フランセス・シャンド・キッド夫人

2010年09月21日(火) 6時42分
昨日のコメントの中で、ダイアナ妃のお母様は
どんな方だったのか?ということだったので。



1936年1月20日、ジョージ5世が亡くなった日に
第四代ファーモイ男爵の第二子として、ダイアナ妃と
同じくサンドリンガムの邸宅で誕生されたダイアナ妃のお母様。
ご結婚前のフルネームはフランセス・ルース・バーク・ロシェ。
母親であるルース・ファーモイ男爵夫人は、
エリザベス皇太后のレディ・イン・ウェイティングのひとり
でした。



1954年、後のスペンサー伯となられた
エドワード・ジョン・スペンサー氏と、
ウェストミンスター大聖堂で挙式。
なんと1500人もの招待客の中には
エリザベス女王様もいらっしゃったそうです。

ご存知の通り、娘三人と息子一人に恵まれたものの、
実は1960年には息子のジョンを生後10時間で
亡くすという悲劇に見舞われるという経験も
されています。



うまくいっていたかのようだった結婚も、
夫人自身の浮気によって破綻。
1969年にスペンサー伯と離婚した夫人は、
浮気相手だったピーター・シャンド・キッド氏と
再婚。最初はダイアナ妃と現スペンサー伯の
チャールズは母の再婚相手と一緒にロンドンに
住んでいましたが、裁判で母親が親権を失い、
父の元に戻っています。

しかしこの結婚もピーター・シャンド・キッド氏の
若い女性との浮気で破綻。1988年に離婚して
います。

有名な話ですが、ピーターさんとカミラ夫人は
親戚筋にあたります。



その後、スコットランドに引っ込みギフトショップを
経営していたこともあったそうです。

ダイアナ妃とは険悪な仲であったことも知られており、
妃の亡くなる前の4ヶ月間は口をきくことすらなかった
そうです。
妃が亡くなった際には、亡くなった知らせを受けたものの
遺体の身元確認及び引き取りにも呼ばれず、王室からの
連絡を待つしかなかったと言われています。



パーキンソン病と脳腫瘍を患っていた夫人は2004年、
今度はジョージ5世の誕生日であった6月3日に68歳という
若さで息を引き取られ、葬儀には子供達は勿論のこと、
ウィリアム&ヘンリー両王子も参列されました。


  • URL:https://yaplog.jp/theworldroyals/archive/893
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
管理人
そうそう英国人、特に貴族にフェミニンな女性って
あんまり居ないですよね。
特にダイアナ妃のお母様くらいの方たちって
服装もコンサバですし。
でもとっても品のある顔をされた方々が多いんですよね。

多分、苗字から辿ると元はフランス系のようですよね。
2010年09月23日(木) 13時54分
ゆきな
端正で美しい方ですね。
英国女性でフェミニンな美人はあまり見掛けないので、実物は更に可憐でお綺麗な方だったんだろうなと思います。
遺伝的な偏り、非人間的なしきたりや結婚のしくみ、いろいろな意味での貴族社会の不幸を背負って生きてきてしまったように思いますが、好きな相手と短い期間でも幸せに過ごせたのでしょうか。
お孫さんには是非穏やかな幸せを手に入れてほしいと思わずにはいられません。
人間として幸せになってほしいです。
2010年09月23日(木) 13時13分
ロシェとは、フランス系なのでしょうか?
ロココ調のお顔に見えますが。綺麗ですよね。
3番目の写真の左端の女性は、後妻さん?
その横はサラ姉様でしょうか?いつもファッションが…ビミョー。
お母様の方が洗練されて、オシャレですね。
2010年09月22日(水) 20時26分
puspam

ほんとうに上品でお綺麗な方。
ウエディングドレスの刺繍の見事さに、驚かされます。
おそらく手刺繍ですよね?

この時代の、アレクサンドラ王女やお母様、
マーガレット王女、などなど、お写真を拝見すると、
どなたも、これぞ英国貴族という容姿をされていて、
品よくお綺麗。そしてどの方も、
エレガントで、質の良いファッションに身を包んでいるんですよね。
今の時代はそこまでの方にはお目にかかれず、
ちょっと残念です。

でも、そういったものを放り出しても、
好きな人のところへ飛び出す気持ち、
庶民の私には、好わかるような、分からないような。

2010年09月22日(水) 14時14分
管理人
苦労なんてしなくても良い家に生まれながら、
将来のイギリス国王の祖母となりながら、
なんとも心穏やかという言葉から
かけ離れた一生を送られた方ですね。
ダイアナ妃の葬儀に出席された時の
全ての悲しみを押し殺したような
表情が印象に残ってます。

ダイアナ妃の死後、プロテスタントから
カトリックに改宗されたそうです。

そう正に英国貴婦人とはこういうもの!的な
容貌と品ですよね。

3枚目の写真はダイアナ妃の姉、
ジェーンさんの結婚式の写真のような
気がします。
2010年09月22日(水) 13時05分
綺麗な方だったんですね。不倫に関しては、当時随分騒がれたと聞きます。伯爵夫人でいるより魅力のある人物だったのでしょうね。もったいない。

それにしても、幼少時のダイアナ妃が辛い思いをした母の離婚と再婚・・・そして自分の離婚、全てに「カミラ家」が関係しているのですね。カミラ夫人の家系は、不倫が得意なのね・・・と、呆れてしまいます(^^;)
まるで、大木にからまるツタ(絞め殺し無花果)のイメージです。
2010年09月22日(水) 11時10分
ひよこ
お母様は、私の想像する、英国貴婦人……と言う感じそのもので、上品な感じの方ですね。

ダイアナ妃が、亡くなる前の4ヶ月、お母様とは口も聞かない状況だったとは知りませんでした。
華やかな表面とは違って、本当に複雑な家庭生活を送られたんだなあ……としみじみ思います。

複雑な家庭に育ったからこそ、ダイアナ妃は、チャールズ皇太子に、父性と温かい愛情を求めていたけれど、同じようにチャールズ皇太子も母性と包み込まれるような愛情をカミラ夫人に見いだしてしまったので、上手くいかなかったのかなあ……と思ったりします。

ウ王子とへ王子は幸せな結婚生活が送れたらいいなあ……。
2010年09月22日(水) 11時09分
二代目
管理人様、ありがとうございます。
確かにダイアナ妃は管理人様の説明でしっくりくる
お顔でした。どちらか言うとお父様似。
なんで母親似なんて思ったのか不思議。

両親も年が離れていて上手くいかなかったので、
皇太子妃に決まった時、お父様はとても心配されていたそうです。

一旦母親に引き取られていたとは知りませんでした。
裁判の時フランシスさんのお母様までスペンサー伯に有利な
証言したとか。でも、もしお母様に引き取られていたら
ダイアナ妃が誕生しなかったかもしれないと思うと複雑。

ところで3枚目の写真は一見古そうですが、ダイアナ妃の
結婚式の時ですか?
2010年09月22日(水) 9時07分