ロード・オブ・ウォー

July 14 [Fri], 2006, 23:12
「ロード・オブ・ウォー」2005年 米

★★★☆

80年代から世界中の紛争地帯で武器を売り込み巨万の富を築いたウクライナ系
アメリカ人ユーリー・オルロフの半生。実在する武器商人をモデルにした物語。


少年時代に家族と共に渡米したウクライナ人ユーリー(ニコラス・ケイジ)はNYの
ブライナン・ビーチ、リトル・オデッサでは、移民のロシア人ギャングが闊歩し“死”
と隣り合わせの生活の果てに、武器こそ商売になると気づく。
商売敵のシメオン(イアン・ホルム)からの軋轢や、賄賂に屈しない「正義の味方」インターポールのジャック・バレンタイン(イーサン・ホーク)の執拗な追跡、密輸に巻き込んだ実の弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)が、右腕になる筈が、麻薬に溺れ施設行き・・・・など
決して順風満帆とは言えなかったが、天性の商才と、「出過ぎない」所が成功の
鍵か?武器の密輸商人として、その名を後に轟かせる運命に・・・・。

少年の頃に一目ぼれした、地元のモデル、エヴァ(ブリジッド・モイナハン)を物に
するために、貿易商のリッチなオーナーを演じ大見得を張るところが可愛くて笑える。 
ユーリーをリッチマンだと信じ込むエヴァは結婚の申し込みを承諾する。一児を儲
けるが、1991年ソビエト連邦の崩壊のニュース。
TV画面にアップで映し出されたゴルバチョフの顔にユーリーがキスしまくるシーン
がこれまた 笑えた。「ニッキーが歩いたのよ」妻の声も耳に入ってない様子。

旧ソビエト=武器の宝庫。手が出せなかった物に今、故郷ウクライナにいる叔父
を頼りそこに眠るお宝(武器)をゲットする。すなわち破産寸前だったユーリーに 
舞い込んだ金の成る木(期)だった訳。運が味方したのね。

アフリカのリベリア将軍をはじめ、戦時下にあるアフリカ諸国に武器を売りさばき 
一財を得るのだった。
実在のモデルがいるのでドキュメンタリー・チック(タッチとも違う?^^)に
描いている。
ヤクをさばけば、たちまちジャンキーで溢れ、チョイ悪の若者も人生を棒に振った
りする(最終的には本人の意志だが)
しかし武器をさばけばそこで殺戮が起こる。人生を棒に振るどころの騒ぎではな
い。多くの罪のない人が殺され血を流すのだ。「死の商人」

武器商人と言えば、最近観た「M:I:V」のPSホフマンだとか、「24」に出てくる
「ウィルス兵器」までも品揃えばっちりの冷酷非道な極悪人を想像してしまうが 
ユーリーが一見どこから見ても、普通の人間なので、正直、調子狂う。
人殺しもした事ない?そんなまともな人間に武器を捌けるんだろうか・・・?

インターポールの出現で、一旦は商売から足を洗ったかのように見えたユーリー
だが・・・。アフリカの顧客から強制的な商談を持ちかけられ、妻を欺き、更生した
弟を再び巻き込み武器を運ぶ。

この売買でユーリーは全て失う羽目に。
妻は最終的には夫を売るし、弟は目の前で行われる殺戮行為に神経をやられて
微力ながらも抵抗し、殺される。親にも見捨てられ、ユーリー自身も拘束されるが・・・。

合法で武器をさばいてきた彼には、法の手は中々届かないのだった。

世界最大の武器供給国の米・英・露・仏・中が、国連の常任理事国という矛盾。 
武器の売買の摘発に力を入れている一方で武器を売っている。 この辺の皮肉も
描きたかったのでしょうね。
個人的にはもっとアクの強い「ユーリー」を観たかった気もする。
イーサン・ホークも大人しすぎ。妻役のブリジッド・モイナハンは自分の事を
「私の才能はこの容姿だけ」とほざくがちっともいい女だと思わないなぁ・・・残念!
ジャレッド・レトは、良かった。この人「アレキサンダー」で、コリン・ファレルの恋人役だった人ですね。今回は繊細や役が上手かったです。 

女は最終的には裏切るのでご注意を(笑)
夫婦といっても元は他人なので^^

PS:武器を扱う割りに派手なアクションなどは出てこないし重いテーマの割りに
軽快?なテンポで描かれていますので 「アクション物」もしくは「社会派ドラマ」を
期待するとがっかりかも^^

【DVD観賞】
  • URL:https://yaplog.jp/tonton119/archive/102
P R
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
https://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS