待降節2014

November 30 [Sun], 2014, 16:36


今日は、教会でいう「待降節」の始まりの日でした。キリストの降誕を待つ期間の始め、ということです。例年通り、我が家も今日、クリスマスの飾りつけをしました。上の写真は、いつもながらささやかな、我が家の「プレゼーピオ」です。プレゼーピオというのは、イエス様の誕生の場面を表した人形とジオラマのことを言います。イタリアなどの国では、ツリーよりもメジャーなクリスマスの飾りです。

菊名カトリック教会で行われた「待降節第一主日」のミサにも参加してきました。教会でも、今日、プレゼーピオとクリスマスリースを飾りつけました。こちらが、教会のリース。



緑の輪は、終わりなきもの、つまり神が永遠であることの象徴です。ろうそくが4本立っていますが、待降節の期間中にやってくる4回の日曜日(主日)ごとに、一本ずつ火をつけて行きます。今日は一本目のろうそくに火がともされたのですが、ミサ後に写真を撮ろうとしたら、今日の侍者当番の子に、さっさと消されてしまいました(涙)。

教会のプレゼーピオはとても立派なものなのですが、飾り付けをするのは、例年教会の「中高生会」のメンバーです。今年からうちの息子も仲間入りしたので、ミサ後に残って飾りつけしていました。

家に帰ってからは、クリスマスツリーの飾りつけ。結構気持ちの優しい息子は「ばあばが寂しがっているといけないから」と言って、教会から綱島に直行したので、今年のツリーの飾りつけは、私と副店長でしました。こんな感じ。



いかがでしょう?

玄関にも、リースの飾りを出しました。



いよいよクリスマスも近くなってきたな、という実感が湧いてきました。

去年も書いたかと思いますが、クリスマスイブの夜に教会で行われるミサは、みんなでクリスマスキャロルを歌ったりと、いつもより楽しく温かい雰囲気です。少なくともカトリック教会では、クリスマスにいらした信者でない方に、入信を勧めるなどということはしないので、面倒くさくはないですよ。クリスチャンでない方も、ぜひ一度、経験されてはいかがでしょうか? きっと、良い思い出になることと思います。

我が家も家族三人、全員元気で今年のクリスマスを迎え、降誕祭のミサにも与かれるよう、祈りたいと思います。
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像シャウロン
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像*mami*
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
Yapme!一覧
読者になる