ザ・シューター極大射程

July 09 [Mon], 2007, 1:20

「ザ・シューター極大射程」2007年 米


★★★★



これは、中々面白かったですよ。
マーク・ウォールバーグ。ディパーテッドで最後美味しい役でしたが、これほど
までにカッコイイとは今回の映画まで知りませんでした。
背もそれほど高くないし、マッチョな程でもない。
だけど、木の葉などで身を隠すのには、彼ぐらいの背丈で丁度いいのかもしれ
ません。
今回のアクションは、腕力ではなく、いかに離れた所から正確に頭を射抜くか。
ゴルゴ13も、真っ青の若いスナイパーの誕生です!

米海兵隊の天才狙撃兵、ボブ・リー・スワガー(ウォールバーグ)はエリトリア
(アフリカの小国)で、相棒のドニーとともにある任務に就いていた。
武装車両を狙撃し侵攻を止める役だった。
風力や風の向きなどを考慮して正確な距離を計算するのがドニーの役目。
彼らはいい仕事をした。
が、武装へリの襲撃を受け、CIAに応援の要請を出すが連絡が途絶え、彼らは
見捨てられたのだった。「捨て駒」

ヘリに狙撃されドニーが死に、命からがら生還したスワガーは即座に退役し一線
を退いて、隠遁生活を送っていた。
ドニーの死から3年後。

退役軍人のジョンソン大佐(グローバー)がスワガーの元に現れる。
「大統領を暗殺する動きがあるらしい。全米を遊説して歩く大統領を警備網の外
から狙える可能性のある場所を探り阻止して欲しい」と頼み込まれる。

余談ですが、映画が上映開始する直前、私の右隣にいた、オジサンが山ほど食料
を買い込んでいたの。
ポップコーンにチーズ・ドッグに、フランクフルト・・・・まさか今、食べるんだよね?
映画がはじまってからは食べないよね?
嫌な予感的中!!!映画が始まるまでは、食べ物に一切手をつけず、チラシをみて
いたこのオッサン、上映開始とともに、ボリボリ、クチャクチャはじめちゃった!!!
お茶を飲むズズズ・・・ゴクン、まで聞こえたぁ〜〜〜(/_<。)ビェェン

もう!!
映画観ながら、何か食べるのって美味しいもんなの?
家でDVD観てるんじゃないんだからさ〜、やめようよ。それに全然美味しくない
よ、あんなトコの食べ物なんて(一通りは食してます^^でも私は上映前に食べる
もん!)
気が散って気が散って、初っ端全然入り込めなかったo(;△;)o エーン ガサゴソ
ガサゴソ煩いんだもん!

なので、この辺のスワガーの心の動きはわからなかった。(集中できず・・・)
余りにも煩いので右耳だけ塞いで観た始末。

さて、スワガーが探りあてたフラディルフィアの独立記念館前の広場、演説当日、
監視を続けるスワガーが怪しい地点を発見、「あそこを撃て!」と叫ぶと2発の銃声
が・・・。
1つは演壇へ・・・そしてもう1発はスワガーの背後にいた地元警察の警官に肩を撃
たれたのだった。咄嗟に「はめられた」と知るスワガー。暗殺者に仕立てられたのだ。

彼は瀕死の重症を負いながら、軍隊で鍛え抜かれたサバイバル能力で逃げおおす。
途中、新米FBI捜査官ニック(ペーニャ)の銃と車を襲って。

普通の人間なら、肩を撃たれてあんなに走れないし、あんなに長く意識を保って
いられない。孤高のスナイパーの逃亡とサバイバル。
そんな彼が、助けを求めたのは亡きドニーの妻サラ(マーラ)。
サラの介抱で傷口の縫合も成功、殺されたのも大統領ではなく、エチオピアの大司
教だとわかり、スワガーは謎を解き己に罠をかけたジョンソンやその背景を探る
ために立ち上がる。

尤も、逃げ回った所で真相を知っているスワガーは彼らに狙われ続ける。
生かしておく筈がない。だからこそ!サラも何処かへ隠れていなきゃね^^

スワガーに車を奪われた時に「俺じゃない。はめられたんだ」と満身創痍の彼を見
たニックは、どうにも腑に落ちない。スワガーの真摯な目を見て直感をしたのかも
しれない。「悪党じゃない」と・・・・。
ニックは夜もていして独自の調査を進めるが、狙撃にスワガーなら有り得ないような
“ズレ”がある事に気づく。
一方、スワガーはこのニックを使って敵をおびき出す作戦にでる。

彼らの黒幕は?
何のために大司教を狙ってぬれ衣を着せようとしたのか?
それともう1つ、誰があの飛距離を狙って狙撃したのか・・・?
スワガーの復讐劇が幕をあける・・・・・社会派アクション。

アフリカで大量虐殺して村1つ潰し、石油のパイプラインを確保している企業が
政治家や、軍の人間を動かしているという事実・・・。(リアル!!)
金のために大量に人を殺し(殺し合わせ)優秀なスナイパーなんて所詮、犬畜生
と同じ扱い。
骨の髄までしゃぶって・・・用済みなら殺す。あんな腕利きスナイパーなら殺さず
に使った方が賢いと思うけどね・・・。
何だか怖い世界を覗いてしまった感じ^^

雪山のシーンは、鳥肌が立つほどかっこ良かったしエキサイトしました。
寡黙なスナイパー、スワガーが法で裁けない不条理に立ち向かい悪を倒す痛快さ
もあり!
ボーン・シリーズのマット・ディモンより、私はこっちが好きだなぁ。
(あっちは世界中のロケーションがたまらないけど^^)

もう眠いので寝ます^^
「憑神」のエンディング曲、「御利益」をサイド・バーにつけました。
こっそり聴いてみてね♪(土・日・祝ははずします^^)

原題 SHOOTER
上映時間 125分
監督 アントワーン・フークア
出演 マーク・ウォールバーグ 、マイケル・ペーニャ 、ダニー・グローヴァー 、
     ケイト・マーラ 、イライアス・コティーズ 、ローナ・ミトラ 、

【映画館での観賞】
スワガーは肩と腹を撃たれたのに、サラの家で肩を縫合してもらい
翌日、裸の彼の腹は、綺麗なままだった・・・・・。
これ、すっごく不思議。

私の見まちがえかなぁ・・・と思ってたけど、やっぱそうみたい。
こういう大事な箇所をおろそかにすると、「B級アクション映画」になっちゃう
んだと思うなぁ。
  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/341
P R
2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS