古来より高級感のある金属として珍重されてきた錫。割れたり、変色がほとんどないので、永年使用可能で、使い込むほど良さが出る特徴があります。そんな錫のアイテムを探します。

Yapme!一覧
読者になる
錫 (すず)製品のすすめ / 
最近錫(すず)でできた道具をギフトでもらったり、話に聞くことが
多くなってきました。
そんなわけで、錫についてちょっと調べてみました。

錫(すず)は、古来より高級感のある金属として珍重され、割れたり、
変色がほとんどないので、永年使用可能で、使い込むほど良さが出る
ようです。その点でも、記念品としても最適で、結婚10周年の錫婚式
のお祝いはじめ、成人・誕生日などのお祝いや母の日・父の日の
プレゼントにも人気があるようです。

また、錫(すず)は金に次いで水を浄化(イオン化)させる働きが高く、
ビールやお酒を「まろやか」で「澄みきった透明感のある」に変化させ
るらしいですね。それに加えて、熱伝導効率の良い事から、器を冷やさ
なくとも冷たいビールを注ぐと瞬時に同じ温度になるとか...
いやぁ、これは素晴らしい...

ざっと調べてみると、特に酒道具としてものすごい需要が高いみたい。
きいているとなんだか無性に知りたくなってみたので、いろいろ調べる
ことにしました。
 
   
この記事のURL
錫(すず)製品の歴史 / 
世の中には数多くの錫製品がありますが、
紀元前1500年頃、エジプトの古代遺跡から出土した「巡礼者の壷」
というのが、世界で一番古い錫 (すず)と言われているそうです。

日本では1300年くらい前の飛鳥・奈良時代に中国から渡来したと
いわれており、神酒徳利や茶器に古くから使われ、貴族などの特権階級
に広く愛用されてきました。
江戸時代前期には、庶民にも広まったそうです。

一般的に錫(すず)の食器を見た方は「銀食器」と思われる重厚な輝きと
質感があります。 加工しやすいと言う利点から非常に優れたデザイン性
の高いものが豊富です。
 
   
この記事のURL
錫についてのうんちく / 
◆錫ってどんな金属◆

錫(すず)は、古来から知られている元素であり、錫の元素記号は
ラテン語のStan‐numに由来しています。

錫は原鉱石である錫石から得られ、年間16万5000トンが生産されて
います。また、地球上には約450万トン以上が存在すると言われている
金属なんです。


【錫の特徴】

・錫(すず)は、金属臭がすくなく人体には、無害な金属です。
 また、錆び・変色がなく、手入れも簡単で長期間使用できます。
 
・錫は、やわらかい銀白色の金属であり、酸化被膜のため酸素に
 おかされず水とも反応しません。また、融点が低く、230度で溶かす
 ことが出来るので、加工しやすく、扱いやすい性質を持っています。

・錫は美しい光沢を持ち、食品中に含まれる有機酸に対して鉄を犠牲
 陽極的に保護することから食品や飲料用の缶用材料として今でも広く
 使用されています。
 また、熱伝導率が極めて高いので、「保冷・保温」性に優れいます。

・錫はイオン効果が高く、お酒やお茶・水もまろやかに美味しくなる
 といわれています。宮中では、意味が転じて中身のお酒を「おすず」
 と言うそうです。 
 また、あうまみを損なわず、そのものの味を引き出す力があり、
 錫のグラスで、飲むお酒は、まろやかさを増すといわれています。


 
   
この記事のURL
錫 (すず)製品のお手入れ方法 / 
錫(すず)は錆びないので、お手入れは簡単です。
以下気をつければ良いと思います。


・中性洗剤は特に不要で、水かぬるま湯で洗い、柔らかい布で
 水分をふき取るだけ。

・錫(すず)に付いた汚れは、柔らかい布に練り歯磨き粉をつけて
 ふき取りましょう。

・金属たわしやクレンザーの使用は避けた方がよいようです。

・若干の金属臭が残っている場合もあるようですが、その際は、
 濃い目の中性洗剤を水に混ぜ、そこへ30分ほど漬け込んで
 みると良いみたいです。



長く使って、味わいのある道具に育てましょう!

 
   
この記事のURL
錫製品のおすすめブランド 「能作」 / 
ネットで調べてみたら結構あるんですね、錫製品。

金額も手が届かないというほどではないので、家に2〜3個あっても
話のネタになりそうです。
デザインもかっこいいのから野暮ったいのまであって、なかなか
面白いと思います。

そんな中でも、モダンでクールなグッズを出しているメーカーを発見。

それは「能作」という、「高岡銅器」で有名な富山県高岡市にある、
鋳物メーカー。

ここは、伝統のなかで培われた高い技術と、積極的に取り入れる
新しいデザインで、モダンなテーブルウェア、花器、インテリアグッズ
など、数多く世に送り出していることで名高いようです。

「能作」のグッズは、金属本来の質感や輝きをうまく引きだし、
それでいてどこか優しい雰囲気を漂わせる風合いを持っています。

特に、錫製テーブルウェア「Kuzushi」は、手になじむ持ちやすい形
と美しい輝きによって、「パーク・ハイアット東京」のような、
高級ホテルでも採用されているみたいですね。

楽天では、waclass by TOKYO TOSHIというショップで
多くの種類が扱われているようです。

そのなかでオシャレなものを紹介したいと思います。
 
   
この記事のURL
おすすめの「能作」グッズ / 
(1)「能作」の 錫製タンブラー



錫でできたタンブラーは、熱伝導率が高いので、
冷蔵庫でキンキンに冷やして使うと指が痛くなる
ほど冷えてくれます。

ためしに、浄水器での水をちょっとチルド室に
入れてからのみましたが、本当にキンキンでした!
暑い日に飲むと、おいしさ倍増です。
ウーロン茶を入れても、錫の銀色とお茶の色が
非常にきれいな組合せで見た目も楽しめます。

サイズ的には焼酎ロックや水割りにもにちょうど
いい大きさでとっても便利です。

100%錫なので、黒ずんだりしないみたいです。

○サイズ:
 直径73 x 高72mm
○素材 :
 錫 100%

■詳しくは>>>錫製タンブラー



(2)「能作」の 錫製ビアカップ




錫製タンブラーよりも身長が高いカップです。

タンブラーと同じく、熱伝導率が高く、冷蔵庫で
冷やして使うと指が痛くなるほどキンキンに
冷えるので、ビールのうまさ倍増です。

風呂上りのほてった体を沈めるのには
一番いいかもしれません。

ビールだけでなく、牛乳なんかもおもしろい
くらい冷えひえになります。
(おなかの弱い人は注意ですが...)

○サイズ:
 直径61 x 高115mm
○素材 :
 錫 100%
 
■詳しくは>>>錫製ビアカップ




(3)「能作」の 錫製器セット 「Kuzushi "Kake"」




能作の錫製器のセット。
世界的にも著名なプロダクトデザイナー小泉誠氏
とのコラボレーション製品で、パークハイアットにも
採用されているシリーズのようです。

その熱伝導率の高さを生かして、冷蔵庫で冷やして、
サラダやお刺身、アイスクリームに盛るのにも
使い勝手が良いそうです。

錫独特の柔らかさから、器の形が手でカンタンに
変形できるのも特徴で、自分だけのオリジナルな
食器として楽しめそうです!


○サイズ:
 ・(S) 直径68 x 高34mm
 ・(M) 直径84 x 高42mm
 ・(L) 直径98 x 高H50mm
○素材 :
 ・錫 100%

■詳しくは>>>Kuzushi "Kake" 大中小セット



(4)「能作」の 錫製箸置き 「八」




能作の錫製箸置き。

末広がりで縁起が良いとされる、数字の「八」を
イメージしてデザインされた箸置き。

やわらかい金属である錫の特性を生かし、自分の
好みの形に調整することができます。
こういうことができるのは錫製品ならではですね。

5点セットなので、来客用として重宝してますが
もちろん家族向けにも使えそうです。

ギフトにも人気があるようです。


○素材:
 ・錫100%
○サイズ
 ・箸置き:各W52×D24×H2mm
 ・桐箱:W180×D85×H19mm
○重量
 ・箸置き:各11g
 ・総重量/118g

■詳しくは>>>錫製箸置き 「八」



waclass by TOKYO TOSHIには上のほかにも、
30点以上あるようです。
徐々に試し次第、アップしたいと思います。


 
   
この記事のURL
 
 
 Powered by yaplog!