一気に来てる

November 12 [Tue], 2019, 22:53
金曜日に、また「上級国民様」グループ向けの講座があるうえに、会社の買収に関わる仲介の案件があり、その上にまた来春出す予定の本の原稿もたまっていて……

いろんな仕事の正念場が一気に来ている感じです。

ですので、仕事のメールのやり取り以外はネットを見ている時間もなく。

ブログもたぶん金曜日が終わるまで書けません。

皆さんのブログに遊びに行く時間もなかなか取れないかも。

でも、死んだわけでも具合が悪いわけでもありません。

どうかご心配なく。笑笑

時間が出来たらまた、皆さんのところへ伺います。

どうかお見限りのないよう、お願いします。

地上波で再放送

October 30 [Wed], 2019, 19:40


NHKBSプレミアムで放送された 『美の壺』至福の一杯 コーヒー ですが、再放送が決まりました。

残念ながら私の姿はカットされて写りませんが……

一生懸命協力して作った番組なので、見逃した方、よろしければご覧いただければと覆います。

放送予定はこちらです。

11月8日(日) NHKEテレ 23:00〜23:29→誤
12月8日(日) NHKEテレ 23:00〜23:29→正

12月12日(木)NHKEテレ 11:00〜11:29

以上、2回です。

よろしくお願い致します。

※一回目の日にちが間違えていました!

なんとかなった

October 19 [Sat], 2019, 1:06
各界エリートさまたちの私的勉強会の講師、第一回目はなんとか無事にやり遂げることが出来ました。

直前までいろいろ緊張したりナーバスになったりもしたのですが、割と追いつめられると開き直ってパフォーマンスが高まるところがあるので、講義の最中はリラックスできていた気がします。

最初なので、受講者の自己紹介があったりして、かなり時間が押したために早口になってしまったりと、いくつか反省点はありましたけど。

それに、なんといってもテキストが、ダンテ・アリギエーリの『神曲』という、超難解とされながらも、実はとても面白い作品だったので。

隠喩や寓意、ダブルミーニングといったレトリックの魔術が複雑に駆使されているのですけれど、それが読み解くことさえできればこんなに面白い本はないです。

背景になっている、ヨーロッパの中世史についての知識は最低限必要ですが、それも要領よく説明できれば大丈夫だし。

なんてったって、韻を踏んでいる各行の最後の単語を抜き出して並べると、全然違う文章が浮かび上がってくる仕掛けとか、もうダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』とか『インフェルノ』とか、目じゃないぐらいのスペクタクルです。

しかも、作者のダンテが生きたのは99%の人が字が読めなかった時代。

そういう人も、朗読を聞いて楽しめることを前提に作られているので、声に出して読むと音楽のように美しいという。

たしかに、言葉もラテン語でこそないですが、古語のトスカーナことばなので現代文とはかなり違うし、難解ではありますけど、伊達に700年間も読み継がれ、多くの人から称賛を受けてきたわけではないです。

キリスト教の文化と、前キリスト教時代、古代ギリシャ・ローマの文化、さらにもっと古い、4千年以上前の地中海文明の痕跡、すべてが混然一体となって一つの文学作品に仕上げられているというのは、すごいこと。

これを理解できれば、西洋文明が理解できる。逆にこれをはずして、本当に西洋文明の理解はできないというぐらいの本だと思います。

つい先日「和魂洋才」の話を書いたと思いますけれど、「魂」の入っていない「才」はやっぱり駄目なんですよ。

それが科学技術なら、裏打ちする倫理が抜け落ちた科学技術は、フランケンシュタインの例をとるまでもなく、危険なものになります。

それが政治や社会のシステムなら、規範がない政治や社会は、絶対にうまく機能しないし、必ず逸脱して自滅するでしょう。

経団連のお偉いさんや文科省の官僚たちが実学ばかり重視して、人文系の学問を軽視し、「文学部不要論」が大手を振ってまかり通るような世の中では、早晩日本社会は崩壊します。

そういう世の中に少しでもくさびを打ち込めるなら、こうした「上級国民さま」たちに『神曲』を講義することには、かなり大きな意義があると思います。

まだ間に合うかどうか、わかりませんが……




ところで息子は、午後に車でお医者に連れて行きました。

仕事から帰ってきて様子を見たら、薬を飲んで熱も下がり、少し元気も出て来たようです。

風呂は入らなかったですが、一応夜ご飯も食べられました。

体が「無理をし過ぎだから休め」とサインを出したんでしょう。

まだ明日にならないと、どれだけよくなっているかわからないですけれど、もう一日二日は、受験勉強もほどほどにして、ゆっくり休んでほしいです。

早く良くなりますように。

なんだか不安

October 18 [Fri], 2019, 11:51
いわゆる「上級国民」(?)の方々に、とある西洋の古典文学をご進講する仕事があって、昨夜は3時半まで準備。

今朝も普通に7時半には起きて残りの準備。

そして夕方から講義。

これが第一回目なので、どうなることか正直不安です。

西洋の文化文明を本当に理解するためには必須の、とても重要な作品ですが、欧米の学生さんを何百年も苦しめてきた超難解な作品でもあるので、当然自分も苦しみます。

難しいものを、わかりやすく、短い時間で解説するというのがいちばん難しいんですよね。

しかも聴講生の方には、内閣官房なんとかかんとか、というような怖い肩書の方も散見されるので。

私は「監視」されるほどの重要人物ではないですが、政権に好意的な人ではないので、そういう肩書にはなんとなくビビります。

それに加えて、朝起きたら息子が熱を出していて。

学校を休んで寝ているのですが、ほとんど具合悪くなることなんかない息子なので、こういうのは心配。

やっぱり勉強疲れとストレスが溜まり過ぎてるんでしょうね。

熱が下がらないばかりか、上がってきているので、午後医者に連れて行きます。

帰ったら、もうすぐに出かけないといけない時間だけど。

なんだかいろいろ、不安です。

今日一日、無事に過ごせますように。

テレビ収録その2

September 06 [Fri], 2019, 22:33
今日は朝から、テレビ番組収録の後半。




ファブの自宅での撮影でした。




一応全部終わったので、番組名を公表しますね。

NHKのBSプレミアムで毎週金曜日の午後7:30から放送している『美の壺』です。

再放送も土曜日の午前6:30からやってます。

テーマは……まだ発表できないみたいです。

放送日は、当初11月ということだったのですが、もしかしたら10月になるかもしれません。

それにしても、また今回も5分ほどのVに4時間かけての撮影。神経使って疲れちゃいました。

ただ私の出た部分は、経験上、カットされるんじゃないかという風に予想してます。

ファブだけが映るんじゃないかな。

ギャラは折半になりますけどね。

まあ、コーディネート&通訳料ということで。

でも、がっつり製作には関わっているので、ぜひ見ていただきたいです。情報が解禁されたらまた発表します。

楽しみにしていてくださいね。

ちょっとやり過ぎ?

August 25 [Sun], 2019, 0:16
今日はテレビ番組の収録がありました。今回はNHK。



テレビの仕事はこれが5回目。イタリアのテレビ局の日本取材のコーディネートも含めると6回目ですね。

とはいえ、二十数年の間にだから、めったにないことではあります。全く別の業界。

クルーはカメラマン、音声さん、照明さん、ディレクター、その助手で計5人。私が勤める語学学校まで撮影に来てくれました。

私が中心ではなく相方のファブの撮影がメインです。

朝の9時半から3時半まで、6時間びっちり撮影。

お昼なんて食べられないです。でも、スタッフの人たちも食べずにがっつり仕事しているので、こちらだけお腹空いたとかなんとか言っていられる状況ではなく。

しかも、まだこれで終わりではなくて、ようやく半分撮り終わったところ、という感じでしょうか。

もう一日、収録日が取ってあります。

イタリアのテレビクルーと仕事したときもそうでしたけど、テレビ屋さんは本当に良く働きます。ただ一方で、約束した以上のことを平気でやらせて来る……

油断していると、限りなく譲歩させられるから気を付けないといけないです。

それから、映像というのは先方の思ったように切り取って使えるから、思ってもみなかった意味のことを、自分が言っているように見えてしまったり。

反対に、彼らが期待したシナリオと違う内容だと、現場ではニコニコとカメラを回していても、すべてカットされちゃったりもします。

みなさんも、テレビ屋さんを相手にするときは十分にご注意を。

それにしても、たった5分程度のVTRを撮るのに、5人がかりで来て6時間もかけるなんて……

その背景に、4Kなど技術の向上で放送できる画像の解像度が上がり、よりきれいな映像が実現できるようになった、逆に言えば、それだけ精緻な撮影が要求されるようになったということがあるでしょう。

たとえば、コーヒーのカップから上がる湯気の様子やその量、カップの中の泡の出方まで気にしながら撮影することになるという。

それにしても、この時間とお金と人数のかけ方は、民放ではありえない、許されないやり方だと思います。

そもそも打ち合わせからして、一人のスタッフが来れば済むところを、三人でやって来るし。

すべてがNHKならでは……でも個人的には、ちょっとやり過ぎ、凝り過ぎじゃないかなという気がします。

そんなにお金と人と時間が余っているのなら、もっと受信料を安くしてほしいと思ってしまうのは、いけないでしょうかね……

番組はBSで放送予定なので、というかそれ以前にNHKなので全国どこでも視聴できないと、公共放送としてアカンやつになってしまいますから、どなたでも見れるはず。

次の撮影が済んで、放送日が決まったら、番組名と放送チャンネル、日時をお知らせしますね。

休みがない

July 15 [Mon], 2019, 15:07
新しい本の執筆を進めながら、とある講座の準備も進めつつ、中国への本の売り込みの話も進めつつ、とある幼児教育関係のプロジェクトやらなんやらかんやら。

やっと昨夜、というか今朝がた少し山を越したかなと思ったら、今度はテレビ番組への出演依頼の検討と対応……なかなかゆっくりできません。

結局、連休もお休みはなし……

どころか、お昼もろくに食べられず、菓子パンをソイラテで流し込みました。



それでも、今日は両親の様子を見に行くことになっているから、夕方までには始末をつけて、出かけないと。

夕ご飯は何かおいしいもの食べたいです。

とりあえずほっとした

June 22 [Sat], 2019, 1:14
先日来ずっと準備してきた、VIPの方々ご出席の日伊文化交流パーティーが、無事に終わりました。

ゼネコンや銀行の経営陣、霞が関や内閣官房の高級官僚、JM党の大物政治家、上皇様の通訳、昭和の宰相の娘さん、元駐米大使etc...

粗相があっては困る人たちな上に、司会と、開会、閉会のスピーチまで任されていたので、緊張しましたけど、なんとか無事に終わりました。

昨日一日かけて練ったスピーチも、ご参加のみなさんに褒めていただいて、どうやらうまくできたようです

妻も心配してくれていたみたいで……話がうまいと思ったことないから、とか言ってましたけど、自分の夫がやればできる子だって、知らないのかな?笑

とりあえずほっとしました。

で、ほとんど何も食べられなかったから帰って食事して、お風呂入ったらもう1時過ぎ。

気疲れして、正直もうボロボロですけど、明日はイタリア語の授業があるから、その準備をこれからしないと……。

徹夜になるかも。

きついです。

明後日も用事があるし……ずっとお休みとってないから、たまにはゆっくり休みたい(T_T)

海外での出版

May 24 [Fri], 2019, 14:10


ファブリツィオと一緒に書いた本が、韓国で翻訳出版されました。

タイトルは『明かされる世界史 小説で読むイタリアの偉人たち』といったようなものらしいです。

ハングルが読めないから確認できないですけど。

でも、聞いてみると初版発行部数が思っていたよりも少なくて、ちょっとがっかり。

まあ、人口が日本の半分以下だから、仕方ないんですけど。

加えて、韓国の出版社から日本の版元に送金されてくる版権料から、税金だの手数料だの引かれて、そこから版元の取り分を引いて、残りをファブリツィオと私で折半すると、自分の取り分はほんのちょっと。

たいして儲からないです。

海外出版というのもいいけれど、市場が小さいとこんなものですね。

やっぱり、中国市場で売れるようにならないと駄目なんだな、とわかりました。

ただ、いま中国ではある種のイタリアブームが起きているようで。

中国の世界的な経済戦略である「一帯一路」プロジェクトに、G7で唯一イタリアが正式参加して、旧西側諸国からは「裏切り者」扱いされているのですが、その分、中国でイタリアへの関心が高まっているようなのです。

なので、イタリアに関するコンテンツを扱うのは、中国ではいまビジネスチャンスになっているらしくて。

なにしろ、14億からの人口を抱えていて、GDPは日本のほぼ3倍なのですから、その市場を狙ったビジネスは大きいものになりますよね。

なんとかこのチャンスに、中国人に訴求できるものを作って行きたいなと、ファブと話し合っているところです。

来年は、それに注力してみようかな。日本の中だけでは、もういろいろ回らなくなっているし……

疲労と寝不足

May 17 [Fri], 2019, 0:22
どんな仕事にも、繁忙期と閑散期があるのかもしれないですが……

個人的には、つい一か月前までかなりひましてたのに、ここひと月で本当にドカドカと仕事が立て込んで来てしまって、夜は書き物と調べもので朝方まで起きていることが多く。

昼間は昼間で、業務連絡や資料作り、打ち合わせでスケジュールが詰まっていて、疲労が蓄積しているし、圧倒的に睡眠不足です。

まあ、個人事業主だからお給料がなくて、仕事した分だけしかお金が入らないから、忙しいのはいい事かもなのですが、やっぱり昔ほど体力がないので、しんどいです。

なんだか、高級官僚だとか大企業のトップだとか政治家だとか、そういう人種への対応の必要も出て来て、神経が磨り減るし、着るものとか身だしなみとか気になるし。お金も出るし。

もう、690円カットとか、履き古した靴とかじゃ通用しないことが出て来てるかも。

考えてみたら、先月の18日に小倉唯ちゃんのお姉さんとお会いして占いセラピーをしてもらった翌日から、この繁忙期がどっとやってきた気がします。

すごいな、お姉さん。

やっぱり、カレースプーンを、触っただけでぐるぐる巻きにしちゃうというのは、タダモノじゃないのかも。

でも、お姉さんが何年もかけて習得したレベルに、一か月で達した唯ちゃんはさらに凄い……らしいですけど。あそこどういう一族なんだろう。

それはともかく、明後日、大学時代の仲間とバーベキューに車で行く予定があるから、この寝不足のフラフラで行くのはちょっと危ないかも。

体力と体調を明日中に建て直さないとです。

今事故なんか起こしたら、いろんな人に迷惑かけちゃいますからね。

好事魔多しともいいますから、気を付けます。
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像けーこ
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 苦しいところ (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 最近食べたもの (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月12日)
アイコン画像北の熊子
» 人が減って来た (2019年12月11日)
アイコン画像シャウロン
» 人が減って来た (2019年12月11日)
Yapme!一覧
読者になる