犬とのコミュニケーション Part 1

February 08 [Thu], 2018, 18:01


今回のブログのテーマは、

犬とのコミュニケーション

犬は人間の言葉の意味を理解しているわけではありませんが、
犬ならではの特性で人間の意図を上手にキャッチし、対応しています。
最近の研究ではそうした犬の特性が科学的に明らかになっています。


コミュニケーションの能力を犬は人と一緒に歩んできた長い歴史の中で身につけたと言われています。
人間と犬の間に「収斂進化(しゅうれんしんか)」という特別な関係が生まれたのではないかと考えられています。
「収斂進化」とは、異なる生物種が同じような環境で過ごした時、
身体的・行動的な特徴が似てくるという現象のことです。
人間と犬は生物学的にには離れた動物ですが、長い間一緒に過ごしたことで、
似たようなコミュニケーションの能力が育まれたのではないかと考えられています。



🔶飼い主の裏の気持ちを理解している🔶

愛犬の名前を呼ぶ場合、「可愛いね」という気持ちを込めて名前を呼ぶこともあれば、
イタズラをした愛犬の名前を呼んだり、
シャンプーをしたり病院に連れて行くのに名前を呼んだり、、、
このようなとき、犬は敏感に飼い主の感情や意図を察し、喜んで飛んでくるときもあれば、
逆に知らんぷりを決め込んでいることもあります。

犬も人間と同じように単語とイントネーションの両方に反応しているのです。
つまり「犬は言葉に込められている飼い主の本当の気持ちがわかっている」と
言い換えられるのではないでしょうか。


🔶犬も嫉妬する🔶

かつて、嫉妬などの複雑な感情は人間しか抱かないと考えられていましたが、
現在は「犬も嫉妬する」と考えられています。
群れの中で生きている犬は常に自分の地位を気にしています。
そのため自分の地位を脅かしそうなライバルが出現したり、
飼い主にあまり遊んでもらえなかったりすると、やきもちを妬くのです。





病院行くよー!シャンプーだよー!と声をかけると逃げるのよね〜
と飼い主さんによく言われます、、、
好きな言葉、苦手な言葉、それぞれ分かっているんだな〜と感じます。
それにしてもわんちゃんってホントに頭がいい!と感心しますね〜


犬と人のコミュニケーションについて
Part2も書きますのでお楽しみにしてください








  • URL:https://yaplog.jp/tomeyo/archive/568
ヤプログ!広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とめよ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2005年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ネイル
読者になる
とめよさんは在宅ワークになりました
2018年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
月別アーカイブ
ムービーボード