トリノが誇る「世界一」

February 10 [Fri], 2006, 11:16

イタリア人が「トリノ」と聞いて思い浮かべるのは、まず第一に、イタリア最大の企業である、自動車会社「フィアット」でしょう。そしてその次が、ファンの数でイタリア一を誇るサッカーチーム「ユヴェントス」だと思います。

二十世紀のはじめから現在まで、一貫してトリノ経済を支えてきた大黒柱は、フィアットの本社と自動車工場です。それに加えて、部品を納める多くの下請け会社や、パソコン・電話などオフィスの備品を納入する業者、運送会社、社員行きつけの食堂やバールなどなど・・と考えると、フィアットが「そこにある」ことで経済的な恩恵を受けているトリノ人は、町の人口の、少なくとも半分以上になるのではないかと思われます。

しかし、その「巨人」フィアットが、このところ業績大不振。「親亀こけたら皆こけた」の道理で、トリノの町はその間、ずっと不況に苦しんできました。地元には、今回の冬季オリンピックの「経済効果」を起爆剤として、「フィアット頼り切り体質」を改善しよう、という動きもあるようです。

そんな「自動車の町」トリノには、世界一を誇るものがひとつあります。「カルロ・ビスカレッティ・ディ・ルッフィア自動車博物館」(上の写真)です。クルマ専門の博物館としては、世界最大の規模とされています。定番の観光スポットや繁華街からは遠いところにあって、場所がわかりにくいのですが、自動車に興味がある人は必見。行き方は次のとおりです。
@トリノ・ポルタヌオーヴァ駅からタクシーに乗り「ムゼオ・アウトモービレ」と告げます。帰りは、博物館のレセプションに頼んでタクシーを呼んでもらいます。このときチップをお忘れなく。
Aポルタヌオーヴァ駅から34番のバスに乗り、運転手とアイコンタクトをして「ムゼオ・アウトモービレ!」と一言叫んでおけば、最寄のバス停でおろしてくれます。バス停の先の信号を左へ。大きな通りに突き当たったら、左に歩いて行くと見えてきます。バス停から徒歩約5分です。

  • URL:https://yaplog.jp/toru-mizusawa/archive/19
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像シャウロン
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像*mami*
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» さようなら、これからもよろしく! (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
アイコン画像toru-mizusawa
» 少しだけ慣れました (2020年01月15日)
Yapme!一覧
読者になる