豪華客船

April 28 [Sun], 2019, 22:56
今日は妻と、妻の高校時代の友人と、横浜港に停泊している英国籍の豪華客船「クイーン・エリザベス」の見学に行ってきました。



見学者は山下ふ頭に集合して、送迎バスでベイブリッジを渡り、対岸の大黒ふ頭に係留中の船を見るという形。



しばし見学、撮影の後、ベイブリッジの下にある遊歩道「スカイウォーク」から見下ろす形での見学。



この船は、英国の船会社キュナードラインが所有する総トン数90,400トンの豪華客船で、2010年にイタリアの造船会社フィンカンティエーリ社の、モンファルコーネ造船所で建造されたもの。

同じ名前を冠する客船としては、三代目にあたります。

もう船というよりは、巨大なビルディングをいくつも連ねた、小さな街みたいな感じですね。

船内には、プールとかいくつものレストランなどはもちろん、オペラ座さながらのボックス席付きの劇場などもあるらしいです。

本当は船内を見学できるツアーもあったのですが、すごい倍率の抽選だったので当たりませんでした。

船を見た後は、ふ頭に出ていたキッチンカーで食べ物を買ってお腹を満たしました。

ピッツァマルゲリータ。



なんとキッチンカーの中に薪窯があって、そこで焼いていました。

ドイツ人の作ったレバーパテとパン。



見学を終えて、バスで山下ふ頭に戻ってから、中華街へ行ってタピオカミルクティーを飲みました。



当然ながら、若い女性で大行列。いろんな種類があったけれど……



冒険せずに普通のにしました。



それから山下公園をぶらぶらしていたら、「花壇展」というのをやっていました。





20年ぐらい前は、山下公園なんて観光客もほとんどいなくて閑散としていたのに、GWとはいえ、すごい人出でした。





インバウンドの恩恵で、外国人観光客が多かったようですけど、横浜の観光業は完全に右肩上がりの好景気みたいですね。



いろんな産業界が不振の中、相変わらず好調の観光業が、これから日本のGDPを支えて行く時代なのかも。

大桟橋まで行ったら、ここにも大型クルーズ客船が入港していました。船名はウエステルダム、と読めます。



先ほど見たクイーン・エリザベスにずいぶん似ているから、もしかして同じところで建造されたのかな、という話をしていたのですけれど。

帰ってからググってみたら、こちらはオランダの船会社の持ち船でしたが、建造はやっぱり同じ、フィンカンティエーリ社。予想が的中でした。

お天気も良かったし、電車ですぐの近場のレジャーで、疲労も最小限で済んだからよかったです。

夜桜

March 30 [Fri], 2018, 12:54


家族で夜桜見物に行ってきました。

場所は、横浜の鶴見区にある三ツ池公園。

うちから、夜なら車で十分ちょっとのところ。

ただ、昔は夜間でも駐車場が使えたのですが、今は閉まっているので、少し離れたコインパーキングに停めて歩きました。

池の水面に、桜花が映って幻想的な雰囲気。



息子を連れて、そしてうちの親たちも一緒に、何回も花見に来ている公園です。夜桜は、三度目かな。

息子が小さかったころは、もっと夜桜見物の人が多かったのですけれど、駐車場が開かなくなったせいか、今はあまり人影もなく、特にライトアップされている桜もなく、森閑としています。

一応、見回りのガードマンが自転車でたまーに通っているのですけれど、花見客よりは、ジョギングしている近所の人の方がおおいくらい。それも、広い園内に数える程度。



もともと横浜の桜の名所のひとつだった公園ですが、少し以前に、桜の木の病気がはやって、大分切られてしまい、数は少なくなりました。それでも、昼間は花見客でいっぱいのはず。

私の父は、戦前、川崎に住んでいたのですが、駅のすぐそばにあった家からここまで、父親(私の祖父)に連れられて、リュックを背負い、きょうだい一列になってここまでよく歩いて来たそうです。

私の祖父、明治男としては珍しい、子ぼんのうな父親だったみたいですね。

こちらは月と花。



賑やかな夜桜の名所での花見もいいですけど、まるで山の奥にいるような、静かな雰囲気で夜の桜を眺めるのも、貴重な体験でした。

プチお花見

March 25 [Sun], 2018, 21:36


今日は暖かくて、雲一つない快晴。

妻の熱が下がって、少し外に出たいとのことだったので、近くの公園でプチ花見をしてきました。




息子は、中学の途中から学校に行きにくくなって、高校は途中でやめてしまった、友達のSくんと一緒に、秋葉原へ。

Sくんが息子の学校の夜間部に入り直したということもあって、いろいろ相談ごともあったみたいです。



なので、プチ花見は妻と二人で出かけました。



火曜日から体調が悪くなった妻ですが、それで寝込んで会社を休むようになってから、なんだか気持ち悪いくらい、夫に感謝の言葉を発してくれるようになり……。



なんだか、重症化するフラグであるような気がして心配していたのですが。



幸い快方に向かい、なんとか外出できるようになりました。



公園でお寿司を食べて。



帰りました。道には椿とか……



こんなに大きなユキヤナギが咲いていました。



家に着いて、アキバから息子も帰ってきたので、買ってきた桜餅をいただきました。



楽しみにしていた旅行に行けなかったし……

ヤプミーさんとの台湾料理の会にも参加できませんでしたけれど……

とりあえず、最低限、桜の季節を楽しめました。

観梅2018

March 03 [Sat], 2018, 22:14


梅の花が盛りになって来たので、観梅に行きました。横浜、大倉山公園の梅林。



息子は期末テストに向けて試験勉強中。行かないと言うので妻と二人で出かけました。



息子がまだ小さいころは、祖父母も含めて、大勢でわいわいと来たものですが……。



そして「梅まつり」の時期はいろいろな催しがあったり、露店が出たりして賑やかなのですけど、今年は2月17、18日に既に終わっています。



ただ、今日あたりが見ごろな感じだったので、今年の「梅まつり」の時期は、まだ全然開花していなかったはず。冬が寒かったですからね。



枝垂れ梅もきれい。



園内では、ヨーデルを歌っているおじさんもいて、なんとなく昭和の山小屋の雰囲気。



梅以外にも、オオイヌノフグリを見つけて、春をしみじみ感じたり。



花壇も春の装い。



ついでに大倉山記念館にも寄って、港北区の住民の美術展を見て……



100円コーヒーと、「梅どら」でコーヒーブレイクをして、帰って来ました。



寒の戻りはまだきっとあるに違いないですけど。

それでも、もう十分春を感じた一日でした。

昭和へタイムトリップ

December 07 [Thu], 2017, 17:26


みずさわ時間旅行会社をご利用いただき、ありがとうございます。本日は、みなさまを懐かしき昭和の時代にご案内させていただきたいと思います。

こちら、八百屋さんの看板でございます。



その横の看板。こんなセンスも昭和っぽいです。



裁縫用具店。



威勢の良い売り声は魚屋さんです。



ザ・洋品屋さん。



もいっちょ洋品屋さん。



あれれ、お店の上にマネキンが!



荒物屋さん。



くだもの屋さん。



二階の感じは、ほとんど終戦直後。



今の若い子に、この「實」の字が読めるかな。



「大勉強」っていう意味も通じないかも。

学習塾じゃないよ(笑)

というわけで。

つかの間の時間旅行、お楽しみいただけましたか?

実はここ、横浜の一角、東横線の白楽駅から徒歩数分のところにある、六角橋ふれあい通りです。



まるで、昭和のテーマパークみたい。

新横浜の「ラーメン博物館」の中もこんな風ですが、あちらは作り物。こっちは、かつての雰囲気をそのまま残した、本物です。

こんな狭い道の両側に、数百メートルに渡って、小さな路面店がひしめき合っています。



もともと、戦後間もなくにできた「ヤミ市」だったものが、そのまま商店街に発展したものだそうで。

我が家からは、テクテクしてちょっと離れたところにあるのですが、散歩の脚を伸ばしてたまに来たりします。



数年前に大きな火事に見舞われるまで、さらにもっと古いお店ばっかりだったのですけど、最近新しいお店も増えてきたようです。

それでもまだ、面白い商店街なので、東横線経由で横浜に来られる方は、お時間があったら白楽で下車し、ぶらぶらしてみることをおすすめします。

とくに昭和を懐かしく感じる世代の方は……。

ちなみに、この通りの外にも、面白いお店はいくつかあって。かつては、横浜家系ラーメン「三大名店」の一つに数えられた「六角家」があったのですが、今は閉店。

でも、こちらは興味深いです。



白楽名物「サリサリカリー」のお店。

かつては道路の反対側にあったのですが、最近移転。でも、その怪しさは健在です。



お店の前に停めてある「営業車」からして怪しい。それこそ昭和の香りがする、ふる〜い軽自動車。



お店の横には、こんな看板も。



どんなカリーかは、食べてのお楽しみ。

実は去年、こちらのブログでもご紹介してるんですけど。とにかく独特。

→こちらをクリック

お店のマダムも、帝政ロシア時代の貴族の血を引く、とかいうまことしやかな伝説がありますが、かなり個性的。

まあ、やみつきになるか、びっくりして二度と行かないかの、どちらかでしょうね(笑)

というわけで、ディープな横浜のご紹介でした。



平和に一日が終わったことに感謝。

今日も良く生きました。すべてにありがとう。

初冬の風景

December 01 [Fri], 2017, 15:30
今年も、あと一か月となりました。

季節はもう冬。でも散歩に出て見た、いちょう並木の様子は、まだこんな感じです。



ちょうど見ごろ? 

でも、まだまだ緑の木もあって



一方では散り切った木も見かけて、今年は黄葉もバラバラという感じですね。

いっせいに色づいて、いっせいに散る、というのもきれいなんですけど・・・。




いつもの遊歩道には、さざんかがいっぱい。



十二月を代表する花ですね。



ちなみに、以前ぷちっとやってた、遊歩道のローズマリーはこちら。



すごくでっかいでしょ?これでも、刈られて丈が短くなり、大分すっきりしたんですけどね。

こちらは何でしょう。それも伸び放題伸びて、すごいことになってますが。



家にかえってから、おやつ。

デンマーク・クッキー。



もらいものですが、小さい箱。



ところが、箱の裏を見てみると、なんと!



まさかのインドネシア産!

いや、いいんですけど。

「ダニッシュ・スペシャリティー・フード」だとか

「コペンハーゲン・デンマーク」とか箱に書いてあるのに・・・デンマーク、なんも関係ないんかーい!

輸入食品あるある、ですね。



参考までに、昨日の夕食はこちらでした。



コーンクリームシチュー。

手が込んでいるわけではなく。普通に、ハウス食品さんのルーを使わせていただきました。

今日は妻が飲み会で遅くなるので、息子と二人でまたこれ食べます。二日連続シチュー(笑)

女性週刊誌のアンカー原稿書かなきゃいけなくて、いつネタが入るかわからないので、手間なしでちょうどいい。

明日は、ずっと前から楽しみにしていた「午餐会」が、友達のファブリツィオの家であります。良いワイン持って行ってあげないと。

雨の季節の散歩道

June 29 [Thu], 2017, 9:00


じめじめして、梅雨らしい毎日です

歩いていたら上の花を見かけました。

紫陽花の一種だとは思いますが

ガクアジサイ・・・

なんていう種類でしょうか・・・

知っている方、ご教示を

他の紫陽花もきれいです。紫の花。



青い花。



一方で、もう、ひまわりも咲いています。



いつも歩く、家の近くの遊歩道です

以前、ローズマリーをぷちっとやった道

そうかと思うと、まだバラの花もあります。



ピンクのバラ、とってもきれいです

花壇はもう、夏のよそおい。



マリーゴールドはやっぱり夏のイメージ。



学校で育てて、夏休み・・・

家に持ち帰ったような記憶がうっすらと

日日草も、何種類かあります。

ピンクのお花



赤いお花



白くて芯だけ赤いお花



どれもかわいいですね

こちらは・・アガパンサスさん、かな



涼やかな雰囲気です。

これはなんでしょう



ワカラナイ・・知ってる方教えて下さい



こちらは、ペンタスさんの一種でしょうか。



これも名前わかりません。可憐。



白い百合の花も、咲いてますよ



たくさんのお花が見られる散歩道

庭を持たない私には、癒しの場です

横濱、大桟橋、外国船

May 02 [Mon], 2016, 18:36


横浜港の大桟橋に、イタリアの豪華客船が入港しているというので、妻と二人で見に行ってみました(息子は普通に学校)。船の名前は、コスタ・ヴィクトリア号。7万トン級の巨体ですが、さすがデザインの国イタリアからやってきただけあって、美しい客船でした。

ジェノヴァが母港の船のようです。「母を訪ねて」のお話の、マルコ少年が住んでいた、イタリア最大の港町ですね。



船室のバルコニーには、おしゃれな椅子とテーブルが。



船内のレストランでは、昼食をとっている船客もいました。



荷物預けに出されたスーツケースの山が、積みこまれているところ。飛行機と同じですね。



給油しているタンクローリー車も。



乗務員室は、船らしい風情。



細い煙突と太い煙突を組み合わせたデザインも、ユニークで洒落てます。



船体には、EU旗が染め抜かれています。



そして船尾には、イタリアの「商船旗」が掲げられていました。トリコローレの真ん中に配置されているのは、中世のイタリアの「四大海洋共和国」の紋章を組み合わせたもの。左上から時計回りに、ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサ、アマルフィの紋章になります。



桟橋の突き当りには、イタリアと日本の旗と、信号旗が。上がアルファベットの「U」、下が「W」を表す旗です。この二つを組み合わせて、「安全な航海を祈る」というサインになります。



遠くから大桟橋を見たところ。右が、イタリア船「コスタ・ヴィクトリア号」で、左側の少し小さい船が、日本の「飛鳥U」です。



やっぱり外国船が大桟橋に入稿しているときは、港ヨコハマの、往年の華やぎが戻ってきたようで、いい雰囲気です。パスポートを持って出国手続きをしている人たちを見ると、自分も乗って行きたくなりますね。うらやましい。

大桟橋を後にして……。





赤レンガ倉庫へ行ってみると……。



ドイツのお祭り「ヨコハマ・フリューリングス・フェスト」という催しが行われていました。



せっかくなので、仮設のお店で、ヴュルストとドイツパンのホットドッグなどを買って食べてみました。



ひさしぶりに、のんびり「夫婦デート」を楽しんだ一日になりました。

観梅会2016

February 28 [Sun], 2016, 21:01


今日は、大倉山公園の観梅会に、うちの家族三人と、日吉の私の両親綱島の妻のお母さんの、六人で行ってきました。お天気も良くて、暖かく、まさに梅見日和。大倉山は、この辺では梅の名所なので、人出も、かなりのものでした。



園内では、素人の演芸や、野点も行われていました。



ほとんど毎年のように来ている、大倉山の梅の花。息子も0歳のころから、クーファン(赤ちゃんが入る手提げみたいなやつです)に入って、来ています。みんなでお弁当を食べてから、枝垂れ梅の前で記念撮影。



今年は開花が早めのようで、もう終わりかけの樹も結構ありましたが、白い野梅などは、まだ満開でした。



足元を見ると、もうオオイヌノフグリ(天人唐草)も健気に花を開いていました。



本当に、春めいてきましたね。だんだん日も長くなって、冬があまり好きでない私としては、嬉しい限りです。繰り返す自然のリズムに、なんだかこちらも新たに生命力をいただいたような気持ちで、帰ってきました。また来年も、この六人で観梅に来たいです。

横浜「鉄道遺産」めぐり

January 20 [Sun], 2013, 18:46
今日は家族三人と、副店長の友達「海ちゃん」で、イベントに
行って来ました。題して『鉄道開通140周年記念シンポジウム
−横浜の鉄道と横浜駅―』というもの。

ご存知の方も多いかと思いますが、日本に初めて鉄道が開通した
のは、新橋―横浜間です。つまり横浜は「鉄道発祥の地」の一つ
ということになります。開業当時の駅舎は、こんなものでした。



シンポジウムでは「横浜駅の歩み」という基調講演があった後、
「横浜の鉄道遺産探検」についてのパネルトークがあり、その後
それぞれ自由に昼食をとってから、旧横浜駅周辺の鉄道遺産を
見て歩く、見学会になりました。

まずは、開業当時「横浜駅」があった場所へ。最初の「横浜駅」は、
今のJR「桜木町駅」の付近にありました。

こちらが「鉄道発祥の地」の記念碑。
碑の左側に立って、息子が見入っているのは、当時の運賃表です。



最初の運賃は「上等」が一円五十銭、「中等」が一円、「下等」が
五十銭。「下等」って、なんだか身もふたもない呼び方ですが…。

桜木町の、市営地下鉄の入口近くには、当時駅長室があった場所の
記念板がありました。



それから、昔の「汽車道」の脇を延々と歩いて行くと、汽車道の
高架下を、市電が通っていたアンダーパスの遺構が見られました。
こちらが昔の様子。



そしてこれが、立体交差のトンネルの端の遺構です。



横浜駅はこれまでに、二回位置が変更されています。今、平沼橋が
ある場所の近くに「二代目横浜駅」がありました。赤レンガ造りの
壮麗な建築でした。



でも、この案内板に書いてあるように、大正四年の竣工からわずか
八年後に、関東大震災が起きました。赤レンガの躯体自体は地震に
耐えたのですが、同時に起きた火災で内部がすべて焼失し、結局
取り壊されることになってしまいます。そのため「幻の横浜駅」
などとも呼ばれたりしているようです。

現在は、基礎に近い部分が発掘されて、だれでも見られるように
なっています。それがこちら。



この遺構を見学してから、現在の「三代目横浜駅」に向かって
歩き、途中、旧東京横浜電鉄(東急東横線)が通っていた高架を
見学。昭和3年完成の、初期の鉄筋コンクリートの構造物です。



これで見学会は終わり。「港横浜」から「首都東京」までの交通を
支えた、日本最初の鉄道の遺産。なかなか面白かったです。

横浜の歴史遺産を見る見学会、また機会があったらぜひ参加したい
と思います。
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像もうふ
» 最近食べたもの (2019年12月06日)
アイコン画像aki*keigo
» 九州の美味しいもの (2019年12月06日)
アイコン画像aki*keigo
» 最近食べたもの (2019年12月06日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 九州の美味しいもの (2019年12月04日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 九州の美味しいもの (2019年12月04日)
アイコン画像aki*keigo
» 九州の美味しいもの (2019年12月04日)
アイコン画像北の熊子
» 九州の美味しいもの (2019年12月03日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月03日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月03日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 日比谷で休日 (2019年12月03日)
Yapme!一覧
読者になる