フィレーネのキライなこと

July 08 [Sun], 2007, 1:47
「フィレーネのキライなこと」 オランダ

★★★★

公開年数がちょっとわからないですね。レンタルで「新作」だったので去年
公開されたのかもしれません(か劇場未公開か)

「猟奇的な彼女」のお姉さんバージョンって感じですね。
主人公のフィレーネは、兎に角、H(笑)
そのママもすげ〜H(爆) オランダってこんな感じなの?映画だからと
思いたいなぁ・・・。
このフィレーネが笑える〜〜〜。

フィレーネは、気性が激しくキレやすいせいで、恋も長続きしない。
ある日、マックスというハンサムな男と恋に落ちるが、彼は演技を学ぶため
単身、NYへ飛び立つ。
空港で見送るフィレーネだったが、カメラに向かって本音を話すのが笑える
(「アルフィー」みたい)

スパイに変装したシーン(妄想)は、「プルートで朝食を」のキリアンの
オカマちゃんスパイ(これも妄想)を思い出した^^

NYへ、マックスを追いかけるフィレーネだが、ママからカードを盗んで金を工面
して・・・という何とも呆れるスネかじりぶり。
おまけにNYでは我儘言いたい放題し放題で、マックスの役者としての方向性
を全く理解しようとしない。

このフィレーネ役の女優さん、中々綺麗だけどもう少し若い女優さんの方が
良かったんじゃないかなぁ?
女3人で悪ふざけして歩き、どうみても仕事も???だし、親の借りてくれた
アパートに住み(ママには魂胆ありだが)・・とどうも自立しきってない。
と言う事は20代前半の設定か?と思いきや、フィレーネは見た目は30代だ・・・。

ずばり、フィレーネのキライなこと=人に謝ること、なんだけど・・・・。
ま〜ず、マックスの芝居を本番台無しにしておいて、しかも(バレてはいない
が)マックスと熱い演技をするお相手の女優に嫉妬し、彼女の彼氏と寝てしまう
こ〜いう軽い女ってどうも好きになれないなぁ。
相手の頭に来る点ばかり指摘して、自分の普段の行いはどうなのよ?
あくまでコメディなので、真剣に考えてもアホらしいけどね^^

中盤まで大いに笑って・・・後半がちょいと物足りなかったかな。
結局「ごめんなさい」と言えないフィレーネが、マックスを失いたくなくて
一生懸命言おうとするだけ。
私がマックスなら、こんな女、二度と顔も見たくないけどねぇ^^
(だって自分の事しか考えてないんだもん><;)

原題 PHILEINE ZEGT SORRY/PHILEINE SAYS SORRY
製作年度 2003年
上映時間 94分
監督 ロバート・ヤン・ウェストダイク
出演 キム・ファン・コーテン 、ミヒル・ホイスマン 、タラ・エルダース
    ハデヴィック・ミニス 、キーナン・レイヴン 、カート・ロジャーズ

【DVD観賞】
  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/339
P R
2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS