NOVA vs スクールきづ

2007年10月31日(水) 2時01分
NOVA vs スクールきづ

NOVA の記事は個人的に興味をもって読みました。

「低料金」という共通点があるものの
戦略が正反対なので比較してみました。

 NOVAは、
  規模を拡大し、スケールメリットで低料金を実現しようとした。
  要するに、大量生産・大量販売という考え方に近い古い感覚だ。

  規模を拡大するために、多額の宣伝広告費が必要になり、
  「授業料の前払い」、しかもかなり長期の前払いを導入した。

  生徒を集めるために駅前の高価なビルを選んだ。

  これが成功し多数の生徒が集まり、 
  成功したビジネスモデルとしてマスコミの喝采を浴びた。

  しかし、
  多数の先生が必要になり、「人件費」が負担になった。
  高価な宣伝、高価な教室、高価な人件費、
  これでは、低料金は、ムリだろう!

  経営陣も受講生も、この点に気がつかないのが不思議だ。
  広告のマジックなのか?

  それよりも、ビジネス一本やりで
  受講生の目線がないのが最大の失敗だろう。

  
 スクールきづは、
  時間で借りる教室が1つ。
  他の英会話学校ではやらない基礎練習のみを行う。
  いわゆるニッチェだ。

  小規模を維持するため、広告宣伝をしない。
  ネットと口コミだけだ。

  「授業料は後払い」が原則だが、
  分割払い、出世払いもあり、
  請求するのを忘れてると、勝手に振り込んでくれる。

  駅に近く、立地条件は良いが
  オーナーさんに恵まれ、安く借りてる。

  先生は、私1人なので人件費の心配が要らない。

  これを支えているのは、

  宣伝や教室にお金をかけても、
  英会話は上手くならない、という信念と
  
  自分が受講生だったら、という視点だけ。

  沢山の激励のメール・応援
  有難うございます。


  • URL:https://yaplog.jp/tkdream/archive/263
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
■プロフィール■
木津隆夫です。 よろしく!
■兎年。土星人(ー)です。
■通関士試験、英検1級、宅建  商業英検A級、 一般旅行主任、外国為替2級などに合格!
■外資系化粧品会社17年勤務後、講師業に従事
■趣味は、ゆっくりジョギング

平成17年3月「スクールきづ」開講














「通関士受験のサプリメント」メールマガジン(無料)
 
「英検TOEIC受験サプリメント」メールマガジン(無料) 
 
「通関士・貿易のサプリ」携帯メールマガジン(無料)

「一般教養で遊ぼう!」メールマガジン(無料) 
 

2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
https://yaplog.jp/tkdream/index1_0.rdf