6年間、ありがとう。

March 31 [Mon], 2008, 19:58


この写真、6年間、店長が平日夕方に、毎日毎日眺めてきた風景です。
そしてこの景色を見るのも、多分、今日が最後です。

息子の、保育園への最終登園日。数日前、「ずっと保育園に行きたいな」と
ポツリともらしていた息子。気持ちは、よくわかります。

今日の「(時間)延長保育」で最後まで園に残っていたのは、偶然にも、卒園
したばかりの「ぞう組」の仲間、三人でした。先生もデジカメを持ってきていて、
みんなでお別れの記念撮影をしました。

「ぞう組」担任の先生3人が、連絡ノートに書いてくれた、コメント・・・・

「毎朝、COOくんのお話を楽しみにしていたのに、今日で最後なのはとても
寂しいです。COOちゃんは優しいから、(小学校でも)きっとすぐにお友達が
できるでしょうね。また会える日を楽しみにしています」

「ものしりで、考えたり調べたりするのが大好きなCOOくん、小学校での生活
が楽しみですね!大きくなったら、古生物学者の夢、かなうといいですね。
遠くからですが、応援しています」

「(今朝も)東京タワーの上をヘリコプターで・・と教えてくれました。とーっても
目をキラキラさせて。いつまでも、COOくんの空がキラキラと輝いている
ことを願います。またね!」

延長当番だった先生の中に、担任の先生のひとりもいらっしゃいました。
卒園式でもらった、蚕の繭で作った、小鳥の鈴飾りのことを話題にして、
「時々、チリンて鳴らして、保育園のこと思い出してね、そしたらきっと、
先生もCOOちゃんのこと思い出すと思うから・・・・」
と、涙ながらにおっしゃいました。

それに対して、息子、
「そうだね、心のお手紙だね!」・・・・・・

そんなやり取りを聞いていると、さすがに、目頭が熱くなりました。
でも、涙は出ませんでした。

子供たちがあくまでも明るく、「また遊びに来るね!」と言って、淡々と
していたせいかもしれません。
でも、この後、じわじわと寂しさがこみあげて来るような気もします。

6年間、本当にお世話になりました。
振り返ると、うちの息子は半分以上、保育園に育ててもらったような
気がします。おかげで、明るく優しく、素直な子供に育ったと思います。
本当に本当に、ありがとうございました。

桜とヘリコプター

March 30 [Sun], 2008, 0:30


今日は、家族3人と、日吉の祖父母の5人で、ヘリコプターに乗りました。
浦安のヘリポートから出発して、東京の都心部をぐるりと一周してくる
ツアーでした。
料金は、5人の搭乗料が5万円で、貸切料金1万円加算の、計6万円。
所要時間は、15分ほど。・・・・もちろん、自腹じゃありませんよ。

実は、日吉のおじいちゃん(店長の父)が、ゴルフコンペで獲得してきた、
賞品なのです。全盛期はシングルプレーヤーだった日吉のおじいちゃんの
ゴルフの腕に感謝、というところです。
74歳にして、いまだに仕事は現役、ゴルフをすれば、ヘリツアーなんていう
豪華賞品を取って来てしまうのですから、我が親ながら、元気だと思います。

ツアーは6時45分に出発の、ナイトクルージングだったので、搭乗時間が
くるまで、ヘリポートからそれほど遠くない、葛西臨海公園へ行って、お花見を
してきました。



私たちの地元の横浜では、ソメイヨシノがちょうど満開だったのですが、
葛西臨海公園の桜並木は、まだ8分咲き、というところでした。



お花見をして、公園内のミニトレインに乗って遊んだりして、それから
ヘリポートに向かい、現地に着いたのは搭乗1時間ぐらい前でした。

ヘリに乗る前にいろいろ注意することのレクチャーをされるのですが、
基本的に手荷物はすべて持ち込み禁止で、ロッカーに預けることに
なっていました。カメラ(デジカメを含む)まで持ち込み禁止だったのは、
ちょっと意外でした。ビデオカメラだけは持ち込んでも良いのですが、
スチール写真モードでの撮影は禁止でした。ストロボの光がいけない
のでしょうか・・・。
なので、機内からの景色をここにアップできないのが残念です。

今日は晴れていて、その上大気も安定していたので、眺望はとにかく
すばらしく、機体もほとんど揺れませんでした。
やっぱり、普通のジェット旅客機よりは、浮遊感と言うか、「空を飛んで
いる」というダイレクトな感覚が強かったですね。

それと、飛行機の場合は、急加速して「さあ上がるぞ!」と気合を入れる
ような感じですが、ヘリの場合は、いつの間にかふわっと上昇していた、
という印象でした。着陸の時も、旅客機は、多少なりとも着地の衝撃が
あり、エンジンの逆噴射による急減速で、Gがかかるものですが、ヘリの
場合はそれもなく、いつの間にか着いてしまっていた。という感じでした。

東京の夜景はさすがに美しく、地上は、まさに宝石をちりばめたよう。
旅客機より速度が遅く、飛行高度も低いので、東京タワーやお台場などの
名所がじっくり眺められて、かなり面白かったのは確かです。
ただ、15分は、やっぱりあっという間。贅沢なデートや、大事なお客さん
などの接待なんかには、とっても良いのでしょうけれど・・・・。
てことは、店長なんかの立場では、もう二度と乗れないかも、ですね。

とにかく、良い体験をさせてもらいました。日吉の父に感謝、です。また
ゴルフの腕を磨いて、良い賞品ゲットしてください、って感じです。

卒園おめでとう

March 26 [Wed], 2008, 0:25


今日は、息子COOの、保育園の卒園式でした。
真新しいスーツやブレザー、ドレスに身を包んだ子供たちは、いつもより確実に、
お兄さんお姉さんぽく、なんだかまぶしく目に映りました。

生後6ヶ月で、保育園に入園した息子。入園説明会のときは、まだお座りをする
こともろくにできないくらいの、ちっちゃな赤ちゃんでした。

それから6年。雨の日も風の日も、雪の日も、毎日息子を送り迎えしてきました。
「ほいくえんいきたくな〜い!」と言って泣かれて、それでも連れて行かなければ
ならなかった日は、本当につらく、また息子がかわいそうで、涙が出そうになり
ました。

保育園でけがをして、先生に病院に連れて行ってもらったこともありました。
「COOちゃんがけがをした」と電話を受けて、病院に来るように言われ、急いで
待合室に入っていったら、息子は先に来て、先生に抱っこされていました。
それまで気丈に泣くのを我慢していたのに、私の顔を見たとたん、安心したのか
泣き出してしまった息子。そのときの彼の顔も、忘れられません。

保育園からの帰り道、自転車の後ろに乗った息子に「パパ、いつもお迎え来て
くれてありがと。COOちゃん、パパだーいすき」と言われたときにも、思わず
ホロリと来てしまいました。

そんなこんなで、今日は絶対泣いてしまうな、と思っていたのですが・・・・
いざその場に臨んでみると、ビデオだデジカメだと、記録するのに忙しかった
せいか、そこまでの感情はこみ上げてきませんでした。

実は、今日で卒園になった息子ですが、この保育園では、3月いっぱいは、
OBとして、通園しても良いことになっているため、まだあと4日、通園する日が
残っているのです。そのせいもあるかもしれませんね。
本当に最後の通園になる3月31日の夕方、お迎えに行くときは、どんな感慨が
あるのでしょうか・・・・。

卒園証書の授与では、自分の希望で、副店長と花道を歩いた息子。園長先生
からいただいた証書を、彼は「ママ、保育参加来てくれてありがとう」と言って
母親に渡しました。副店長は、「ママの帰りがいつも遅いのに、パパと一緒に
毎日がんばってくれて、ありがとう」と答えて受け取りました。
当然、副店長は涙ボロボロでした。こちらは予想通り。

そうして、無事に式が終わったところで、息子は「婚約者」のKちゃんと、
ツーショットで写真を撮りました。



おいおい、何だその右手は!ここまで堂々とラブラブぶりを見せ付けられると、
こっちが恥ずかしくなってしまいます。まったく、しょうがない「ませガキ」ですね。
でも、そのKちゃんとも、卒園すると小学校が別れてしまいます。このぐらいは
大目に見てあげるとしましょう。

卒園式の後は、先生方との茶話会、その後、子供と親たちでの昼食会が
ありました。最後の昼食会では、おめかし衣装を着替えたせいで、わるガキッズ
どもは、いつもの本領を発揮、大暴れでした。

全ての行事が終わり、家に帰ってから、家族で今日のビデオを見ました。
22人の「ぞう組さん」全員がそろうことは、もうないのだな、と思うと、じわりと
寂しさがこみ上げてきました。

卒園式のお土産は、春から夏にかけて、子供たち全員で一生懸命育てた、
お蚕さんの繭から作ったコサージュ(卒園式で着けたものです)と、



同じく、蚕の繭を開いて、中に鈴を入れた小さな鳥のお人形でした。



都市部にある保育園としては、異例なくらい広々としたスペースが
あった息子の保育園。
養蚕以外にも、「園内農園」で、いろんな野菜やお米作りまでしたりと、
都会の普通の環境では考えられないような、貴重な体験を、お友達
みんなで共有してきました。

ほかにも、沖縄の踊り「エイサー」を覚えて、みんなで心を合わせて
踊ったり、「いろはかるた」を覚えて、かるた大会をしたり、お芝居を
したり、お茶会を開いたり・・・・。

また、そうしていろんなことを教えてくれた、たくさんの、すばらしい
先生方と出会えたことも、息子にとって幸せなことでした。

保育園で経験したすべてのことは、息子の心の土台になって、これからの
人生の折々で、懐かしく思い出されることでしょう。

いずれにしても、この6年間でいちばんがんばったのは、やっぱり、毎日
夜暗くなるまで保育園に残って、親を待っていてくれた息子です。

あんなに頼りなかった赤ちゃんの息子が、本当に、大きく、たくましく、そして
まっすぐに育ってくれました。親としてこれにまさる喜びはありません。

卒園おめでとう。そしてこれからも、よろしくね!

めぐり来る季節

March 23 [Sun], 2008, 0:54


今日は、東京都心で、桜(ソメイヨシノ)の開花宣言が出たようです。
私たちの住んでいる横浜でも、今日、桜の花が開きました。
写真は、綱島公園の桜です。
まだ開いていないつぼみも、もう大分ふくらんで、明日にも開きそう。
今年も、桜の季節がやってきました。
先日亡くなった「綱島のじいじ」にも、この桜を見せてあげたかったです。

年年歳歳、花相似たり、歳歳年年、人同じからず・・・・・・・
人の世の移り変わりとは別に、確実に季節はめぐってきます。

桜だけでなく、目を足元に転じると、野花を見つけることもできます。

青い小花の、オオイヌノフグリ(天人からくさ)、



それから、ホトケノザ、



それに、黄色い五弁の花びらがかわいらしい、かたばみ・・・・。
どれも、店長と副店長が大好きな、可憐な花ばかり。
思わず、その場にしゃがみこんで見とれてしまいます。

花をめでて季節を感じた後は、家族三人で、カトリック中原教会に行き、
復活祭(イースター、イタリア語ではパスクァ)のミサに出てきました。
正確には、日曜日が復活祭当日なので、「復活徹夜祭」というものです
(本当に徹夜するわけではなく、2時間程度の典礼ですが)。
去年の「復活徹夜祭」は、4月7日。今年より大分遅かったので、
桜はほとんど葉桜になっていましたが、まだいくらか残っていました。
そして、その日に、息子が洗礼を受けたのでした。

あれから約一年。今年もやってきた、桜の季節。本当に、月日の経つ
のは早いものです。

来年、まためぐってくる、春の花の季節。家族・親族一同が、皆健康で、
無事にその季節を迎えられますように・・・。心から、そう思います。

※「綱島のじいじ」とのお別れについて、副店長が、姉妹ブログ
「CHIEの部屋」に書き込みました。右上の「リンク集」から行けます。
ぜひ、ご一読いただきたいと思います。名文です。

じいじとのお別れ

March 12 [Wed], 2008, 11:48
かねてから、入院して療養中だった副店長のお父さん(我が家では
「綱島のじいじ」と呼んでいました)が、3月8日、亡くなりました。

容態が良くないとは聞いていたので、お別れがもう、そう遠い先では
ないと覚悟はしていましたが、8日当日は、単なるお見舞いのつもりで
病院を訪れた中での、突然のことでした。

ただ、この日は、じいじの二人の娘、それぞれの家族も全員集まって
いて、その上、店長の両親もお見舞いに訪れていたので、たくさんの
人に看取られながらの最期でした。さびしがり屋のじいじでしたので、
大勢が集まっている中でのお別れは、じいじが望んでいたことかも
しれないな・・・とも思います。

副店長は、通夜、葬儀の準備から、会葬者の方々へのご挨拶まで、
立派につとめました。泣き虫の副店長としては、本当に、気丈に
よくがんばったと思います。じいじも喜んでいることでしょう。

じいじとは、一応のお別れの形になりますが、人の死は、すべての
終わりでも、「無」でもないと店長は確信しています。

カトリックのミサの典礼文のなかでも、「すべての死者を心に留め、
あなたの光の中に受け入れてください」という祈りが出てきます。
ここで重要なのは、キリスト教の信者だけでなく、「すべての死者」と
言っているところです。
全ての死者は、「ひとつの光」のなかに迎えられ、そこに入って行く・・。
この文言、店長がとても好きなところでもあります。
またこれは、宗教・宗派を超えた、真実だという思いがあります。

ですから、姿は見えなくなっても、声は聞こえなくても、じいじはきっと、
家族みんなのことを、これから見守ってくれていることでしょう。
そしてかならず、またじいじに会える時がくるでしょう。
その日まで、残された私たちは、精一杯自分の「生」をまっとうしたいと
思います。

キャラ弁

March 05 [Wed], 2008, 11:21


今日は息子の保育園の、お別れ遠足。
副店長が、朝5時半起きで、ポケモンの「キャラ弁」(キャラクター弁当)を
作りました。
卵焼きと海苔、ハム、チーズで作った「ピカチュー」のお顔と、うずらの卵と
プチトマトで作った、2個の「モンスターボール」が決め手ですね。
鶏の唐揚げも、からっとおいしそうに揚がっています。
副店長としては、実力100%発揮!の力作だと思います

朝早い時間は、曇り空で雨が心配だったのですが、昼がちかくなるにつれ、
お日様が顔をのぞかせてきました。よかった。

まさに、母の真心がこもったキャラ弁、やっぱり「婚約者」Kちゃんと一緒に
食べるのかなあ・・・。

ちなみに、バレンタインデーにKちゃんがくれた「本命チョコ」は、手作り
だったそうです。今時の保育園児は、「彼」にチョコを手作りしちゃうん
ですね。びっくり。
それに対して、息子がホワイトデーを待たずに渡した「お返し」は、TDLに
行ったとき買った「指輪」でした。

保育園の先生が何かの折に、「みんなが持ってる物の中で、何が一番の
宝物かな?」と訊いたとき、Kちゃん、「COOちゃんにもらった指輪!」と
答えていたそうです。いやー、ラブラブですねー。保育園生活が、あと
残すところ一ヶ月もないなんて、ほんと残念です。

結構なお点前

March 04 [Tue], 2008, 14:01


昨日はひな祭り。女のお子さんのいらっしゃる家庭では、それぞれ楽しく
お祝いされたことと思います。
息子の通っている保育園では、去年に引き続き、ひな祭りの日に
「お茶会」が開かれました。
最年長の「ぞう組さん」が、年下の子達に、お抹茶とお菓子をふるまう
行事です。我が家の息子も、園長先生のご指導のもと、簡単なお作法を
おぼえて、お点前を披露しました



お菓子をすすめるのも、お茶をすすめるのも、神妙に、でも意外とスムーズに
できていました。普段も、このぐらいピシッとお行儀良くしてくれると、
かっこいいのですけれど・・・。大体、家では正座することさえめったにない
ですから。あんなにきちっと正座できるんだ、と変なところに感心しました。

昨年着任された園長先生が、どこの保育園でもこの行事をやっていらっしゃる
ようです。結構良さそうな器をたくさん持ってきてくださって、それを子供たちが
使ってお茶会をするのですが、今まで器が壊れたりしたことは、一度もない
そうです。

最後に、「ぞう組」さんもお菓子とお抹茶をいただきました。息子の感想は、
「お茶がまずかったけど、我慢して飲んだ」とのこと。まあ、そうでしょうね(笑)。
でも、きちんとした日本の伝統文化に触れる貴重な機会ですし、また、
こうした緊張感のある、静かな時間を持つこと自体が、今の子供たちには
意外にないことなので、良い経験になったと思います。
園長先生、ありがとうございました。

確かな春

March 03 [Mon], 2008, 12:46


週末は、東横線沿線の、大倉山にある梅林に、観梅に行ってきました。
八部咲きといったところでしょうか。
お天気も良くて、梅の香に包まれてのそぞろ歩きがとても気持ち良かったです。



でも、うちの坊主は、やっぱり「花より団子」ならぬ、「花より動物」。
池につながる小さな流れにいた、かえるを捕まえて、満足げな様子。
キャッチアンドリリースでしたけれど。



冬眠から覚めたかえるは、もうたくさんいました。というよりその辺にうじゃうじゃ。
爬虫類と両生類が苦手な副店長には、試練の時間です。

でも、かえるの世界でも、目覚めた途端に、厳しい生存競争が待っています。
あっちでもこっちでも、メスをめぐって、オスがえるたちの激しいバトルが
繰り広げられていました。なかにはモテすぎちゃっているメスがえるもいて、
1匹のメスに5〜6匹のオスが群がり、こ〜んなだんご状態になっちゃってる
ところもありました。写真がわかりづらいかと思いますが・・・



かえるも楽じゃないですね。
ともあれ、吹く風はまだ冷たい日があっても、もう確実に、春がやってきたのだな
と実感した一日でした。
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像aki*keigo
» 苦しいところ (2019年12月10日)
アイコン画像けーこ
» 苦しいところ (2019年12月10日)
アイコン画像もうふ
» 苦しいところ (2019年12月10日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月09日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月09日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月09日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月09日)
アイコン画像ともつま
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月08日)
アイコン画像けーこ
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月08日)
アイコン画像aki*keigo
» 焼いた白菜がおいしい (2019年12月08日)
Yapme!一覧
読者になる