主人公は僕だった

May 20 [Sun], 2007, 11:29
「主人公は僕だった」 2007年 米

★★★



ちょいと期待しすぎました^^
予告で観たらとっても面白そうだったんだけど・・・・。
ハロルド・クリック(フェレル)は、真面目で堅物な独身男。
国税庁に務める、所謂、民間人からの「嫌われ者」^^

時計通りに定刻に起き、毎朝同じ回数、歯を磨き同じ秒数でネクタイをしめる。
そして毎朝同じ時刻のバスに乗って出社。彼の脳の中には常に数字が蠢いてい
て咄嗟に計算してしまうという特技が。ああ1000分の1でもいいから分け
て欲しいなぁ^^
私は漢字を読むのは多少できるけど(書く方はPCや携帯をはじめてから全然ダメ
になっちゃった)計算となると恥ずかしい話、簡単な九九も忘れてしまいました。
脳味噌死んでます(笑)

そのハロルドにある朝、どこからともなく「彼の物語」をナレーションする声
を耳にする。当然、周りの人には何ら聞こえず、医者には「統合失調症」と診断
され、上司には「疲れてるんだろう、休暇を取りなさい」と。

実はこの声は、女流作家のカレン・アイフル(トンプソン)の声だった。
スランプで10年以上執筆していない彼女は、「ハロルド」という平凡な男の
生涯を劇的に書こうと、構想を練っていたのだった。
カレンの打つタイプの文章が声となって、現実の「ハロルド」に聞こえてくる。

ファンタジーですね。
しかしコメディかと思いきや、あくまでも大真面目なフェレルが逆に可笑しかっ
たかも。
でも彼って太った?
カレンのナレーションは先日「日の名残」というDVDを観て耳に残っていたので
やっぱり彼女と判った時には1人でニマニマしましたが^^

このエマ・トンプソンがめっちゃ上手い!
彼女の仕事部屋に出版社から送り込まれたやり手の助手が、ペニー(ラティファ)
なのも嬉しい♪

そして最近脇役だったりカメオ出演でスクリーンで観る機会が増えたベテラン、
ダスティン・ホフマンは、ハロルドに助言を求められ唯一興味を示し力になって
くれる文学教授のヒルバート役だ。

さらに、ハロルドが税金滞納者のもとを訪れ、恋に落ちるお相手はアナ(ギレン
ホール
)。ハロルドにパンを投げつけ「地獄へ落ちろ〜〜ば〜か」と客と一丸
となって騒ぐシーンが笑える。

しかしこのマギー・ギレンホールも良く出てきますね^^
弟のジェイクは美青年とまでは言わないまでもまぁまぁですが、マギーの方はどう
なんでしょう?
最近、ようやく見慣れてきて可愛く見える時もあったけど(笑)

さて、お話はハロルドが近いうちに死ぬ(小説の中で殺される)とわかり、声の
主もわからないまま、陰の力に怯えつつ、ヒルバートの助言通り「好きに生きる」
そう変わっていくところが見所です。

アナともいつしかラブラブに・・・。
時間を気にせず、ネクタイもしめず、子供の頃からのささやかな夢だったギター
を習い、人生ってこんなにも素敵なものだったんだ、とか、クッキーってこんな
に美味しいものだったんだ、恋愛ってこんなにも素晴らしいものだったんだ!
と気づいていくのです。

しかし彼の寿命はもうすぐ?
偶然に声の主がカレンである事、カレンの住まいを知るハロルドだったが・・。
ヒルバートに、カレンの原稿を「読むのが怖い。変わりに見て欲しい」と渡す
のだが「これは最高傑作だ。このラストは直してはいけない」と言われる。

ところが、その“最高傑作”は変えても変えなくてもそんなに凄い物語ではない。
原稿を読み、ハロルドも納得するけど、何でぇ?でした^^
「素晴らしい小説」となるのなら、それで良い。
そうカレンに言い、原稿とおりの朝を迎えるハロルドが、潔くていいんだけど
何と言うか・・・う〜ん・・・でした。

原題 STRANGER THAN FICTION
製作年度 2006年
監督 マーク・フォースター
出演 ウィル・フェレル 、エマ・トンプソン 、ダスティン・ホフマン
クイーン・ラティファ 、マギー・ギレンホール 、リンダ・ハント

【映画館で観賞】
  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/312
P R
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS