『冬物語』

January 31 [Sat], 2009, 22:30
さいたまにある彩の国芸術劇場に行ってきました☆
しばらくぶりに行ったのですが、いや、やっぱ遠かった( ̄○ ̄;)

久々のシェイクスピア観劇!
まあ、セリフの量の多いこと多いこと(驚!)
わかっちゃいるけど、大変です!!
聞いてても理解に苦しむ難しいセリフがいっぱいあるのに、喋る方は大変ですよね?!

唐沢寿明さんが見事に捌いてますが、どんくらいの期間で頭にいれるのだろう…などと余計なことばかり考えながら見てました(笑)
田中裕子さんのお妃様ぶりが美しく、とても50代とは思えません!
テレビでしか拝見したことが無かったけれど、元は文学座出身ですもんね〜
さすがでした(*^−^*)

18時30分から開演して終演が22時を過ぎていたので、今ぐったり状態で電車に乗ってます(>_<)
劇中で紙飛行機がず〜っと飛んでたりするのですが、どういう仕組みになってるんだろう???
スタンディングオベーションの拍手喝采!
豪華な舞台でした。


『冬の絵空』

January 23 [Fri], 2009, 22:55
世田谷パブリックシアターで上演されている『冬の絵空』を見て来ました(*^−^*)
忠義で知られる赤穂浪士の意外なストーリー!
重苦しいプロローグの後に待っている抱腹絶倒の数々(笑)
楽しめましたv^^v
生瀬勝久さんの快調なボケとツッコミ
中越典子さんが見事な尼を演じていました。
藤木直人さんの美しい舞台役者姿はもっと近くで見たかったなあ〜☆

久々に…

January 11 [Sun], 2009, 23:32
ウチでケーキなんて作ってみました

自分で作るのなんて何年ぶりだろう。。。
おいしそうに出来たので写メでとりたくなってしまった
明日からは本格的にお稽古だから、当分こんな時間は持てません
ちょっとスポンジが硬かったけれど(苦笑)買うのと違ってなんとなく食べれちゃうんだよね
明日は稽古だから、きっとお腹が空いて帰ったら残りを一気に食べてしまいそうです

夕べは…

January 06 [Tue], 2009, 15:34
公演に向けての顔合わせ&飲み会でした
忘年会でちょこっと調子ずいてしまった(飲みすぎた)ので、『今日は控え目に…』と心した私
これでも劇団員ですからね〜
客演のみなさまをオモテナシしないとね〜
落ち着いて飲んでちゃダメだよね〜
と心では常に思ってはいるのだけれど、根がオヤジな私は、気配り上手なユカちゃんには到底かなわず
『どうぞどうぞ、座ってて下さい』というユカちゃんの天使のような優しさについ甘えてしまい…
すっかりお客と化していたのでした
すみません( ̄○ ̄;)
忘年会でついつい飲みすぎてしまったのも、ついつい定位置でどしっと座ってしまうのも、ひとえに集まった皆さまがとっても楽しい人たちだから
この仲の良さはそりゃ腰が座ってしまうってもんです

いやいや、そんな言い訳で自分が気配り下手なのをチャラにしようなどとはミジンも考えてはおりませんm(_ _)m
北方さん、トッキーさん、ユカちゃん、そしてみんな
大好きだよ〜愛してるよ〜
本番まで、鍛えてやってね〜
ボケッとしてたら遠慮なくこきつかってね〜
よろしくね〜
本番が本当に楽しみです
みなさま、こうご期待ですよ

あけましておめでとうございます

January 01 [Thu], 2009, 7:00
新年あけましておめでとうございます
2009年かぁ〜。。。月日は容赦なく、どんどんと流れてゆくのですね…(感無量)
本年もよろしくお願いします

そして4日後にはSwanky Rider第11回公演に向けて顔合わせがまっているのだ〜
いよいよ始まるよお稽古が

さてさて今月の劇団統一テーマは「原点」だそうです。
うん。。。何の原点について話せばよいのだろうか???

やっぱり劇団ブログなのだから芝居のことか

20代はとにかく「綺麗な役」がやりたかった私…
「綺麗な役」って何そりゃやっぱり「主役」でしょ
絶対「2」の線でしょ、悩める乙女の役でしょと思っておりました。

そして30代、たとえ出番が少なくても、せりふが少なくても、主役じゃなくっても、
印象に残る人は残るのだというのが少し大人になった私にようやく
理解できるようになってきた。
『存在感』=「出番が多い」じゃないよねと思えるようになった時、
たとえ出番が少なくても脇役でもキラっと光る役者さん
というのに目が行くようになりました。

それまでは自分に与えられた役より、人がやってる役をやりたくてやりたくてしょうがなかったりして、
その人の出来が悪いと「私のほうが合ってるのに」などとブーたれてたりしたことも
ありましたが、それは自信過剰というやつです。穴があったら入りたいです(過去の私…)

ということで、どんな役が来てもそれを精一杯「やっぱりこの役は私がやるのが一番ね
と言えるようになることが、本当にいい役者になることだと思えるようになって、
それからちょっと殻が破れたりしたのかな

ちょうどその頃出演した舞台でまったく知らない(だれのお客さんだったんだろう???)方から
「いやー良かったよー!!」と握手を求められたのでした
嬉しかったな〜

純粋に出し切った手ごたえがその時はあったので、友達とか知り合いからではなく、
まったく面識の無い方からそう言われたことが目茶苦茶嬉しく、有難かったです。

そして、私が一番幸せを感じられるのは、だ〜れもいない空席の客席を舞台から
ぼんやりと見ている時
舞台に薄明かりだけが入っていて、客席は真っ暗。
リハが終わったちょっとした空き時間とか楽屋にいても手持ちぶさたな時は
ひたすらボーっと舞台から客席を眺めています。
この瞬間が何物にも変えがたい幸せ
ボヤーンとした客席の空気にこのまま吸い込まれたい衝動に駆られると言ったら
うなずいてくれる役者さんはいるでしょうか

それをまた1月半後に味わえると思うとなんたる幸せでしょう
今からドキドキしてきます。

この2つの気持ちがある限り、やっぱお芝居続けちゃうんだな〜私

ちゃんと「原点」について語れただろうか
ということでどんな役が回ってくるか楽しみでごじゃりまする
みんな見に来てね

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:冨永真佑
読者になる
2008年11月よりSwanky Riderに入団。
2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント