おいしく、栄養満点、美しく

September 27 [Thu], 2007, 18:34
 「ワンハンドレッドの朝ごはん」というタイトルを見てメニューの紹介?
と思われた方もいらっしゃったかもしれません。

ここワンハンドレッドでは毎朝yokoさんが栄養のバランスを考え、またその盛りつけにも工夫を凝らして、旅行中の疲れた体でも食欲が出るような朝食を日替わりでお客さまに用意しています。その朝食は宿泊して下さったお客さまに好評を頂いており、常連さんの中には名物のフレンチトーストを楽しみに来てくださる方もいます。

ですが、これまでそのメニューは泊まって頂いた方に味わって頂くしかなく、ブログを通してワンハンドレッドを知った方やこれから宿泊予定のみなさんにはメニューを紹介する機会がなかったので、今回から「朝ごはんシリーズ」と題して定期的にメニューを写真で紹介していきたいと思います。

第一回目は、定番メニューの一つであるブルックリンのイタリア料理店のラビオリです。

通常は、ほうれん草(緑)とマッシュルーム(白)のラビオリ2種類に、たっぷりトマト酸味が利いたトマトソースをかけ、たっぷりの野菜を添えて出しています。ラビオリの中はチーズとマッシュルーム等入っているのですが、非常にあっさりした味なので、朝からイタリアン?!と思われたかもしれませんが以外にペロッと食べれちゃいます。



朝ごはんシリーズでは、ワンハンドレッドの名物メニューや、季節のメニュー等も紹介していきたいなと思っていますので、ぜひお楽しみに!

お店情報:
Fratelli Ravioli
http://fratellimarketplace.com/index.html

本場ベルギーワッフル!

September 24 [Mon], 2007, 3:08
 こないだとっても美味しい絶品ワッフル屋さんに行ったので、今回は初・グルメレポートにチャレンジしたいと思います。

yokoさん、お泊まりだったお客さんと一緒にchelseaにあるpetite abeille行ってきました。日曜日にNYで女3人ブランチだなんて、まるでSATCで見ていた場面みたい♪と、NYにいるんだぁと改めて実感すると共に、行く前から一人で意味の分からない想像をしてウキウキしていました。
(ちなみに、来年公開予定の映画の撮影が始まったようです!SATCファンは必見です♪http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7007288.stm)


petite abeilleはベルギー料理のお店なのですが、店内はTin Tin(タンタンの冒険旅行)の人形やポスターが飾られ、ベルギー製の古い缶にお砂糖が入っていたりとベルギー製のもので溢れていて、アメリカのカフェとはまた一味違った雰囲気を感じました。



そして、何よりもベルギーといえば「ワッフル」が有名だと思うのですが、写真を見て頂いたら分かるように、ここのワッフルは絶品でした。

お店を入ってすぐ左手に焼きたてのワッフルが並べられていて、入ったとたんにほんのり甘いワッフルの匂いに包まれ、私はもうそれだけでも幸せ〜っっと待っているのも苦にならなかったくらいです。



そして、注文したGaufre Exotique(Mango, Kiwi, Pinapple, Banana, Whipped creamがのったもの)を食べたのですが、もうそれはそれは美味しくて、至福の瞬間でした。以下写真をご覧下さいませ!
(もう一品注文していたSamon Beneditももちろん絶品でした!)



日本でポビュラーなワッフルというと、甘みも強くてちょっと重い感じのものが主流だと思うのですが、ここのワッフルはとっても生地が軽くてまるでサクサクしたパンケーキのような食感で、甘みも控えてあるので見た目は大きい?!と思うかもしれませんが、「おいしーい、おいしーい☆」と言ってるうちに一人で一個ペロッと食べれちゃうくらいでした。しかもここのオリジナルのストロベリーソースがこれまた新鮮で甘酸っぱくて。。。(もちろん甘さ控えめ)ワッフルとぴったり合うのです!+日本ではなかなか食す機会のない新鮮なマンゴーや、その他のフルーツがのっていて、もう大満足でした。

そんな絶品ワッフル、美味しい料理を求めてお店は沢山のお客さんで込み合っていました。またこのお店は子どもへの対応も丁寧もいいようで、お子さん連れの家族も多く見受けられました。家族ずれで行かれる方にもオススメです!)

petite abeilleで初めてベルギー人仕込みのワッフルを食し、その美味しさに感動したのはもちろんのこと、それだけでなく食を通しての文化発掘ができた気がしました。ここNYは移民の国の数だけ料理の数もあってまだまだ未体験の料理があるのかと思うと、これからもっと色んな料理にチャレンジしてみたいと思いました。

最後に、、、初めてのグルメレポートを書いてみて、食べ物の美味しさを言葉で表現、伝えるのって難しいッと思いました。まだまだ訓練が必要なのでお伝えしきれていない部分もありますが、少しでもみなさんに美味しさが伝わっていますようにw。

Petite Abeille
http://www.petiteabeille.com/

こどもってスゴイ!

September 17 [Mon], 2007, 18:31
 こどもってちゃんと見てるなぁ。。。

先日yokoさんが出かける際に、akiraちゃんのベビーシッターをしたのですが、子どもの観察力ってスゴイッ!!と驚かされました。

一緒に遊んでいる時akiraちゃんが「オレンジジュースが飲みたい」といったので、パーラーにジュースを飲みに行ったときでした。私がジュースを注いで、いつもお客さんが朝食をとるテーブルの上に「はいどうぞ」とグラスを置くと、akiraちゃんはいつもお客さんにオレンジジュースを出す際に使っている紙ナプキンをちゃんと自分で取ってきて、そのグラスの下に引いて飲み始めたのです。

それだけでも私はちゃんと見てるんだなー。。。と驚かされていたのですが、akiraちゃんがジュースを飲み終わった後、私に「紅茶飲みますか?」と普段yokoさんや私がお客さんに温かい飲み物を出す時の口調を真似して紅茶を入れてくれたのです。

カップを取って、紅茶のティーパックを入れて、お湯を注いで、スプーンで混ぜて、「はい、どうじょ」と私に紅茶を出してくれたときは、akiraちゃんの観察力のスゴさに感動&感心してしまい、「あ、あ、ありがとう」と、私の方がしどろもどろしてしまう程でした。

その後もakiraちゃんが「もう一回?」「もう一回?」と一生懸命入れてくれて、3杯くらい作ってくれたのですが、さすがに飲めないので「また今度お願いします。」といって終わりにしました。でも、子どもって普段大人が何気なくしてる行動をしっかり見ていて、それを真似ることで成長しているんだぁ・・・と、そんな当り前のことに気づかされ、感動してしまいました。

yokoさんが外出先から戻ってきた時私は感動まじりにその話をしたら、「おなかにいるときから考えたら、かれこれ3年半『紅茶にしますか?珈琲にしますか?』って聞いてるので、れっきとしたキャリアあるんですよね」と言っていて、私は爆笑してしまいました。2ヶ月の私に比べたら、3年半のキャリアは比べ物にならないですよね。(笑)

子どもは大人の行動や発言をちゃーんと見ていて、そしてそれを真似することで成長していくんだなと、akiraちゃんから教えてもらいました。と同時に、私自身も気づいていない変なくせとか真似されたら恥ずかしいな!とドキドキしちゃいました。

私はワンハンドレッドに来るまでは、普段の生活の中で小さい子どもと触れ合う機会があまりなく子どもとどう触れ合ったらいいのか、akiraちゃんは何して遊んだら喜んでくれるんだろう?と心配していたのですが、実際一緒に遊んでみたら私の方がめいっぱい楽しませてもらって、すっかり一緒に遊んでもらう側になっていました。子どものパワーって、スゴい!!!と圧倒され、終わった後は昔公園で遊んで帰ってきた後のような感覚で、ぐっすり眠ちゃいました。

これからの滞在中、akiraちゃんと触れ合う中でもっともっと子どもが見ている世界を垣間みたいなと思っています。

9.11

September 12 [Wed], 2007, 12:32
2007.9.11

今日はNYで起きたあの悲劇の惨事が起きた日から、6年目の9.11でした。6年前日本で繰り返し見た映像のあの青い晴天の空とはうってかわって、今日は一日雨でした。(Yokoさんも毎年この日は晴れが多いので、雨は珍しいとのことでした。)

今朝はTVで追悼式典の中継が流れていて、深い悲しみに包まれた人々の表情が映し出されているのを見ると、今もなお多くの人達の心に深い傷跡を残しているんだと感じました。ですが、街を歩く限り「Remeber 9.11」という雰囲気を強く感じさせるようなことはなく、街の人達は想像以上に普段通りであることに少し驚きました。

少し話はずれてしまうかもしれませんが、ワンハンドレッドの近くの道路にある素敵な落書きがあるので紹介したいと思います。

All you need is Love.

世界中のみんながこの気持ちをもって過ごせたら、きっと素敵な世界になれるような気がした一日でした。

Fort Greene Park

September 09 [Sun], 2007, 12:40
 NYでは毎年夏の間、野外イベント、フリーコンサートがあちらこちらの公園や野外会場で開催されているのは、もう皆さんご存知かもしれませんが、今日(9/8)はワンハンドレッドから歩いて約10分のところにあるFort Greene Parkで野外ライブが開催されていたので、行ってきました。

8月の終わりから朝晩は涼しくなっていたので、もう夏の終わりだとちょっぴり寂しい気持ちになっていたのですが、今日は晴天で暑く野外ライブにはぴったりの気持ちよい日で、会場は沢山の人で賑わっていました。

Fort Greene Festivalはマンハッタン等で行なわれているライブよりも、もっと地元密着型のイベントでFort Greene界隈のレストランやショップが数多く出店し、地元出身のアーティストが出演するなどして地元/お客さんを盛り上げている感じが伝わってきて、とてもいい雰囲気でした。お客さんもご近所の人達が中心に集まっていたようなのですが黒人、白人、アジア人、スパニッシュ等・・・と様々で、ブルックリンの地域の中でもここは住民の人種の豊かな場所だなと感じました。また、小さい子を連れた家族連れが多かったのですが、大人から子供までみんな青空の下、音楽を聴きながらニコニコでダンスしていて、私もつられて笑顔で踊って(しかも大好きなアーティストのライブも見られて)とても楽しい時間を過ごしました。


最後に、、、話が少しそれてしまいますが、この公園の前にはアーティスト、エリカ・バドゥが使用していることでも有名なオーガニックコスメショップCarol’s daughterのお店もあるので、ご興味のある方にはぜひオススメです。(お店の情報は以下サイトをご覧下さい)

また、Fort Greene Parkは普段地域の公園として憩いの場所となっていて、散歩するとすごく気持ちよいので、お散歩コースにも最適です。

Fort Greene Park
http://www.fortgreenepark.org/

Fort Greene Fes
http://www.fortgreenefest.com/

Carol’s daughter
http://www.carolsdaughter.com/

NY生活2ヶ月目!

September 04 [Tue], 2007, 13:29
 今日9/3でNYに来てから、2ヶ月。そして、ワンハンドレッドでお手伝いを始めてから約1ヶ月半が経ちました。朝ワンハンドレッドでのお手伝いをして、午後から学校という生活パターンがやっと身についてきたかな・・・と思い始めた今日この頃だったのですが、もう2ヶ月経ったのだと思うと改めて時間の経過の早さには驚かされます。

 まだまだNY初心者の私にとっては、毎朝ワンハンドレッドでの朝食時に色々な趣味趣向を持ったお客さんのNYオススメスポットや体験談を聞けることは、とても楽しく勉強になる一時です。そして午後は語学学校でTOEFLという英語のテストに向けた授業を取っていて、韓国、ベトナム、カンボジア、イタリア、マリ、日本と様々な国のクラスメート達と一緒に勉強しています。一つのことを話しても自分とは全く違った考え方をもっていたり、逆に育った国も文化背景も違うのに共通点があったりと、NYで学んでいることを日々実感します。またクラスメートは皆それぞれにテキスタイルデザイナー、エンジニア等、大きな夢を持ってアメリカの大学を目指している子達ばかりなので、とてもいい刺激を与えてくれます。
 
こうやって振り返ってみると、あっという間の2ヶ月でしたが一日一日が濃厚だったなと思います。新しい環境の中では、普段の生活の何気ないことに驚きを感じたり、感動したり、時には戸惑ったりと、日本にいた時とはまた一味違った貴重な経験をしているなと感じます。これからもワンハンドレッド、学校や街で新しい出来事や人に出会えるのかと思うとワクワク楽しみです。

 そして今回はちょっと長くなってしまうのですが、先週土曜日(9/2)にかねてから行ってみたいと思っていたブルックリンのD.U.M.B.O.地区に行ったので、そのレポートもしたいと思います。

 D.U.M.B.O(Down Under the Manhattan Bridge Overpassの略、通称ダンボ)の名で知られるこの地区は、ブルックリン・ブリッジのたもとからイースト・リバー越しにマンハッタンの高層ビル群を一望できる絶好の観光スポットとして有名で、私たちが訪れた日もお天気が良かったこともあり観光客と地元の人達でいっぱいでした。またここ数年、この界隈は元倉庫だった場所を若いアーティストのアトリエとして使用したりギャラリーがオープンするなど、新しいアートスポットとしても活気づいている場所なので、私たちはそれを楽しみに見にいったのですが、ちょうどギャラリーで結婚式が行われていて閉まっていたりと、残念ながらあまり多くを見ることはできませんでした。

ですが、青空の下、マンハッタンの摩天楼を川越しに眺め、美しい姿でそびえ立つブルックリン・ブリッジを真下から見られたのは圧巻でそれだけで大満足でした。



そして、もちろんダンボといえば皆さん必ず訪れているであろうピザ屋Grimaldi's Pizzeria、絶品チョコレートのJacque Torres Chocolateにも行ってみました。イタリア人の友達と行っていたので、「本場の舌でおいしいか確かめなきゃ!」と喜び勇んで行ったのですが、ものすごい行列でさすがに断念せざるを得ませんでした。Jacque Torresの方もたくさんのお客さんがいて大盛況でした。こじんまりとしたかわいい店内で、私は思わず映画「ショコラ」を思い出して暑い日にも関わらずホットチョコレートを注文しました。
今まで飲んだホットチョコレートとは違ってチョコレート100%、チョコレート好きの人には最高だろうなと思う濃厚さでした。この温かくて甘い幸せな気持ちにさせてくれる飲み物は、きっとNYの寒い寒い冬にぴったりのドリンクだと思います。(夏のシーズンはフローズンチョコレートの飲み物もあって、そちらもおいしそうでした。)

 その後は、ブルックリン・プロムナードを散歩しながらヨーロッパ調の古い建物や住宅街を見て回り、マンハッタンとはまた一味違ったブルックリンの良さを満喫した一日を過ごしました。きっと季節や時間帯が違うとまた異なった趣で素敵だろうなと思うので、ぜひまた行きたいなと思っています。

以下、紹介したお店情報です。
もし良かったらNYに来た際に行ってみてはいかがでしょうか?
Grimaldi’s Pizzeria
19 Old Fulton Street, Under the Brooklyn Bridge
http://www.grimaldis.com/

Jacques Torres Chocolate
66 Water street, Brooklyn , NY11201
http://www.jacquestorres.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:スタッフKです
読者になる
ブルッルリンにあるB&B The One Hundredのスタッフです。ワンハンドレッドの朝食時のおしゃべりのようにNYについて、アート、レストラン、ショップ、その他留学情報も含めて色々な雑談を書いていきたいと思います。
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる