デジャヴ

March 21 [Wed], 2007, 23:37
「デジャヴ」 2007年 米

★★★★



デンゼル・ワシントンが痩せた分、ヴァル・キルマーが肥えたんやない?

うん!良かった。
最初は「面白いのかなぁ??」と正直かなり不安でした。
私だけではなく、皆さん、同じ気持ちだと思いますが、映画を暇つぶしに
観ている訳ではなく逆にわざわざ「暇」を作って観に行く訳ですからそりゃ
あ慎重に選びます。

(田舎なので選ぶ程上映されてないのが救い?^^;)
デンゼル・ワシントンをイマイチ好きではないのと、映画館で観なくても
いいかも・・・・という思いでしたが、時間的都合で「アンノウン」を
蹴って観たのですが、私は久々に映画館で満足を得ました。
精神的なものもあると思います。(期待してなかったから^^)

「デジャヴ」と言えば「既視感」・・・前に同じような体験をしたような気
がする、とかこの場面夢で見たとか普段でも大なり小なり、誰でも経験した
事がある筈。

舞台となるニューオーリンズは2005年の巨大ハリケーン、カトリーナの
被災地で今なお映画の中でもその傷痕はしっかり描かれています。

そのニューオーリンズで、海軍の家族など乗った総勢543名のフェリーが
テロにより爆破される。
一瞬にして、多くの犠牲者が木っ端微塵に吹き飛ばされる場面は、「カトリーナ」
も「テロ」も容赦なく残忍な点では同様だ。

無残な被害の跡地に地元のATF(アルコール・煙草・火器取締局)の優秀な捜査
官ダグ(ワシントン)が現れ捜査を始める。
FBIのプライズワーラ(キルマー)に、特殊捜査班に抜擢されるがハイテクもハイ
テク、近未来アクション「マイノリティ・リポート」もびっくりの、“白雪姫”
プログラムで衛星を駆使し4日半前を映像化するシステムで犯人を追う、
というものだった。

近未来SFものなら、アリだけど現代にこのような装置を上手く融合できるかが
観る側の鍵になるのでは?
私はタイムパラドックスには手厳しい方だが(←偉そうにすみません
と、言うのも夢のある「ファンタジー系」や「SF系」などに時間枠を越える事
はアリでも、現実的な話に強引にくっつけるのは、違和感が生じてついていけ
ないからで・・・、だけど今回どういう訳か、辻褄が合うし、納得できて
満足も得たのでした。

このダグが、テロの爆破の1時間前に殺された、クレア(カビーゼル)の4日前
を例のプログラムで見張るうちに目の前のモニターでは確かにこちらを(カメラ)
を意識しているような目線だったり“生きている”実態を目の当たりにし、どん
どん恋におちていく。まぁ人間らしさですね。
“白雪姫”のカメラのズーム・シーンは見応えあります。
目が廻りそうだったけど^^

クレア役のジム・カヴィーゼルは最初の死体の映像でハル・ベリーか??と思っ
た程綺麗な黒人女性だ。
追跡捜査(あくまで過去のデータ追跡)で、ダグの相棒がどのようにして殺され
たのかも判り、目の前で人が死んでいく映像にプログラマー達は涙するのです。

黙って観ているだけでは、気が済まないダグが彼らの「特殊ゴーグル」を搭載し
た車で犯人を追跡。
4日前の足取りを、現在のダグが追い掛け回す姿は、正直「犯人の家を調べて行
けば済むのに?」と思いました。どうしても、追跡してゴーグルで事実を観たかっ
たからだとは思いますが・・・^^

そうこうして単独犯を捕まえるダグだったが、4日前に戻りクレアを助けようと
する。
過去を変える?どうやって〜〜??? 
ハラハラしましたね・・・エンドロールの楽曲も中々良くて、結局、映像のマジ
ックに捕らわれた私でした、チャンチャン♪
『デジャヴ』を感じているのは、最後に出てくる彼(中盤にも)が、
                                  ・・・・と言う事で^^;

製作年度 2006年
監督 トニー・スコット
出演 デンゼル・ワシントン 、ポーラ・パットン 、ヴァル・キルマー 、
ジム・カヴィーゼル 、アダム・ゴールドバーグ 、エルデン・ヘンソン

【映画館での観賞】
ふと、思ったので加筆しますが、ヴァン・キルマーを観た時、ほとんどの人が
「デジャヴ」を感じたのではないだろうか?^^

「あれ?この俳優どっかで観た事あるけど、誰だったかなぁ」と。

そして死体の写真を観て、やっぱり「観た事ある!!}(ハル・ベリーに一見

見えるから^^)ひょっとしたら、そんな遊びもあったのかも(なんてネ)

  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/277
P R
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS