上野駅周辺

August 15 [Thu], 2013, 20:15

今回はお盆休み特別企画。取材で出かけるときは、ほぼここを通るという上野駅周辺を紹介します。
これまでに撮った写真を使うので、いつの旅というわけではありません。


上野駅の外観です。


いつも使う高崎線。東京の北の玄関上野駅からまっすぐ北上し、群馬県へと向かうJRです。大宮を過ぎると、駅と駅の間隔がすごく長くなります。


資料を広げて仕事をしながら乗るので、グリーン車をよく使います。昼間はガラガラです。


上野駅には、高いホームと低いホームがあります。
低いホームに着いた時に用を足す13番線のトイレ。


中に入るとこんな張り紙がしてあります。
迷惑行為って、何でしょうね。
一見、ありふれた張り紙です。
問題は、ここが男子トイレだということぐらいでしょうか。


出しなに振り返ると、入口にはこんなものが貼ってあります。
「警察官立寄警戒中」………トイレが!?


気を取り直して中央改札を出ます。待ち合わせ場所として名高い、朝倉文夫作「翼の像」。正面に見えるのは、平山郁夫作のステンドグラス。さすが、芸術の街・上野です。


上野駅の構内でランチするならここ、「ブラッスリーレカン」。
銀座レカンの支店ですが、ランチが1600円とリーズナブル。


店内をお見せできないのが残念です。
とにかく雰囲気が素晴らしい。
以前は、上野駅の貴賓室だったスペースを使っています。


駅を出た正面、丸井の並びにあるアイリッシュバー「ザ ワールドエンド」。


ギネスビールとフィッシュアンドチップス。


駅ビルをぐるりと回ると、公園側に博多ラーメン「一蘭」があります。
また、写真がタテにならない……。


ご存知の方も多いでしょうが、席は一人ずつ両隣と仕切られ、注文の品が出されたら前のスダレも下ろされます。集中して食べろ、ということなんでしょうね。このつくりは、「ぼっちキャラ」の私向き。味も好きです。15年ほど前、博多で初めて一蘭に連れていってもらったとき、スープの最初の一口に衝撃を受けたのを思い出します。


駅ビルを出てアメ横へ。朝の連ドラ「あまちゃん」のロケ地であることをアピールする横断幕が。


ドラマでは、正面のビルが「アメ横女学園」の劇場で、地下に「奈落」と呼ばれるレッスン場があって、そこにGMTのメンバーがいるという設定です。


が、当然のことながら、ここにはセットも何もありません。


もう少し足をのばして池之端までくると、鰻割烹伊豆栄本店があります。
創業は、江戸時代の中ごろとか。


ここで竹酒を飲むのが至福のひととき。
鰻重は江戸前としてはあっさり味で、別にたれが付いています。濃い味が好きな人は、これをかけていただくわけです。


これは4階のタタミを敷いた大部屋の天井。
きれいだったので、思わず撮ってしまいました。


最後は、上野駅ビルの東側、入谷口のすぐ横にあるレストラン「ラ・ココリコ」。
サンルートステラというホテルの1階にあります。


以前にも書いたことがありますが、フォアグラがおいしいお店です。
これは100%フォアグラのテリーヌ。ベルギービールとよく合います。


まだまだ奥が深い、私の「心の駅」上野。
機会があれば、ほかの見どころも紹介したいです。
中央改札の天井にいた「ダイオウイカ」さん、また今度……














  • URL:https://yaplog.jp/thigashida/archive/27
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:東田 勉
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
フリーライターの東田勉です。
ホームページ版「フリーライターの憂鬱」もよろしくお願いします。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~higashida/index.html
2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる