Toccoオールインワン化粧水の実際の感想とお得な買い方

July 30 [Thu], 2015, 23:24
Toccoオールインワン化粧水の発売から少したちましたが、芸能人も使っていることから人気がおとろえていませんね・・・


人気の秘密は、化粧水に使っている成分で、乾燥肌や敏感肌でも安心してつかう事のできるオーガニック性の化粧水です。

この化粧水一本で、化粧水、乳液、ブライトニング、美容液、化粧下地と5種類の要素をこなしてくれます。

旅行などではハンドバッグに一本ですみますし、朝のケアで一日を通して使えるロングタイプとなっております。

肌荒れが心配な方にも安心して使える成分だけを使用している完全オーガニック化粧水で石油由来の成分を一切採用しておらず、合成界面活性剤も、もちろん不使用です。

日本人の肌にあったオーガニックオールインワン化粧水で忙しい朝でも簡単にお肌のケアができてしまいます。

毛穴の汚れを吸着して外に排出するといわれるアルギン酸Naは昆布やワカメといった海藻に含まれる成分です。

また天然のローズヒップは毛穴の黒ずみや肌の老化によるたるみやくすみを解消、乾燥肌やお肌のベタツキにハリア効果があります。

実際にToccoを使った方の感想ですが、オールインワンというこれだけの成分でありながら一本で済むということえコスパが高い商品です。

臭いは無臭ですし、目に入った場合は洗い流すのが基本ですが、洗い流した後に目が腫れることがないのは天然成分だけを使用しているからです。

Toccoについて詳しく書かれたサイトを下記バナーで紹介しています。
気になる方はクリックして確認してみてくださいね。
↓    ↓    ↓    ↓    ↓
オールインワン化粧水【Tocco】

Toccoオールインワン化粧水の特徴と成分についての口コミ

July 30 [Thu], 2015, 23:23
Toccoのオールインワン化粧水は防腐剤を使っていない自然な成分を使ったオーガニック化粧水です。

また、防腐剤を不使用なのですが、その秘密はToccoがアルカリ性であるということです。

アルカリ性の性質として、皮膚につけた場合は皮膚を軟化させて汗腺を広げて肌の汚れが外に放出され、その時に肌から酸が放出されて皮膚表面が中和されて健康な肌へと導いてくれる。

また、アルカリ性の性質からバクテリアなどの雑菌の繁殖を抑えて防腐剤不使用となっています。

温泉などで美人の湯とか、お肌がスベスベになるのはお湯の成分がアルカリ性にあることから、Toccoは温泉同様の性質であるということです。

角質層の隅々まで浸透するミストタイプのオールインワン化粧水はToccoオールインワン化粧水『エクストラEGFローション』です。



Toccoの化粧水の成分や特徴について口コミしています

July 30 [Thu], 2015, 23:16
オーガニック化粧水でToccoが各メディアで取り上げられてから話題になっていて知っている方も多いのではないでしょうか?

このオールインワン化粧水はミストタイプでベタつきがなくさらっとしています。

このToccoの成分には、化粧水、乳液、ブライトニング、美容液、化粧下地とこれらの5種類の要素をこれ一本で補ってしまうのです。

また朝の洗顔後のToccoワンプッシュで化粧下地までしっかりとケアしてくれるのです。

知らずに使っている化粧水は石油系の界面活性剤を使用していたりします。

この界面活性剤を使用する目的は水と油という本来は混ざり合わない物を混ざり合わせるものでつかわれています。シャンプーや洗顔料によく使われており汚れを落とす作用があるので使われている成分です。

この界面活性剤を化粧水で使うと、角質の隅々まで浸透しすぎて肌のケアどころか肌を保護している機能を崩壊してしまうという成分なのです。

界面活性剤を不使用で防腐剤も不使用の化粧水です。

Toccoの主な成分を紹介します。

ノバラエキス
グリセリン
水酸化K
アルギン酸Na

ヒトオリゴペプチド-1

となっており、本物のアルコール有機溶媒無添加成分表示商品です。

ミストタイプなので、1プッシュで約0.08ccを使っています。一日6プッシュで計算すると一本当たり100mlなので約3か月分となります。

この化粧水に憧れていながら価格で悩んでいる方もいますが、それだけ本当によい化粧水なのです。