イタリアの米どころ

February 18 [Sat], 2006, 15:25
トリノ=ピエモンテ州の「3大おいしいもの」ということでご紹介してきましたが、先日ご来店いただいた「えちゅこ」さんのコメントで、たいへん大事なものを忘れていたことに気がつきました。店長おすすめの「グルメ天国トリノ=ピエモンテ州」の名物を、謹んで「4大おいしいもの」に訂正させて頂きます。忘れていた大事なものとは、「お米」です。米料理のリゾットは、今やたいていの人が一度は食べたことのある、イタリア料理の定番のひとつになりました。その国に有名な米料理があるということは、当然、稲作の盛んな地域があるということ。じつは、トリノのあるピエモンテ州は、イタリア国内でダントツの「米どころ」なんです。

列車でミラノからトリノへ向かう人は、途中のヴェルチェッリという駅の手前あたりから、車窓風景に、どこか懐かしいものを感じ始めるでしょう。冬の今頃だとわかりにくいかもしれませんが、よーく見てください。それは、日本の代表的な田舎の風景と同じ、広々とした水田地帯です(写真)。初夏から夏にかけては、車窓を開けると(一部窓の開かない列車もありますけど)、青々とした田んぼのにおいが車内に流れ込んできます。秋には、たわわに実った金色の穂波が、風にそよいでいます。私の場合、このあたりを通りかかると毎回、母親の実家がある東北地方の水田風景を思い出します。その風景を「懐かしい」と感じるのは、私たち日本人の、多くの人の「心のDNA」に刷り込まれた「ふるさと」のイメージに重なるからなのでしょう。

年配の映画ファンの方ならば、出稼ぎの田植え農婦たちの人間模様を描いた、イタリア映画「にがい米」(1949年・ジュゼッペ・デ・サンティス監督・シルヴァーナ・マンガノ主演)を思い出されるかもしれません。映画に出てくる手作業での田植え風景は、昔の日本のそれと驚くほど似ています。これらの屋外シーンの大部分は、ヴェルチェッリに近い、ピエモンテの水田でロケされたものだと言われています。
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像シャウロン
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像*mami*
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
Yapme!一覧
読者になる