プレステージ

June 10 [Sun], 2007, 23:02
「プレステージ」 2007年 英

★★☆☆



今日は先日お伝えしたように風邪っぴきで、2本観賞・・・。
1本目の「フランシスコの2人の息子」は後でUPするとして、2本目の
この「プレステージ」を観るために、2時間も時間つぶしをしなきゃなら
なかったのです。

普段の日なら2時間ぐらい、適当に買い物したりウィンドウ・ショッピング
で潰せますが、なんといっても風邪っぴき。
だけど、来週に延ばすと今度は「ブラックブック」「ゾディアック」などが
来る上、休日も忙しかったりする。

じゃあ、折角だから観よう!という事で朦朧とした頭で観賞^^

風邪薬のせいか眠くて眠くて・・・。

ところで、この映画、眠いから良く観てなかった訳ではありません。
普通に黙ってみていて、直ぐに「トリック」(という程のものか?)など
あらゆる謎もどきがわかっちゃった。

火サス並みに解りやすいんだもん!

ちょっと〜〜期待して損しちゃったぁ。
面白かった人、ごめんなさいね。抗議しないでね。

最初に何やら大掛かりな電流を稲妻のように集める装置から、主人公のアンジャー
ジャックマン)が消え、下の階に無理矢理入っていったもう1人の主要人物
ボーデン(ベイル)の前で大きな水槽の中で溺れて死に、ボーデンがアンジャー
殺しの罪で取り押さえられる。水槽の鍵がいつもの鍵と摩り替わっていたのだ。

その後で、彼らがまだ駆け出しのマジシャンを目指していた頃に話がプレイバッ
ク。水槽からの美女脱出ショーを、観客席からのサクラの2人、アンジャーとボー
デンはそれぞれ腕と脚をロープで縛る役なのだが、その美女はアンジャーの愛妻。

ある日、言いつけを守らずキツクしめすぎたボーデンのせいでショウの途中、
美女が水槽の中で溺死・・・帰らぬ人となる。
それ以来、この2人は因縁のライバルとなるのだった。

と、くれば、冒頭のボーデンは狐につままれたような顔だったし、アンジャーが体
を張って、ボーデンに罠をしかけたのだとわかる。

時は19世紀末のロンドン。“グレート・ダントン”こと、ロバート・アンジャー
は、“THE プロフェッサー”ことアルフレッド・ボーデンを恨み彼から2本の
指を奪ったが、「瞬間移動」として人気を博す彼のそのマジックの上をいこうと
マジックの考案者でアンジャーの良き理解者のカーター(ケイン)、新助手の
オリヴィア(ヨハンソン)とで、考案しようとしていた。
オリヴィアの知り合いの売れない俳優で、アンジャーにそっくりな酔っ払いのルーク
(2役)を使って、「新・瞬間移動」を発表。

マジックというか、コントみたいだけどこの時代には結構受けたんだろうなぁ。
しかも、そっくりな人がいなきゃできない技で・・・。
ショウの成功よりも、自分に一途なオリヴィアも目に入らない程、アンジャーは
ボーデンのトリックを見破る事に心血を注ぐ。

ここで、またも疑問が。
どうやって観ても、ボーデンの右腕らしき謎の人物、ファロンという人物・・・
どこからどう観ても、クリスチャン・ベイルじゃないの?
ほっぺがふっくらして、ちょっと小太り気味で目がねかけて帽子かぶってるけど
(顔を隠しているので余計怪しいし)
どうみたって同一人物なのに、何で誰も気づかないの?という事です。

ボーデンの奥さんも言ってたじゃない。
「今日の貴方はどっち?」と・・・。わかりやすい・・・・
ボーデンのマジック・ショウに、オリヴィアを「スパイ」として潜り込ませ日誌
のようなものを手に入れるアンジャー。
彼は、ボーデンが大掛かりなセットを使うつもりだと勘違いして、“テスラ”を
暗号だと信じ、旅に出る。
その山奥での研究で、魔術というか、サイエンスの極みを見つける・・・・。

この稲妻電流の装置もわかりましたよね?
猫が2匹になってたし、帽子も何十個もあったもの。
その2年後にロンドンに戻り、大掛かりな装置で見事なマジックを披露した矢先
ボーデンの手によって(何らかの形で)アンジャーが殺されたという筋書きだ。

刑務所では、ボーデンに接見した弁護士が、アンジャー殺しのトリックを彼の日誌
から見つけ出して吐けば、一人娘を孤児院へ送らずにすむようにしてやると脅さ
れていた。
アンジャーの研究ノートの中には自らが「盗ませた自分の嘘の日誌」も書かれてお
りほくそ笑む不敵なボーデン。
しかし、弁護士をよこした大金持ちの男(○○卿)もほくそ笑んでる・・・・。
これもね、やっぱわかっちゃったな^^
最後の最後、水槽の中で浮かんでいる彼が生きていたら、面白いんだけど。

マジックとは「プレッジ(確認)」「ターン(展開)」「プレステージ(偉業)」
の3パターンからなるそうで・・・・このタイトル「プレステージ」は彼らが
消えた筈なのにラストで現れる・・・・そういう事なんでしょうかね?
「この映画の結末は決して誰にも言わないで下さい」とあるので言わないけど、
(あっ、もう言っちゃった・・爆)
期待して観に行くとがっかりすると思いますよ〜^^

風邪をこじらせたので、もう寝ます!
気を悪くなさったらゴメンナサイ

監督 クリストファー・ノーラン
出演 ヒュー・ジャックマン 、クリスチャン・ベイル 、スカーレット・ヨハンソン
マイケル・ケイン 、デヴィッド・ボウイ 、パイパー・ペラーボ

【映画館での観賞】
  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/323
P R
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS