錦繍〜KINSHU〜

November 12 [Thu], 2009, 19:48
天王洲銀河劇場に錦繍〜KINSHU〜を見に行ってきました。
私の大好きな鹿賀丈史さん主演の舞台です

宮本輝さん原作の小説を外国の演出家が担当するという面白い演出になっていました。
離婚した夫婦が10年後にたまたま再開し、そこから手紙のやりとりが始まり、
その手紙の中身を夫婦がそれぞれ朗読することで物語が進んでいくのですが、
出演者男性5名、女性5名がその手紙を連携しながら読み進めていきます。
時には主人公になり、時にはそれぞれの役に回り、実に見事な連携プレーでした。
この日は前から7列目、ほぼ真ん中の席だったので、遠すぎず近すぎず、めちゃくちゃ良席でゆったりと堪能できました
途中休憩が入るのですが、最初はちょっと時間が長く感じたかな
どういう物語なのか、お話を全く知らないで行ったので、最初は流れを理解するのに少し時間がかかってしまいました(苦笑)

でも、後半からは元夫婦のいろいろな思いが交錯し、家族って一緒にいる時はなかなか相手を思いやれないけれど、離れて初めて気づくことってたくさんあるんだな〜って、とてもしんみりとした気分になりました。
パッチギ!LOVE&PEACEの主演を務めた中村ゆりさんが主人公の愛人の役をやっていたのですが、とても美しかったです。
大人な舞台で贅沢なひと時を味わってきました

冨永真佑

November 08 [Sun], 2009, 19:05
私の嫌いが冬が近づいてまいりました
早いね、1ヶ月経つのって

今月の劇団共通ブログのお題は私「冨永真佑」でございます。

う〜んと。。。

そうそう、スワンキーの劇団員になって早1年が経ちました
またまた月日が経つのって早いね。

そして2つの公演に出演できました

ゆかちゃんが自分のブログで劇団員オーディションで私を迎えに来てくれた時のことを書いていたけれど、
そうそう、そう言えばそうだったかな?

確か、ゆかちゃんがちょっとだけ遅刻をしたんだと思います。
待ち合わせの駅で待ってたら、「ちょっとだけ遅れるよ」メールをくれたのを覚えてるな、そう言えば。

私がスワンキーのオーディションを受けてみようと思ったのは、劇団のHPに「ウェルメイドな作風」を目指しているというのを見つけたから。

商業演劇が好きな私にとっては、小劇団て苦手なもの多いので、今まであまり1箇所に腰を据えたことが無かったのですが、「ウェルメイド」と言う言葉が私の中で「グサっ」と突き刺さったのを覚えています。

あれから1年。
ゆかちゃんもとっきーも北方さんも、そしてスワンキー常連組みの客演さんたちも、みんな仲が良く、楽しく活動できてます。

私ってかな〜り人見知り
心ではいろいろ思ってるんだけど、あんまり口にできなくて、なかなか自分から人の輪に入れなかったりするんだよね。

でも、同性であるゆかちゃんの存在は私にはかなり大きくて、ゆかちゃんの天真爛漫な性格と、
とっきーのみんなを纏めてゆく人となりと、北方さんの脚本は私の中でとても居心地良く良い空気をかもし出してくれています。

I Love Swanky

これからもよろしくね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:冨永真佑
読者になる
2008年11月よりSwanky Riderに入団。
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント