ナルニア国物語〜第一章 ライオンと魔女〜

March 12 [Sun], 2006, 17:11
「ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女」 2006年 米



★★★★

It's a Fantastic!!!

仕事や喧騒に疲れたら、こんなおとぎの国へどっぷり入りこむと気持ちの「凝り」がほぐれていきます^^

英国ファンタジーの名作の映画化。C.S.ルイス作。(全7巻だけどずっと続くのだろうか??)

ぺペンシー家の4人兄弟は疎開先の屋敷の衣装タンスの奥に広がる別世界へと迷いこむ。

一面、雪の銀世界。最初は末っ娘のルーシーが隠れんぼの途中その場所を発見。 

半神半獣の、フォーンことタムナスと出会う。そこは人間こそが「伝説」の生き物

とされ、言葉が話せる不思議な生き物たちが暮らす「ナルニア国」で、白い魔女

ディルダ・スウィントン)が邪悪な魔法をかけ100年もの間、冬が続く恐怖の世界だった。

翌日ルーシーの兄らもそこへ入りこむ。

言い伝えではナルニアを救うためには、人間の子供4人が必要だった。

伝説の王 「アスラン」も復活し、戦争から逃れて疎開したのに戦いなんて・・・・

と戸惑いながらも4人の可愛い&生意気さかりの子供たちの冒険がはじまる

映画は音楽・映像と申し分なく、文句をつけるとすれば

ディルダ・スウィントン
が迫力に欠けた事ですかね^^

いや十分なんだけど、重要な役だけにもっと特殊メイクなどで迫力つけて乗り物

ももっと大きくても良かったのに・・・・・・。

それと100年支配してきたわりにあっさり死んじゃうし^^

「LOTR」のケイト・ブランシェットに対抗できる

存在感なんだけどなぁ〜〜(コンスタンテンの ガブリエル役、良かった)

「LOTR」は登場人物が多いし壮大なので、比べたら ・・・( ̄  ̄;) うーん

だけど、こちらも十分に楽しめると思います。

実の兄弟ならではの「裏切り」だの「結束」がこの「ナルニア国物語」の

魅力かも。

それとビーバーの夫婦可愛かったぁ^^

【映画館での観賞】
  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/23
P R
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS