での息子の一押しヒーローは、増井投手。
そのときのサイン色紙が、今でも玄関に飾ってあるほどです。

去年は8回に登場する「セットアッパー」をしていた増井投手。
今季途中から、9回の最後を締める「新守護神」になりました。
そして開幕からこれまでに12と1/3イニングを投げて、1点も
取られていませんでした。

9回、その増井から、ホークスの松田が、ライトポール近くに
フラフラとした力ないフライを放った……と思ったら、それが
まるで、追い風に運ばれるようにして、なんとスタンドイン! 
東京ドーム独特の「ドームラン」というやつです。

増井の「無失点神話」が崩れて、息子はがっかり。それでも、
ホークスの反撃もそこまで。結果は、10−6でファイターズの
勝利! そして増井投手には、5個目のセーブが付きました。



終わってみれば、両チーム合計で9個のホームランが飛び交い、
しかも全てのイニングでホームランが出るという「空中戦」を
ファイターズが制した形になりました。

日本でも1、2を争う、広くて、フェンスの高い球場を本拠地に
している両チームだけに「日本で有数の、ホームランが出やすい
球場」とされる東京ドームに来ると、こういうことになって
しまうのかもしれませんね。

豪快と言えば豪快、大味といえば大味な試合。でも、とりあえず
勝ったということで、息子も、私たち親も満足しました。

ファイターズ主催試合、ジャイアンツとの交流戦を含めて、今の
ところ東京ドームに野球観戦に行って、全勝負けなしの息子。
来月はまた、交流戦を見に行きます。全勝記録が続くといいなと
思っています。

お祝いとお別れ

April 20 [Sun], 2014, 14:49


今日は、教会の復活祭でした。英語でいうイースター、
イタリア語でいうパスクァです。

毎年、復活祭は土曜日の「復活徹夜祭」に家族で教会に行って
いるのですが、今年は日曜日に、私が公式の撮影係になって
いた上に、息子の「心の師」ケルソ神父が久しぶりに菊名に
来て下さるということで、家族三人で、今日行ってきました。

復活祭は、キリスト教徒にとっては、宗教的な意味合いでは、
クリスマス以上の、一年で一番大切なお祭りです。

「復活の信仰」がなければ、キリスト教は、今とはまったく
違ったものになっていたでしょうし、もしかしたら二千年も
続いてこなかったかもしれません。



まあ、人間だれでも、生まれるからこの世に存在するわけ
です。でも「復活」という奇跡は、正直言って、信者で
なければ、違和感しか感じないものだと思います。

ですから、クリスマスが日本で、一般の人にも定着している
のに対して、復活祭が定着しないのは、仕方ないことだと
思います。それでも、それを利用して何とか商売にしようと
する人や会社は、相変らずあるみたいですが。

ともあれ、例年は敬虔な気持ちになる復活祭も、今年は
ミサの様子の撮影というミッションがあったため、正直言うと
なんとなくバタバタした感じで終わってしまいました。

まあ、これも神様がお命じになったこと、ということで……。

ミサの後はお祝いパーティー。こんなかわいらしい復活祭の
お菓子を作ってくださった方も。





前庭では、教会学校の子供たちが「ピニャータ」という
あそびをしました。厚紙で作ったイースターエッグを、
みんなで棒でたたいて、割ると中からプレゼントの
お菓子が出てくる、という仕掛けです。みんな楽しそう。

うちの息子は、もう教会学校は卒業して「中高生会」と
いうのに所属しているので、参加しませんでしたが。



ともあれ、今日は、息子が心から慕っているケルソ神父と
久しぶりに会えたということで、彼にとっては大事な日に
なりました。

ケルソ神父が菊名教会の主任司祭を退任されたのは、所属する
コロンバン会の決まりで、アリゾナの砂漠の中で1年間、
研修をされるためでした。

ご本人は、研修が終わってからは、また日本で司祭の仕事を
するのを希望されていたようですが、結局、それはかなわず、
アメリカのサンディエゴの教会に行かれることになりました。
その後も、ずっとアメリカで司牧をされる予定のようです。

ですから、今回は本当に、お別れのあいさつにいらした
わけです。とても寂しいことですが、多分、もう神様の
もとに行くまで、お会いすることはないのではないか、と
思われます。

それで、息子は「心の師」ケルソ神父に長いお手紙を書いて、
今日、渡しました。できれば、今後もお手紙で連絡を取って、
信仰や、個人的な事でつまづいたときには、助言をお願い
したい、というのが彼の希望のようです。

ケルソ神父も、「会えなくても、心はつながっています」と
おっしゃってくださいました。そして、息子のことを激励
してくださいました。



ご復活のお祝いが、お別れの日にもなってしまって、寂しい
です。でも、この世では、人と人は、かならずいつかお別れ
しなければいけない運命にあります。

息子も、ケルソ神父様のことは、生涯忘れないと思います。
ケルソ神父様には、本当にお世話になり、有難うございました
という気持ちと、これからも息子をよろしくおねがいします、
という気持ちです。アメリカへ帰られても、どうかお元気で!

入学式

April 07 [Mon], 2014, 21:00


今日は、息子の中学校の入学式がありました。
小学校のときは、一学級の人数が30人余りだったのに
対して、中学では40人もいます。本人はたいして変わら
ない、と言っていますが……。

クラスは1年1組でしたが、偶然、同じ保育園に通っていた
友達が、同じクラスに4人もいて、びっくりでした。

小学校の入学式のときは、ちょっと緊張気味だったのですが、
この6年間に「中身が入れ替わった」ようにさえ思える息子。
今日は、ちょっと不敵な(?)笑みさえ浮かべていました。



同じクラスに、幼児のときからの知り合いや、6年生から通い
始めた塾でのお友達が結構いるせいかもしれませんが、小学校で
いろいろな経験をしたことから、友達の作り方のコツを、本人
なりに覚えたせいかもしれません。

いずれにしても中学校に入ったら、今までとは比べ物にならない
ほど勉強も忙しくなります。その上、部活もあるので、むしろ
親の方に、正直言うと、ちょっぴり不安があるのですが……。
夕食も、いままでは8時ごろにとっていたのですが、これから、
塾のある日は10時すぎになります。

本人は、表向きは余裕を見せているのですが……。

まあ、勉強に運動に、悔いのない中学生活を送ってもらえればと
思います。本当に、入学おめでとう!

お花見2014

April 05 [Sat], 2014, 21:38


今年の桜は、満開が週末を外れてしまったので残念でしたが、
今日、うちの家族と日吉の両親、「綱島のばあば」の5人で
お花見に行ってきました。

場所は多摩川台公園。東横線の多摩川駅に着くと、雨がかなり
降っていてびっくりしましたが、しばらく駅で雨やみを待って
いると、幸いなことに晴れてきました。

公園の桜は、半分以上の樹が、大分葉桜になってしまっていた
ものの、まだ満開の樹も残っていました。

アルコールはなしでしたが、桜を眺めながら、いなりずしや
のり巻きをみんなで食べて、楽しかったです。

花見って、桜の花を見るだけでなく、むしろこうして、野外で
みんな一緒に飲み食いするのが、醍醐味なんですよね。

この日の多摩川台公園は、人出もかなりあって、賑やか。
みんな楽しそうでしたが、中には急性アルコール中毒になって
しまっている様子の大学生もいたりしました。



お酒に慣れていないのに、そんなに飲んで、あるいは飲まされて、
なんて乱暴なことをするんだろう、と思いますが、振り返って
みると、自分も若いころは、あんまり変わらないことをしたし、
されもしたな、と思います。若いということは、愚かである、
ということでもあったりしますね。苦い思い出……。

ともあれ、お天気も持ち直して、短い時間ではありましたが、
みんなで和やかに、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ともつま
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月08日)
アイコン画像けーこ
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月08日)
アイコン画像aki*keigo
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月08日)
アイコン画像もうふ
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月08日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 最近食べたもの (2019年12月08日)
アイコン画像けーこ
» 最近食べたもの (2019年12月07日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 最近食べたもの (2019年12月06日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 最近食べたもの (2019年12月06日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 九州の美味しいもの (2019年12月06日)
アイコン画像もうふ
» 最近食べたもの (2019年12月06日)
Yapme!一覧
読者になる