ドキュメンタリー番組、1945

January 18 [Wed], 2012, 17:00
ドキュメンタリー番組、1945年8月15日に振り返ってみると視覚的な回顧録の貢献、いすゞ山田戦争の同僚、俳優と監督小津安二郎、"8月15日の映画の人、"15と08かそこらWOWOW"非架空のWは、"毎日放送されます。小津安二郎と呪文は、軍事的に開始ニュースの一環として、取締役のシンガポールの戦争の回顧録を祝う日は、あなたが知っている、ミスタージョーンズは"私は安堵と不安を感じ、"人気のスターウォーズですと40人、などにメモを書いたというように。いくつかの映画の鮮やかな証言は、戦争、戦争、戦後の映画産業の状態の前に貴重明らかにする。プログラムの計画、"ガイドは、言った:"(61)の文を作ったとして、フィルムアカデミーキネマ旬報ぶら下がっ尾の雄のエグゼクティブディレクターが表示されます。 (デジタルデイリー)] [ピクチャー機能"8月15日映画"そのような家族の写真、雑誌のディレクター小津映画"キネマ旬報"戦争の15周年の出現のようなプロセスは、、後半年8月60の記事に掲載されました、"8月15日日本映画"根拠。記事では、ジョーンズ氏、ディレクター二郎山本、ケリー、監督英二円谷、俳優を含めて監督小津安二郎、、氏片岡が前記千恵蔵、40以上の映画の女優田中と彼の絹の世代に貢献和夫氏長谷川、プールの明るい面、同僚や手書きメモ、写真や証言、ニュース、アニメ、ドラマは視覚的な表現の使用です。パート1での制約の証言を合計することによって、戦後戦争の同盟国の状態に第二部(GHQ)本部を見直しの概要を説明します。 "キネマ旬報"古い映画雑誌は、1919年に設立。ギャップは1940年3月まで、第二次世界大戦の影響で1946年12月からです。氏は、"キネマ旬報"は、同じ記事を満たし、戦後の商業映画産業の終わりをぶら下げ、およびバックナンバーの背面に"電源の俳優、監督、保護されていない(すなわち一日)を参照してください。本当に面白い存在するという現実、それはそうです。 (映画が)古い映画のファンに興味を持って、あなたは、1945年8月15日、たくさんの種類を再現"と考え、3月初めに企画部門のドキュメンタリー形式のドラマの再現を提出することができます。ドラマの形で再現されるためのプログラム。 "映画産業"失敗"、"国の有名な映画監督女優秀子高峰、原子混沌の設定恐怖、減少の一部、のだから、第二次世界大戦のこの日、ショット山本氏は高嶺のバルーンと空腹インドネシアのジャングルウォークのプロットを取る軍隊生活は、まだ新しいプール、氏の俳優だった。彼の妻、稲垣三郎東大阪浩コーチ、の一部"生命に対する緩い、"検査官を削減し、記事から再生を主演、映画では"フィルムの状態制御は"。円谷監督の最初の部分は、そのような戦争の回顧録木村コーチ荘12台の、一日振り返る。森氏巌の回顧録によれば、東宝のスタジオのディレクターは、後に映画制作の本部命令1945年9月22日、氏ウッズ氏史郎木戸、松竹、大映、氏ハオ菊池の受信に使用されている複製後にどのように物議を醸すと劇的。加えて、製品の発売が愛するような焦点のような監督小津安二郎、"小津安二郎、戦争、"戦争映画監督の小津安二郎監督の手書きのノートのスペルと初期の絵の戦争の始まり"撮影Nootoに"考え、 。尾面白いプロットをぶら下げ氏は、氏センが解放されたから回顧録の全国の映画検閲GHQの流れ、から矢印の今後の政策方向を説明するとして報告された"映画の歴史の中でどのように非常に興味深い時間を、"コメントしています。 "このタイプのプログラムが行うことについてのドキュメンタリー映画を作り、成功すると、言った:"ハング尾と期待が、"俳優が日本の歴史、ディレクターで、右か、影響力のある映画産業は、言って何上で重要なマイルストーンです。我々は、どのようにこれは将来が面白いが何であるか風のプロジェクトを意味するとしている彼らの証言を見直すことで、私は日本の"魅力の今後の方向性を確認したいということです。さらに、彼は尾ハング"、瞬間的な変化(今年の)値のを、地震東がある場合、(及び戦争)重なって、"彼は言った。地震の映画、映画自体、何の種類の変更のお願い、"個人的に、私は、地震後に期待どおりに再生されない、フィルムは泣くに招待、涙珍しいの値を持
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:thrfgdfc
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/thrfgdfc/index1_0.rdf