試乗に行ってきた

November 23 [Sat], 2019, 22:39
妻の車「ルル」がかなりヤバくなってきました。

オートマなのに、信号とか前が詰まったときに止まるとギアが勝手に抜けて「N」になるというトラブルが頻発。

上り坂だとブレーキを放すとバックしちゃう。

信号ではすぐスタートできない。

ミッション系に問題があるのは間違いないのですが、あちこちの工場で調べても原因がわからないのです。

しかも埼玉のはずれの方まで遠距離走行をしたときに、一回だけですが、フットブレーキが効かなくなるという恐ろしいことが一度あって。

そちらも原因がわからず、同じ現象が繰り返されないため手の打ちようがないという。

寿命だということで買い替えを考えていたのです。

手放してもいいのですけれど、妻の実家は横浜なのに、最寄り駅から歩いて片道30分近くかかるという場所で、そこへ週一回通うために車を使っているという事情もあり。

折から私の「メメ」の乗り心地が悪くなり、行きつけの整備工場に見せたら、リアサスペンションのオイルダンパーが老朽化で作動しなくなっていて、部品交換することになりました。

そのときに、ほとんどお友達になっている担当の人が「メメ」ほど古くない、アルファロメオの中古車が格安で出ていますよ、と情報を入れてくれました。

同じ車歴の小型国産車と変わらない値段。普通なら怪しすぎるのですけれど、そことはもう15年来のお付き合いで、会社と担当の人が信頼できるのはわかっているのですよ。

しかも車歴は10年以上たっているものの、今までほぼ故障歴がないという優良な個体。

某有名マンガ誌の編集長が前オーナーだったそうですが、忙しくて乗る暇がないということで手放した車でした。

イタリア車は当たり外れが大きくて、ダメだと本当にアホみたいなところがしょっちゅう壊れまくるのですが……

(個人的経験からするとフランス車の方がアホな壊れ方をするし、当たりの確率も低いと思いますけど)

そんな破格の値段で「当たり」がつかめるのならということで、妻が興味を持って試乗に行ってきました。



どちらにしても、息子が大学に入ったらすぐに免許を取るということで、練習用の車としては、左ハンドルでマニュアルの「メメ」はハードルが高い。

クラッチのつながり方にもクセがあって、私はもう体の一部みたいになっているので問題ないのですが、初心者だとスムーズに運転するのは難しいかも。

しかも車歴26年目で、今となっては貴重なクラシックカーの部類に入るので、こすったりぶつけたりされたら悲しいので。

かといって、妻の「ルル」にも乗せたくない。初心者だと突然ギアが抜けたら慌てちゃうかもしれないし、第一、あれでたとえば群馬とかに遠出して、ブレーキ利かなくなったら大変ですから。

どちらにしても中古車を一台買わなきゃいけないのなら、同じ値段で素敵なイタリア車の方がいいですけど……

で、妻としては、車自体は気に入ったし、BOSEのステレオシステムの音響も素晴らしくていいとのこと。

色が赤でなかったら、もしくはあと何年か車歴が若いか、どちらかなら即決しても良かったのだけれどということで、保留にしてもらってます。

私がみたところでは6:4で買いたい方に傾いている感じですが……どうなるでしょうね。




夕食は、寒いのでポトフにしました。



ファブからもらった、イタリア産の完全オーガニックのブイヨンを使って。

あったまりますね。

物を大切にできない?

June 29 [Sat], 2019, 23:14
今日は小雨が降ったりやんだりのお天気。

気温も最近にしては低かったです。

それなのに、こんなもの飲んでるという。笑



スタバの期間限定新作。

レモンヨーグルト発酵フラペチーノ。

ヨーグルト、チーズにレモンカードとレモンソースを加えて、隠し味に甘酒を使っているとか。

レモンヨーグルトのチーズケーキをイメージしているとのことですが、自分には中に入っているクラッシュしたクッキーが邪魔でした。

カスタマイズでクッキー抜きにできるということだったので、そうすればよかった。

ちなみにカロリーは469キロカロリーですって。

デブのもと!笑

なぜスタバに寄ったかというと、車検に出していた愛車「メメ」が車検上がりで受け取りに行ったからです。

前回の車検から今回までの2年間、ノートラブルで良く働いてくれました。

毎日のお買い物に出動したり、息子を連れて栃木県まで遠出したり……

ただ、車検証を改めてみて、大きな勘違いをしていたことに気づきました。初登録が平成5年(1993年)だと思い込んでいたのですが、実際は平成6年(1994年)でした。

つまり、今回の車検でちょうど車歴25年に達したというわけですね。20代のうちに乗り始めたと思っていましたけど、実際は30ちょうどで買ったものでした。

それでも、ずいぶん長いこと元気で働いてくれているのは確か。

帰ってきたら雨が降っていたので、こちらの写真は去年のものですが。



車屋さんの感想では、すごく良い状態に保たれていて、とくにエンジンの回り方は一番当たりがついた状態からほぼ変わっていないと。

この時代のイタリア車はまだ個体差がかなり大きくて、当たり外れが激しいと言われていましたが、うちのメメの場合はエンジンの回り方を含め、めちゃくちゃ当たりだったようです。

25年もさしたるトラブルなしに元気に動いてくれていることで、それは証明されてますね。

ただ、日本の法体系では、車は古くなるほど税金が高くなる仕組み。

初登録から13年経過した時点で自動車重量税はドンと上がり、さらに18年経過時点でまたドカンと上がります。

エコカーを減税するのは理にかなっていると思いますけど、ただ古いというだけで一律に税金をドカドカ上げるのは、どうも納得が行きません。

だって排ガス規制にだって適合してるわけだし、古いからって、だれに迷惑をかけてるわけでもない。

燃費だって最近のエコカーに比べれば悪いけど、それ以外の車と比較すればそんなに変わらない。

むしろ物を大事に使って、廃棄物を出さないことでエコに貢献しているとさえ思うんですけど。

結局買い替えを促して、メーカーを喜ばせるための税制なんじゃないのかと。

うちのメメも、修理代はかからないものの、とにかく税金が高くて苦しいです。

どこも悪くなくて、まだまだ普通に使えるものを無理に廃棄するよう仕向ける税制って、どうなんでしょうか。

物を長く大切に使う文化、昔は日本にもあったと思うんですけど……

世界一の食糧廃棄国にもなっちゃったし。こんな小さな島国で、あの人口が3倍以上もあるアメリカより多くのフードロスを出してるっていうのも異常でしょう。

かつては世界から称賛された「もったいない」という言葉も、もはや死語ですかね。

そういう「もったいない」ことを主導しているおっさんのエライ人に限って、日本の伝統文化を大事に、とか言ってどうでもいいことにこだわるくせに、本当の美徳には無関心。実は自分の当座の金儲けしか考えてない。

おためごかしもいいとこでしょう。

……まあ愚痴はそのくらいにして。

メメには長生きしてほしいです。できれば、あと10年、15年乗りたい。

15年も乗ったら自分も70ですから、もう運転免許自体、返納ですね。でもそれまで大切に乗りたいです。





で、今日の夜ごはんはまたトマト鍋。



ぶなじめじを入れたらおいしかったけど、妻によると豆類を入れたらおいしいんじゃないかとリクエスト。

次はひよこ豆とかミックスビーンズを入れてみます。

ルルが続投

May 26 [Sat], 2018, 1:00
妻の専用車、通称ルルが車検から戻りました。

手放すか、車検を通すか、迷った末に続投することが決まったルル。



本当の車名は、ルノー・ルーテシア(フランスではクリオと呼ばれていました)。

メインの車「メメ」と同じで、幼児のころの息子が発音できなくて「ルル」と呼んだことからこの名前になりました。

メメの車歴25年には遠く及ばないものの、うちに来て15年近くなる、こちらも十分古い車。

オートマのミッションにトラブルを抱えていて、車検のついでに見てもらったのですが、なぜかメカニックが見ると症状が出ないという、「機械あるある」のパターンで。あれ、何なんでしょうかね

それでも、まだまだ使えることは使えます。税金だなんだとお金を食いますが、妻が納得するまでは……。




その後、息子の定期試験も終わったということで、久しぶりに実家に顔を出しました。

少し話した後、かさばる物、重い物を買って運んであげるため車を出して、そのまま食事へ。月末の土曜日のせいか、回転ずしも焼肉屋もみんないっぱいで、結局また日吉の「テルメ」に入りました。

スモークサーモン。



サラダ。



さつまいものゴルゴンゾーラチーズ和え。



溶岩石の上で焼いたステーキ200g。



薬味はこちら。岩塩、しょうゆ、わさび、からし。



しょうゆに、わさびをちょっとつけて食べるのがいちばん美味しかったような感じです。

セットのパン三種。



レーズンの入った黒パンが一番美味しかった。

食事を終えて駐車場に来ると、停めてあったメメの隣に、さらに古いアルファロメオの「75」という車が停まっていました。



何度か全塗装し直しているらしく、白くてピカピカですが、車歴30年近くになっているかと。アルファロメオが民間会社でなく、国営企業だった時代のモデルです。

オーナーは、明らかに「うちのはもっと年季が入ってるぜ!」ということを見せるために、メメの隣に停めたんでしょうね。はい、負けました(笑)

世の中には、物持ちが良い人もいるものです。

ただ、日ごろほぼノートラブルのメメと違って、このモデルはイタリア車らしく(?)結構よく壊れるという話なので、維持には相当なお金がかかっているはず。凄いな……。




ともあれ、母の調子は、みたところ良い状態のようでした。父も元気でいるようなので、とりあえずはほっとして帰って来ました。

今日のおまけ。お見苦しくて済みませんが。



昨日、病院で採血したときの看護師さんがまたしてもへたくそで、針を血管に刺しそこなったらしく、あとから腫れて、内出血してしまいました。まだけっこう痛い。

採血とか点滴って、うまく入ればそんなに痛くないんですけど、痛い!と思った場合は、まずこういう状態になりますね。私は血管が見えにくいらしいですが、それにしても。これだから、献血とかためらうんですよね。はあ……。

運転免許の更新

November 08 [Wed], 2017, 0:55


運転免許の更新に行ってきました。

試験場には行かず、最寄りの警察署で。

15分程度、道交法の改正点の説明があって。

それから、15分ぐらいのDVDを見て終わり。

夜間の走行って、直前に先行車がいたり

対向車が近づいて来たりした場合以外は

前照灯はハイビームが推奨されてるんですね。

まあロービームだと、歩行者とかも見難いし。

ところで、おじさんドライバーには、いまだに

信号で停まる度に、ライト消してる人いますね。

で、結局点灯し忘れて、無灯火で走ってる。

あれ、危ないからほんとやめてほしい。

それから、今は自転車の危険運転、たとえば

右側の路側帯を走行するのとかにも

罰則規定があるんですね。罰金。

自転車にはねられてなくなった人も知ってるし

危ない人がいるから、その方がいいと思います。

本当は、危険な歩行者にも罰則を設けて

ほしいくらいです。

交通安全には気をつけたいですね。




夕食は チキンソテー・ハニーマスタードソース。



おいしくできました。

食後はぶどうを食べて・・・

それからこれも。



モンテールの

カマンベールチーズの手巻きロール。

期間限定、と書いてありますね。

でも、きっと「手巻き」ではないですね。

味は、確かにカマンベールっぽい香りがして

クリームに、結構塩気があっておいしかった。

モンテールのお菓子は、総じて満足度が高い

ような気がします。

明日は、イタリアワインのイベントがあります。

昼間だし、寝不足だと酔いが回るので

早めに寝ることにします。

しゃけん

June 24 [Sat], 2017, 19:33


愛車「メメ」が車検から上がりました

ついでに撥水コートまでしてもらって

ピカピカになったので

写真とりました

メメも、この車検を済ませて

ついに25年目に入ったことに。

それでも、前の車検から今回まで

2年間ノートラブルで過ごしました

オイルも交換して絶好調

この生産年のアルファロメオ155自体

もともとタマが少なかった上に

いまだにこれだけ状態が良いのは

ちょっとほかに知らないと

クルマ屋さんに誉められました

家族の歴史とともに歩んできたメメ

少しでも長く乗ってあげたいです

ピカピカ!

December 08 [Thu], 2016, 14:58


この間から取り組んでいた原稿が一段落しました。

お天気も良かったので、久しぶりに車を洗車しました。ピカピカ!

少し遠乗りしたので、エンジンの調子も良くなって・・・・。

うちの車は、もう23年も乗っている、古〜いもの。いまどき、こんなカクカクしたデザインの、しかもセダンなんて、ありませんよね。

イタリアの車なんです。でも、イタリア車というイメージには似合わず、買ってから17〜18年間も、ほぼノートラブルで、元気に走った丈夫な車です。

さすがにここ4〜5年は、コンピューターの寿命が来たり、オルタネーターの寿命が来たりで、レッカー搬送のお世話にもなりましたが、ご老体ですから仕方ないですね。



新婚時代から、妻とこの車で、よく旅行に行きました。毎日のお買い物にも活躍しました。

ずいぶん昔に亡くなった私の祖父を、病院に入院させたのもこの車。

息子が生まれた朝、陣痛が来て、もう今にも生まれそうだという妻を、お医者さんに運んだのもこの車。ギリギリセーフでしたが、妻は「車の中で生まれちゃうのも覚悟した」と。

その息子が小さいころ、夜中に熱を出したとき、自転車で転んでけがをしたとき・・・何度となく救急外来に駆け込んだときも、この車が活躍してくれました。

我が家の歴史が詰まった車、もう内装もボロボロなんですが、できるだけ長く乗ってあげたいです。

メメの「定期検診」

June 24 [Sun], 2012, 21:55


我が家の愛車「メメ」ことアルファロメオ155TS 8Vが「定期検診」に
入りました。もう乗り始めてから19年目になりますが、いつも元気に
働いてくれています。

もうかなり古い車ですが、去年車検に出してから、今日の「定期検診」
まで1年間、ノートラブルでした。19年目のロートルとしては、優秀。

副店長と結婚してからもう数か月で19周年ですから、我が家の歴史を
ずっと見守って来てくれた、と言っても良い「メメ」。いくらエコカー
ばやりのご時世でも、手放すことはできません。

それに、この車に搭載されている2.0リッター8バルブ・ツインスパーク
エンジンは、アルファロメオがフィアット社の傘下に入ってからすぐに
作られたもの。同じ155でも、このすぐ後に出たバージョンからは、
エンジンブロックや、エンジン内の重要な機構・部品が、フィアットに
よって変更を受けています。主にコスト面を考慮してのようですが。

つまりこの車は「真正の」アルファ・オリジナルのエンジンを持つ、
最後のアルファロメオ車でもあるのです。

なんて言っている割には、ろくに洗車もしてあげずに、わりと無頓着な
乗り方をしてしまっているのですが。それでも私たち家族のため、忠実に
働いてくれている「メメ」に感謝。

これからはもっと大事に乗ってあげるから、いつまでも元気で働いてね、
という気持ちです。

ミッレ・ミリア

October 17 [Tue], 2006, 23:44


皆さん、『ミッレ・ミリア』というイベントをご存知ですか?車が好きな方なら、多分ご存知でしょう。製造から40年以上たった、ビンテージカーばかりが参加して、約1000マイル(1マイル=1609.344メートル)を走破するというイベントです。東京の絵画館前(今年は神宮南門)を出発して、主に関東北部から東北地方を回って、横浜元町がゴール、というのが恒例になっています。店長は、絵画館前のスタートは見たことがありますが、ゴール・イベントは初めて行きました。昔の車は、どれも個性的なスタイリングのものばかりで、今見ると、とてもおしゃれだったりして、とても華やかな雰囲気でした。(写真上は1949年イタリア製・OSCA MT4)

ミッレ・ミリアとは、もともとは、イタリアで1927年から1957年まで(途中戦争で中断あり)行われていた、「公道レース」の最高峰でした。その時代の最新鋭のスポーツカーに乗って、当代一流のレーシングドライバーが競い合う、本物のスピードレース。出発地のブレシアを出て、ローマに至り、別ルートで引き返してゴールはまたブレシア。途中、アペニン山脈越えの峠道『ラティコーザ』や『フータ』と呼ばれる難所があり、伝説のドライバーたちが、数々の名勝負を演じてきました。'57年に、観客を巻き込んで起きた大事故がきっかけで、それ以後行われなくなっていましたが、1977年に、ヒストリックカーだけが集まって行われる、お祭り的なモーター・イベントとして復活し、今日に至っています。お祭りといっても、ちゃんとコンペティション・ルールがあり、順位も発表されます。決められたステージを、定められた目標タイムに、いかに近いタイムで通過できるか、という競技。早すぎても遅すぎても駄目で、ストップウォッチ片手のコ・ドライバーと、ドライバーの連係プレーが勝敗を決するポイントです。

日本のミッレミリアは、それをそのまま、日本に持ち込んだイベントです。スピードレースでないとはいえ、製造後40年以上、古いものでは80年も前の車で、公道1000マイルを走破するというのは、それだけで大変な冒険なのです。

では、今年参加したイタリア車と、有名人のエントラントを少し、写真でご紹介しておきましょう。



SIATA FACCIOLI 750SMM '38年イタリア製(上)。昔の車は、本当に個性的ですね。戦前のイタリアには、本当にたくさんの、小さな自動車メーカーが割拠していました。



'54年製のALFA ROMEO COUPE2000 SPORTIVA PROTOTIPOで参加は、「ちょいワルおやじ」で有名になったパンツェッタ・ジローラモさん。あれ、お隣は奥さんじゃありませんけど・・・。



堺正章さんの'52年製FIAT 8V ZAGATO。堺さんは、本場のミッレ・ミリアにも、何回も挑戦しています。



タレント兼レーシングドライバーとして活躍し、今はレーシングチームオーナーの近藤真彦さん。車は'56年製のALFA ROMEO GIULIETTAです。めちゃめちゃかっこいいですね!

ビンテージカー独特のカタチ、雰囲気や、力強いエンジン音、オイルと排気のにおいには、車好きの胸を躍らせる魅力があります。「ゴール」は平日の夜になりますが、「スタート」は、通常ウィークエンドに行われます。クルマや機械、あるいはアンティークな「モノ」が好きで、まだ見た事がない方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。




メメ、メメ屋さんに壊される!

July 12 [Wed], 2006, 17:33


毎年恒例の、「定期健康診断」から帰ってきた、我が家の愛車「メメ」。さっそく翌日、息子を保育園へつれて行くのに使用したら、運転席側ドアが、中から開かなくなってしまいました。ピンときたのは、預けたとき、ディーラーのメカニックが「ドアのノブがちょっと緩んでますね。これ直しときましょう」といった言葉。また修理工場が、何か「やらかして」くれたんだな、と思い、さっそくクレーム電話。代車を持って、即刻引き取りに来るよう言いました。
すぐに人を疑うのは良くない、と思われるかもしれませんが、何しろうちのメメには、そう思うだけの前歴があるのです。うちにメメがやってきてから13年、パンク修理以外で不具合が生じたのは、過去に4回ありました。

1回目は、車検整備から車が帰ってきた翌日、車道と歩道の段差を乗り越えたとき、突然、すべての電気系統がダウンしました。当時はまだ「メメ」との付き合いが浅かったため、「来た来た!イタリア車は、やっぱり電気系統が弱いんだ」と、よく調べもせずにJAFのロードサービスを呼びました。レッカー車でやってきたJAFのお兄さん、ボンネットを開けると、すぐに笑いながら言いました。「最近、バッテリー交換しました?ここの、電気コードの端子をとめるネジ、締め忘れてますよ。段差を越えた振動でコードがはずれたんですね。ハハハ」・・・情けないやら恥ずかしいやら。作業15秒、お金もかかりませんでしたが、もちろん修理工場には厳重抗議。
2回目。また点検帰り翌日。パワステのオイルが漏れ出しているのがわかり、修理工場へ逆送。担当のメカニックが、オイルホースの正しいはずし方を知らず、力まかせに引っ張って取ったため、ホースの口に付いている金具が壊れていた、との事で、無償修理。
3回目。今度も点検整備の数日後。副店長と友人宅に寄った帰り、助手席側のドアに開閉不良の不具合が発生。工場逆送で調査。またまた、メカニックの整備ミスで、ヒンジのピンが折れていたことが判明。無償修理。
4回目は、店長が夜道で、ボディ下をコンクリの凸にぶつけ、マフラー破損。これは有料で交換。
そして、今度が5回目のトラブルだったのです。「またまたまた」、メカニックの作業ミスで、ドア開閉リンクの部品が壊れていたと判明。修理代・部品代と代車料金は、全部無料になりました。

メメ帰る。

January 16 [Mon], 2006, 13:28
メメが、入院先から帰ってきました。お目々ではありません。メメです。今4歳の息子がまだ赤ちゃんのころ名づけた、我が家の愛車、アルファロメオ155ツインスパーク・8Vのニックネームです。彼が「アルファロオ」と発音できなくて、「メ」の部分だけ取って「メメ」と言っているうちに、それが愛称になってしまったのです。メメは名付け親の息子よりずっと年上です。生まれ故郷のイタリアから我が家にやってきて、もうじき13年目に入ります。クルマとしては、もう「お年寄り」です。

多くの方はイタリア車というと、しょっちゅう壊れてばかり、というのを想像されると思います。でも、うちのメメはとても頑健です。子供の保育園への送り迎え、スーパーへの買い出し、家族旅行と、ほとんど毎日のようによく働いてくれています。トラブルらしいトラブルといえば、去年、ウォーターポンプのベアリングが磨り減って異音が出たため、部品を交換したことぐらいでしょうか。今回の「入院」も、コンクリートの突起物にボディ下をぶつけて、割れてしまったマフラーを新品に換える作業のためでした。エンジンの回り方やシフトチェンジのフィーリングなんかは、最近、新車当時よりも気持ち良くなってきたように感じます。

実は、このメメと出会って一目惚れしてしまったことが、私がイタリアという国にのめりこむ、いちばん最初のきっかけでした。イタリアびいきが高じて、フィレンツェ、ミラノへ留学。その後、取材で日本とイタリアの間を何十回と往復するようになり、いつのまにか、イタリア20州をすべて踏破していました。そして、多くのすばらしいイタリア人と知り合うことができました。その中には、おそらく一生の付き合いになるであろう親友や、自分の生き方の目標にしたいような、尊敬すべき人物がいます。

ちょっと大げさかもしれませんが「一台のクルマが人生を変えてしまう」ということもあるのだなあ、とわが身を振り返って思います。できれば、これからもずっと「メメ」と付き合って行きたいと思います。そしていつの日か、イタリアに世界中のクラシックカー、ヴィンテージ・カーが集って行われる祭典、「ミッレ・ミリア」に、メメと一緒に出たい、というのが私の夢です。
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像けーこ
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 人が減って来た (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 苦しいところ (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 最近食べたもの (2019年12月12日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月12日)
アイコン画像北の熊子
» 人が減って来た (2019年12月11日)
アイコン画像シャウロン
» 人が減って来た (2019年12月11日)
Yapme!一覧
読者になる