古来より高級感のある金属として珍重されてきた錫。割れたり、変色がほとんどないので、永年使用可能で、使い込むほど良さが出る特徴があります。そんな錫のアイテムを探します。

Yapme!一覧
読者になる
« 錫(すず)製品の歴史 | Main
錫 (すず)製品のすすめ / 2009年03月18日(水)
最近錫(すず)でできた道具をギフトでもらったり、話に聞くことが
多くなってきました。
そんなわけで、錫についてちょっと調べてみました。

錫(すず)は、古来より高級感のある金属として珍重され、割れたり、
変色がほとんどないので、永年使用可能で、使い込むほど良さが出る
ようです。その点でも、記念品としても最適で、結婚10周年の錫婚式
のお祝いはじめ、成人・誕生日などのお祝いや母の日・父の日の
プレゼントにも人気があるようです。

また、錫(すず)は金に次いで水を浄化(イオン化)させる働きが高く、
ビールやお酒を「まろやか」で「澄みきった透明感のある」に変化させ
るらしいですね。それに加えて、熱伝導効率の良い事から、器を冷やさ
なくとも冷たいビールを注ぐと瞬時に同じ温度になるとか...
いやぁ、これは素晴らしい...

ざっと調べてみると、特に酒道具としてものすごい需要が高いみたい。
きいているとなんだか無性に知りたくなってみたので、いろいろ調べる
ことにしました。

Posted at 16:44/ この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/tinblog/archive/1
   
Powered by yaplog!