ルパン三世(2015) 日テレ(12/24)#13

December 25 [Fri], 2015, 15:29
第13話 ルパン三世の最期

捕まったルパンはイタリアの監獄に投獄される。
500人体制で見張っているから安心だと豪語する。
しかし通気口から脱出を試みたが銭形が事前に察知する。
監視カメラで見張っているか安心だというが、壊して
 飛び込んできた看守を捕まえて逃亡を試みる。
まさか神父を呼んで最期の祈りなどさせていないでしょうな?
神父がルパンに変装していた。

三度の逃亡未遂で意気消沈の看守長。
ルパンの忠告を受けて離れ小島にルパンだけの部屋を準備する。
銭形が一人で見張っている。
次元、五エ門、不二子は部下が見張っていた。
動く気配もない。
同様にレベッカも見張られていた。
救出に向かいたいが、次元たちに手伝うことは罪深きことと止められていた。

流石に脱獄は無理、諦めたと食事を食べないルパン。
最後は綺麗に亡くなりたい。
日に日に弱るルパン、速く助けに来いと逆に心配になる。
銭形の望みはルパンを捕まえること。
捕まえてみると、目的を失ってしまう。
それでも、何度も踏みとどまって扉は開けない。

最後にタバコと髭剃りを求める。
髭剃りは無理、本当に亡くなったように見える。
急いで中に入ると、見えたのはルパンの遠近法を利用した騙し絵だった。
食材を利用して描いたのだった。
総ては、このために脱獄を演じて誘導したのだった。

今度は遅かったから心配したと不二子。
資産は総て没収されたルパンだった。

奴が社会に適応したら世界が変わってしまう。
監禁していた者が脱獄したのだった。

---次回 「モナリザを動かすな」---



今回から後編なのかアバンのナレーションや、アイキャッチが変わってました。
ルパンの脱獄エピソード。
敢えて簡単な状況ではなく、困難な状況に誘導して秘策で脱獄する。
まあ、面白いかといえば微妙でした。
絵を描いて脱獄と言われても・・・、しかも騙しですからね。

TVシリーズはカリオストロ伯爵の遺産でレベッカとの結婚も関係するようです。

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback

» ルパン三世(2015) 第13話 『ルパン三世の最期』 ルパンはいつ動...

髪と髭伸び放題のルパン。1stシリーズ「脱獄のチャンスは一度」のオマージュなのは間違いないですね。 途中で逃げられると困る。やむなくイタリアの刑務所に収監されたルパン。しかし安心は出来ません。息をするように脱走するルパンとの真の勝負はこれから。 何しろイタリア、というかヨーロッパは死刑が無いのでルパンが死ぬまでこの戦いは続く。例によって刑務所長は万全の体制を敷いたと自信満々。銭形がこれを一蹴。 ・通常の牢獄+500人の看守→穴掘って逃亡・厚さ1m、鋼鉄の独房→これは看守がアホ、一人で乗り込むとか無いよ。・神父の訪問→バカモン、そいつがルパンだ!!ここで神父が「次元じゃないか?」と思った人は1stからのファンでしょうね。  孤島の監獄、看守は銭形一人。何故インターポールの刑事が看守を…という話は野暮なんでしょうね。因みに食事は銭形の手料理。というか銭形キャンプみたいになってますが、看守の家くらい建てればいいのに。ルパンやつれてる。銭形の料理栄養足りないんじゃないの。と思ったら飯食ってなかった。 ハンガーストライキ中?恥を晒すくらないなら…と餓死自殺を図ったか。慌てて鍵を空...

こいさんの放送中アニメの感想  December 25 [Fri], 2015, 16:50
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:てぃわは
  • 性別:男性
  • 血液型:A型
  • 現住所:東京都
読者になる
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アニメ調査室(仮)
» 2015年夏アニメ 個人評価 評価室用 (2015年10月24日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
https://yaplog.jp/tiwaha/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村