野球観戦運?

May 27 [Mon], 2013, 14:22


昨日の日曜日は、うちの家族三人と「日吉のおじいちゃん」の四人で、
横浜スタジアムへ、DeNA−ロッテ戦の、野球観戦に行って来ました。

試合前にも、スタジアム周辺ではいろいろなイベントが盛りだくさん。
ベイスターズのオーナーがTBSだったころはなかったことです。
おかげで、球場の周りは人でごった返し、すごい熱気。

DeNAにベイスターズが買収されるのが決まった時は、どうせ
会社の名前を売り込むのだけが目的で、球団経営はおざなりだろう、
と思っていましたが、結構、企業努力をしているようです。

この写真は、ストラックアウトというゲーム。5回ボールを投げて
穴の中に、何回だか忘れましたが、入ったら素敵な商品がもらえる、
というものです。



息子も挑戦しましたが、残念ながら、商品はなし。

こちらは「ぶらんこブランコ」というもの。



今シーズン、中日からベイスターズに移籍し、現在本塁打21本と
トップを独走中の、ブランコ選手にちなんで作られた、記念写真
撮影用の施設です。無料ですし、せっかくだから、四人で撮影。

息子は、北海道日本ハムファイターズの熱烈なファンで、もちろん
ファンクラブにも入っているのですが、生粋の「ハマっ子」である
上に、私たち夫婦がベイファンなので「セリーグは、DeNAを応援
する」ということでベイスターズのファンクラブにも入っています。

子供のファンクラブ会員の特典ということで、特別なイベントに
参加することができるのですが、昨日は、抽選で「親子キャッチ
ボール」というのに当選していました。

普段選手が駆け回っているフィールドで、キャッチボールができる
というものです。今回30組ぐらいの親子が当選していたのですが、
私と息子も、そういうわけで、グラウンド内でキャッチボール。

集合時間が迫って、慌てていたうえに、緊張して(?)カメラを
持って降りるのを忘れてしまいました。代わりに副店長が観客席
から私たちを写してくれました。

写真の一番左上で、ボールを投げようとして一本足で立っている
のが息子。右側の父親の集団の中で、下から二番目、白っぽい
長そでを着ているのが私です。ちょっと、わかりませんかね……。



試合開始前、わずか5分ほどの間でしたが、結構楽しかったです。
特に息子は、物心ついてから、プロ野球をやる球場のフィールドに
立ったのは初めてだったので「人工芝ってこんな風だったんだ」と
言って、すごく喜んでいました。

しかし……その後観戦した試合は、ベイスターズはほとんど見せ場
もなく、ダブルプレーを4〜5回も繰り返すというていたらくで、
1−4で敗戦。

実は我が息子、プロ野球観戦にはもう10回近く来ているのですが、
自分の応援しているチームが勝ったことが、まだ1回もないのです。

ゲームセットの瞬間、「たまには勝ちゲームをみせてくれよー!」と、
悲痛な叫びを上げていた息子。「野球観戦運」というのがもしあると
すれば、息子はその点で、よほどついていないんでしょうね。

でも、基本的にポジティブ思考な息子。「まあ、今日はグラウンドで
キャッチボールできたから、良い思い出になった」と言って、すぐに
立ち直ってはいましたけれど……。

次は来月、副店長と神宮球場へ出かけて、ヤクルト―日本ハム戦を
見に行く予定をしている息子。今度こそ、日ハムが勝ってくれる
ことを、親としても願わずにはいられません。

風薫る中を

May 04 [Sat], 2013, 21:22


みどりの日の今日は、例年通り調布市にある深大寺と神代植物園に
行って来ました。メンバーは、うちの家族三人と、日吉の両親、
綱島のばあばの六人です。

今日は神代植物園が無料の日なので、人出がいっぱい。それでも
深大寺の境内は、いつもながら武蔵野の雰囲気を残して、良い風情
でした。



関東最古の仏像ともいわれる白鳳時代の釈迦如来像は、今日は鞘堂
の中に入って見学できました。



それから、お寺の前にある「嶋田屋」で深大寺そばを食べて、
神代植物園へ。

広大なバラ園は少し時期が早いようでしたが、きれいに咲いている
ものもありました。



藤棚は、ちょうど見ごろで、すばらしかったです。



大輪のしゃくやくの花も、見ごろでした。



こちらはしゃくなげの散歩道の中で。



これは、大温室の中にあるバナナの実。生食用と料理用のバナナが
ありますが、これがどちらかはわかりません。いずれにしても、
生食用は、食べられるようにするためには、むろの中に入れて熟成
させなければなりません。



こちらは、カカオの実。言わずと知れた、チョコレートや
ココアの原料ですね



でも西アフリカの諸国では、身売りや誘拐によって農園に連れて
こられて、劣悪な労働条件、時には全くの奴隷状態でこの実を
栽培させられている子供たちが大勢いて、あの甘い味の中にも、
そうした子供の涙が沁みこんでいることを思うと、何とも複雑な
気持ちになります。

球根ベゴニアの花も、いつもながら見事な色彩で、圧倒されます。



こちらも球根ベゴニア。



こうした花はやはり温室がないとちゃんと育たないので、植物園
ならではの楽しみです。

風薫る季節、新緑と色とりどりの花々に囲まれて、いやなことや、
心配なこと、世の中の憂いをしばし忘れて、気持ちの良い一日を
過ごすことができました。
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像もうふ
» 最近食べたもの (2019年12月06日)
アイコン画像aki*keigo
» 九州の美味しいもの (2019年12月06日)
アイコン画像aki*keigo
» 最近食べたもの (2019年12月06日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 九州の美味しいもの (2019年12月04日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 九州の美味しいもの (2019年12月04日)
アイコン画像aki*keigo
» 九州の美味しいもの (2019年12月04日)
アイコン画像北の熊子
» 九州の美味しいもの (2019年12月03日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月03日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月03日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月03日)
Yapme!一覧
読者になる