あら同じ服

2008年11月28日(金) 8時04分
デンマークのメアリー王太子妃と、スペインのレティツィア王太子妃。
よく見ると、トップが同じ。



メアリー王太子妃はトップだけ。



レティツィア王太子妃は、これはワンピースですね。

近い親戚同士の嫁達は、好みまで似るようです。

兄夫婦は常夏の国へ

2008年11月27日(木) 16時17分
先日ヨアキム王子御夫妻が、寒っそうなロシアを
訪問されていましたが、兄であるフレデリク王太子御夫妻は
うってかわって常夏の国タイをご訪問。



メアリー王太子妃はタイは2回目ですが、王太子の方は
何度かいらしたことがあり、王太子の父君にいたっては
”プーケット・キングズ・カップ・レガッタ”というヨットレースのため、
何度も訪れているのだそうです。



この花道、タイっぽいですねぇ。



しかし、タイに行って大丈夫なんでしょうか?
心穏やかではないニュースが伝えられて
いますけど・・・



でも↓の写真を見る限り、呑気な感じ。

王太子妃、学生になる

2008年11月26日(水) 15時07分
2001年にハーコン王太子と結婚した際、
「私には”プリンセス・スクール”で、やることが
たくさんあるの」と仰っていたマッテ・メリット王太子妃。



一段落されたのか、今週からヨーロッパで2番目に
大きいビジネス・スクールである”BI スクール・オブ・
マネージメント”のパート・タイムの学生となりました。
3年間でMBAを取得されるのが、目的のようです。



アイスランドのように国が破綻するかもしれない御時世、
王室メンバーとは言え、のほほ〜んとはしていられないのでしょう。
プリンセス&未来のクィーンの座に、あぐらをかいている場合では
ありません。いえ、そういう人だからこそ、高度な知識・教養が
必要とされるのでしょう。



未婚の母だったり、その昔は麻薬パーティーに
参加したこともあると告白したメッテ・マリット王太子妃ですが、
王室に嫁がれて時間が経てば経つほど、好感度アップ!ですね。

クリスマスまであと一ヶ月

2008年11月25日(火) 13時36分
いやはや早いもので、クリスマスまで丁度あと一ヶ月。
”あぁ、またこんなんで終わってしまうのか・・・”と
反省し、焦るところに、寒さが厳しく差し込んできます。
オランダのちびっ子お姫様達は、まだそんなことで
憂慮することもなく、ただクリスマスの到来を
ひたすら待ち望んでいることでしょう。


           三女アリアーネ王女を肩車するマキシマ王太子妃   

王太子御夫妻の公邸のある海辺の町、WASSENAAR
(”ヴゥァッセナー”っぽい発音)で、サンタ・クロースの
訪れを告げるブラック・ピーターをお祝いするお祭りが
行われました。


       ヴィレム王太子御一家(真ん中の女の子は、次女アレクシア王女)

王太子御一家も一般に混じって、楽しまれたようです。


       未来の国王ヴィレム王太子と、未来の女王アマリア王女

吹き出すチェルシー

2008年11月24日(月) 3時35分
お兄ちゃんカップルがどうなっているのか、
様々な憶測が飛び交っている中、
ヘンリー王子とチェルシー嬢の方は
まずまず安泰の様子。でもこのカップルの
2ショットも久々ですね。



イングランドVS南アフリカ共和国のラグビー観戦に
来たふたり。チェルシー嬢、現在はブリストル大学院の
学生ですが、大学は南アフリカのケープ・タウン大学を
卒業しているので、これはふたりにとっては興味深い
試合なはず。



英国歌「ゴッド・セイブ・ザ・クィーン」を歌うにあたり、
お祖母様に敬意を表し、ニット帽(↓の写真)を取ったヘンリー王子。
しかしどうやら歌詞を変えて歌われたようで、思わずチェルシー嬢が
吹き出してしまったらしいです。



まずは、二人が安泰で何より。
実はチェルシー嬢、チャールズ皇太子のハイグローブ邸で
行われたパーティーに出席するため、汽車に乗って
最寄の駅まで来たのはいいけれど、ヘンリー王子が
迎えの車の用意をすっかり忘れてしまっていました。
ハイヒールに夜会用のドレス姿のまま、寒空の下、
駅でつくねんと車を待つ羽目になったチェルシー嬢の
姿が見受けられたそうです。

モナコのナショナル・デー

2008年11月22日(土) 6時28分
11月19日はモナコのナショナル・デー。
公室メンバーズも、ニュー・ヨークやらロンドンやら
ミラノから帰省して、お祝い行事に参加されました。



お久しぶり、アンドレア様!



シャルロット嬢と義妹アレクサンドラ王女(9歳)。



ピエールも夏以来のご登場。


 (左後)エルンスト・アウグスト5世(カロリーヌ王女の旦那)、カロリーヌ王女、アレクサンドラ王女、シャルロット嬢

ギョギョギョッ!!カロリーヌ王女、ご乱心??!
その赤い帽子と靴は、アレクサンドラ王女と合わせたんでしょうが、
誰か注意する人いなかったのでしょうか?
(でもシャネルだったりするのよね〜)


                   シャルロット嬢は今日も安泰

しかしです、アルベール大公、あの婚約の噂、
どーしちゃったんでしょ?

フレアー・パンツ姿のエリザベス女王

2008年11月21日(金) 8時23分
一瞬、合成?と疑ってしまうような写真。
しかも写っている女性は・・・・?



ギョギョギョッ!フレアー・パンツ姿の
エリザベス女王ではございませんかっ?!
しかもこれデニム地では??? 
ヒッピーの時代くさい写真でございます。
1970年代、どこか南国のビーチで撮影された
ものらしいです。後に写っているのはブリタニア号。



上の写真の中央の金髪男性は、エジンバラ公。
たまぁにウィリアム王子が、この顔そっくりな
表情の時がありますよね?



雪を乳母のマーガレット・マクドナルド目掛けて
投げようとしているエリザベス女王。



そり遊びをしているエリザベス女王。



妹マーガレット王女(前方)と遊ばれるエリザベス女王。

と、とっても珍しい写真ばかり。

ヨアキム夫妻 イン ロシア

2008年11月21日(金) 8時07分
先日、マリー王女の御懐妊が発表されたばかりの
ヨアキム王子御夫妻、ロシアをご訪問されています。
そんな極寒の地を妊婦が訪れていいのか?と
思うものの、デンマークも同じくらい寒いだろうと
思えば納得。



まずウラル山脈のあるエカテリンブルク市を訪問。
この写真、義姉メアリー王太子妃なのかマリー王女なのか、
一瞬悩みませんか?



上の写真を見る限り、そんなには寒くなさそうです。







早々と飾られたクリスマス・ツリーの前で、
ポーズされるマリー王女。
この5日間の旅は、この後、モスクワ、
サンクト・ペテルスブルクへと続きます。


クロス・カントリー・スキー特訓

2008年11月20日(木) 4時25分
ノルウェーはすっかり冬。
ほら、雪もこんなに積もって。


    左より イングリッド王女、ハーコン王太子(後)、スヴェレ王子、メッテ・マリット王太子妃

ノルウェーと言えば、クロス・カントリー・スキーが盛ん。
王家キッズも、こんなに小さいうちから特訓です。
コーチはパパ、ハーコン王太子。
後からスヴェレ王子(2歳)を支えています。
パパは道中何が起こってもいいように、
荷物がぎっしり詰まったパック・パックの他、
休憩に使うマットまで背負ってます。



首都オスロから車で約3時間のUVDALという
このスキー・リゾート地。王太子御一家は
去年2戸も購入されたキャビンで過ごされた
そうです。

クリスマス近し今日この頃

2008年11月19日(水) 5時51分
11月も後半に入ると、欧米諸国はクリスマス・ムード一色。
どこに行っても赤・白・緑に金モールなどの飾り付けが、
非常に鮮やかに目に飛び込んでくる季節となりました。



気が早いように思えますが、毎年恒例になっている
モナコ王室からモナコ赤十字本部へ、クリスマス用の
食べ物が詰まった袋が贈呈されました。
これはこのホリデー・シーズンを、十分にはお祝い出来ない
方々へ赤十字から配られるのだそうです。

このブログの内容とは全く関係ないんですが、
アルバート王子の婚約、どうなったんでしょ?



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:theworldroyals
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像まひろ
» モナコ建国記念日 イケメン予備軍集結 (2019年11月21日)
アイコン画像とら猫
» アンドリュー王子、公務から退く (2019年11月21日)
アイコン画像theworldroyals
» モナコ建国記念日 イケメン予備軍集結 (2019年11月21日)
アイコン画像美の遺伝子はベア嬢と現公子の方に受け継がれたかな。
» モナコ建国記念日 イケメン予備軍集結 (2019年11月21日)
アイコン画像よしこ
» モナコ建国記念日 イケメン予備軍集結 (2019年11月20日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE