横濱、大桟橋、外国船

May 02 [Mon], 2016, 18:36


横浜港の大桟橋に、イタリアの豪華客船が入港しているというので、妻と二人で見に行ってみました(息子は普通に学校)。船の名前は、コスタ・ヴィクトリア号。7万トン級の巨体ですが、さすがデザインの国イタリアからやってきただけあって、美しい客船でした。

ジェノヴァが母港の船のようです。「母を訪ねて」のお話の、マルコ少年が住んでいた、イタリア最大の港町ですね。



船室のバルコニーには、おしゃれな椅子とテーブルが。



船内のレストランでは、昼食をとっている船客もいました。



荷物預けに出されたスーツケースの山が、積みこまれているところ。飛行機と同じですね。



給油しているタンクローリー車も。



乗務員室は、船らしい風情。



細い煙突と太い煙突を組み合わせたデザインも、ユニークで洒落てます。



船体には、EU旗が染め抜かれています。



そして船尾には、イタリアの「商船旗」が掲げられていました。トリコローレの真ん中に配置されているのは、中世のイタリアの「四大海洋共和国」の紋章を組み合わせたもの。左上から時計回りに、ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサ、アマルフィの紋章になります。



桟橋の突き当りには、イタリアと日本の旗と、信号旗が。上がアルファベットの「U」、下が「W」を表す旗です。この二つを組み合わせて、「安全な航海を祈る」というサインになります。



遠くから大桟橋を見たところ。右が、イタリア船「コスタ・ヴィクトリア号」で、左側の少し小さい船が、日本の「飛鳥U」です。



やっぱり外国船が大桟橋に入稿しているときは、港ヨコハマの、往年の華やぎが戻ってきたようで、いい雰囲気です。パスポートを持って出国手続きをしている人たちを見ると、自分も乗って行きたくなりますね。うらやましい。

大桟橋を後にして……。





赤レンガ倉庫へ行ってみると……。



ドイツのお祭り「ヨコハマ・フリューリングス・フェスト」という催しが行われていました。



せっかくなので、仮設のお店で、ヴュルストとドイツパンのホットドッグなどを買って食べてみました。



ひさしぶりに、のんびり「夫婦デート」を楽しんだ一日になりました。
  • URL:https://yaplog.jp/toru-mizusawa/archive/630
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像シャウロン
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像*mami*
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
Yapme!一覧
読者になる