スウィーニー・トッド /フリート街の悪魔の理髪師

January 20 [Sun], 2008, 10:50
「スウィーニー・トッド /フリート街の悪魔の理髪師」 2008年 米

★★★



映画ブロガー様の間でも超のつく人気を誇るジョニー・デップの新作!!
「パフューム」と雰囲気が似ていて、200年ぐらい前のヨーロッパの古めかしい
ダークな映像は独創的で良かった。悪臭漂う灰色の街。実写で描かれていると思うと
ゾクゾクくる。
ジョニデも、エクセントリックな役が上手い役者さんだけあって、今回も悲しき殺
人者の役をともすればコミカルに演じています。

ストーリーは敢えて詳しくは書きません^^
幸せな新婚生活を送っていた理髪師(デップ)が、ターピン判事(リックマン)に
嵌められ無実の罪で終身刑となり、最愛の妻も生まれて間もない娘も失い15年後、
復讐を遂げる・・・・予告偏どおりの作品です。

この映画を観てはっきり確信できた事があります。
私は物語性や劇中劇のないミュージカル映画は苦手なんだなってこと^^;

歌は、各主要人物がそれぞれ聞き惚れるぐらい歌ってくれますが、正直飽きます。
折角のミュージカル仕立てならば、ダンスあり、急変する舞台ありなどなど、見せ方
はいかようにもある筈ですが、テーマがあくまで暗くて重いというのを押したかった
のか?ミュージカル映画にしては珍しさも目を見張るショウもなく、かといってSTORY
に深みは感じません^^

おめぇら、ハンニバルかぁ!?
巨大ミンチはキモイぞぉぉ〜〜〜。
喉切りシーンは、軽々しくて、真似する高校生が出ないか心配だぁ〜〜〜〜。傷口や
血飛沫をクローズ・UPし過ぎの感が。

歌も、はっきり言えば船乗り役と使用人のトビー、囚われのジョアナ(娘)はめっちゃ
上手かった。ジョニデもカーターもリックマンも上手いけど、歌がしつこく長くて台
詞ないし展開が鈍くて正直、眠くなりました。

中々前に進まない上に、歌重視で肝心の心情とか背景がイマイチ描かれていない。
いや、この映画はジョニデと歌を楽しむ映画なのかもね^^
私は、他の人が何と言おうと「シカゴ」「ムーラン・ルージュ」「オペラ座の怪人」
等は好きなんです。
すっごく面白かった。豪華絢爛だしね。ミュージカルならではでしょ?
歌重視ものでも「RENT」は良かった。
STORYには、一ひねりありましたが・・・・う〜ん、そこは想定内^^
ヘレナ・ボナム=カーターは見た目も不気味かつ女の業も強く、役に似合っていて
貫禄があって良かったかも。ヘレナの妄想シーンも良かった。

復讐の仕方ならいくらでもある。
罪のない人まで殺す暇があったら、娘の顔を見に行けよ!と突っ込み入れました。

ジョニデ・ファンに怒られそうなので思うように書けませんが、私の好みの映画
ではありません。歌で誤魔化しただけの内容のない映画だと思いました。
この手の映画は突っ込まずに観ようと思ってはいるのですが・・・・。

歌の中で、職種で味がどうこう言うシーンは面白かったなぁ。
聖職者は「味気ない」弁護士は「固い」役者は「くどい」などなど。
歌の上手さに★1個追加しての評価です。
あくまで私個人の感想ですので、反論コメントはご遠慮下さいませ<(_ _)>


監督 ティム・バートン
出演 ジョニー・デップ 、ヘレナ・ボナム=カーター、 アラン・リックマン
   ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン 、エドワード・サンダース

【映画館での観賞】
  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/419
P R
2008年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS