犬の知性

June 27 [Wed], 2012, 11:04




ちょっと面白い記事を見つけました。(2012/6/25朝日新聞より)


心も空気も読める犬、サルより優れた社会性検証
という題名です。
『悲しいことがあって落ち込んでいたらイヌがなぐさめに来てくれた
こんな経験をお持ちの方、いらっしゃると思いますこれらを検証してくれています。
方法は飼い主に楽しいビデオと、悲しいビデオを見てもらい、どちらを見ている時に
犬が飼い主へ注意を向けるか。
結果は楽しいビデオの時の方が、犬は飼い主を長く見つめたそうです。

研究を行った京都大の藤田教授によると、
『落ち込んだ飼い主より、遊んでくれそうな楽しい気分の飼い主のほうが好きなのではないか』
ということです。
感情そのものを理解できるかどうかはともかく、飼い主の感情による状態の違いが判るのは確からしいです。
すごいぞ、ワンコ




動物の行動や認識をめぐる研究はチンパンジーが有名で、犬には最近までほとんど目が
向けられなかったが、1990年代半ば以降盛んになったとの事。これは犬の心をもっと知りたい
という一般からの要望が強かったことも影響しているらしいです。もっと、もっと知りたいですね



一般的には、犬の知能は人間に近いサルより劣るとされてきたが、何をもって賢い
とするかは見方による。
中身が見えない、フードが入った入れ物と、空の入れ物を見分ける実験
片方を人間が振って音がしなければ、チンパンジーは「もう片方にあるはず」と理論的に判断して
正しく見分けられるが、犬は苦手ところが、人間が「こっちだよ」と片方を指さしで教える方法
だと、犬は簡単にこなし、利口なはずのチンパンジーはうまくできないそう
これを例えると、チンパンジーは科学者で犬は心理学者になるらしい。どちらも群れをつくる動物
だが、他者の顔色をうかがって心を読むような社会性は犬の方が優れているかもと結んでいる


他の実験では、信頼できる人を区別できるようです
院内に掲示しておきますので、ご興味ある方はどうぞお立ち寄りください




                    

  • URL:https://yaplog.jp/tomeyo/archive/135
ヤプログ!広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とめよ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2005年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ネイル
読者になる
とめよさんは在宅ワークになりました
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ムービーボード