タイに関するブログを、バンコク、パタヤ、プーケット、サムイ島、チェンマイなど、タイのエリア別に紹介+タイの情報とコラム。
 最新記事

 記事一覧

« バンコク滞在記-MBKの和風パスタ | Main | バンコクで泊まるホテル(1)-1人旅編 »

バンコクで泊まるホテル(2)-カップル編 /

2010年08月27日(金)

今日は、僕がバンコクで滞在するときに利用

する(利用した)、バンコクのホテルについて。

その中で、カップルで泊まるのに良いホテル。


僕が日本に住んでたときは、日本人の相方、

タイに住み始めてからは、タイ人の相方と、

カップルでバンコクのホテルに泊まる機会が

ある(あった)わけだが、

日本人とタイ人では、ホテルの好みが違う。

だから、昔利用していたホテルと、最近利用

しているホテルは、当然、違う。


昔と泊まるホテルが違うのはバンコク滞在に

限った話
(例えばプーケットに遊びに行くとき

には、以前と同じホテルを利用している)。

これは、サムイ島やプーケットなどのリゾート

ホテルの宿泊料金が国際標準価格なのに、

バンコクのホテルはタイ価格。(安い ◎)

タイ人は都心に泊まるときには、リゾートほど

宿泊予算を掛けない
(掛けたがらない)のだ。


一方、日本の奥さま方は、

マリオット、ペニンシュラ、ヒルトン、シェラトン、

泊まるホテルが、耳慣れた名前であると喜ぶ。

確かに、このようなブランドホテルを選んだら、

国際水準の(先進国並みの)サービスを期待

でき、安心できる。

よく知らない街でも、信頼できるホテルなので、

外国人にはお奨めである。

ホテルの星の数など全くアテにはならないが、

有名ホテル・チェーンは価値あり、と認める。


しかし、僕の日本人の相方の場合、

「バンコクではどちらに?」と友達に訊かれて、

「シェラトン」と言えばスマートで、説明要らず。

しかも、バンコクならブランドホテルも高くない。

ということが、バンコクのホテル選びの基準、

となっていたような気がする。


さて、タイ人の相方の場合、暮らしたことのある

バンコクの街なので、ホテル選びには利便性を

重視する。


僕らが好んで利用するホテルは、

まず、パトゥムワン プリンセス ホテル

MBK(マーブンクロン)と繋がったホテル。

ここに泊まって、MBK、サイアム・パラゴンや

サイアム・スクエアを散策。


スーペリアに泊まっても、部屋の広さは十分。

子供同伴の場合はスイート(倍の広さ)。

大きなプールとジムは、利用価値あり。

朝食以外、ホテルのレストランは利用しない。

(MBKで、安くて美味しい食事ができる)

冷房が効いたショッピング街で、買物、食事、

そして映画を満喫。

冷房好きのタイ人の相方は満足。

ホテルからショッピング街が直結してるので、

一人で買物に行ってくれてる間に、プールで、

寛げる。


このホテルのプールは、本格的に泳げる。

名前も、確か、オリンピック・プールだった。

宿泊料金(2015年)は Agoda で予約した場合、

スーペリア(朝食付)、3112バーツ。

(12379円+サービス+税=14570円)

※2015年7月1日の宿泊料金調べ


次に、バイヨーク スカイ ホテル

プラトゥナムにある、バンコクの最高層ビル。


バンコクのランドマーク的な存在のホテル。

室内は古い感じがするが、広くて快適。

リーズナブルだけど、タイ人の相方が喜ぶ、

大衆的な展望ホテルですね。

大事なことは、スカイゾーン(デラックス)の

客室を選ぶこと。

バンコクの夜景に乾杯、できます。


宿泊すれば、展望台に上るのが無料。

高層階のレストランの割引券も貰える。

だが、このホテルの主なレストランは、

タイ人の好きなバッフェ・スタイル。

僕が嫌いな、食べ放題セルフサービス。

夜景目的には良いでしょうが、中国人の

団体客に混ざってのバッフェはお断り。

伊勢丹まで歩いて、夕食が正解だ。


相方は、プラトゥナム市場で、買物。

安い服を大量に買い込んで、楽しむ。

僕は暑いので、市場はパス。

デパートで、ブランド服を買いなさい。
(買っては捨てる、生活習慣を改めろ !! )



バイヨーク スカイ ホテル、

宿泊料金(2015年)は Agoda で予約した場合、

デラックス スカイゾーン、2548バーツ。

(8878円+サービス+税=10450円)

※2015年7月1日の宿泊料金調べ

※エアポート・リンクの駅から歩けます。

 Ratchaprarop駅 から歩けます。

Airport Rail Link


最後に、エンポリアム スイーツ

高級デパート、エンポリアムと繋がっていて、

BTSプロンポン駅と直結したホテル。



ビルの中なのに、緑が多く、寛げるホテル。

夜景も良いので、

「なるべく上の階」をリクエスト。

「公園側(アソーク向き)」の景色が、◎


スーペリア・タイプの部屋でも、かなり広く、

キッチンまである。

デパートの上の豪華な空間、が楽しい。

宿泊料金(2015年)は Agoda で予約した場合、

スーペリア、4134バーツ。

(15165円+サービス+税=17849円)

※2015年7月1日の宿泊料金調べ


タイ人の相方とカップルで泊まるとき、以上の

ようなホテルが喜ばれます。


タイ・ライフの金銭感覚で、1泊の宿泊料金が

1万円台というのは大きな出費になりますが、

2人でバンコクに来れる機会は、年に何度も

無いので、良いお金の使い方だと思ってます。

宿泊業・サービス業に従事する者の社会勉強

も兼ねてますし、ね。


オリエンタル・ホテルで食事をすることも、僕ら

にとっては、大事な機会。


バンコク一のホテルのサービスを受けること、

それは、サービスを学ぶことになるわけです。



日本人の相方とバンコクに泊まる場合は、

バンコクで、旅行者気分を満喫するために、

まずは、リバーサイドにあるホテル。

マンダリン オリエンタル ホテル

シャングリラ ホテル

ペニンシュラ ホテル

アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート

ミレニアム ヒルトン ホテル

川向こうのペニンシュラとアナンタラは、

バンコクに居ながら、リゾートホテルのように

落ち着いて過ごせます。

僕が好きなのは、シャングリラ。

タークシン橋近くと、リバーサイドの中心から

少し離れてますが、豪華なホテルライフと、

BTS駅近くの下町の庶民的な雰囲気を同時

に楽しめます。

オリエンタルは誰もが認める、バンコク一の

ホテルですが、まだ宿泊機会がありません。

見学した限り、両親を招待したいホテルです。

リバーサイドのホテルは、特に国王誕生日や

大晦日の花火の夜に泊まると、素敵です。



次に、BTSチットロム付近、ショッピングに、

とても便利なエリアのホテルは、

インターコンチネンタル バンコク ホテル

ルネッサンス バンコク ホテル

グランドハイアット エラワン ホテル

僕は、インターコンチネンタル・ファン。

日本では、横浜のコンチにも良く泊まった。

バンコクでも、シティホテルはシェラトンか、

コンチを選んでましたね。



最後に、バニヤン ツリー バンコク

シーロムに近い、穴場的なホテル。

ハイセンスなデザインが、随所に見られる

ホテルで、最上階のバーが人気スポット。


このホテル、タイ人の相方を連れて行きます

が、日本の女性も、きっと気に入るでしょう。

宿泊料金も、バニヤンにしては、手ごろです。

宿泊料金(2015年)は Agoda で予約した場合、

デラックス、3876バーツ。

(14217円+サービス+税=16733円)

※2015年7月1日の宿泊料金調べ


後に挙げた、これらのホテルは、

日本から来られるカップル、ご夫婦の皆さんの

バンコクのホテル選びのご参考に、どうぞ。


この記事は、2010年の記事に手直しを加えて、

2015年のバンコクのホテル情報にしましたが、

バンコクのホテルの宿泊料金は、5年前と比べ、

変動がありません。

但し、2015年は円安なので、円建てで見たら、

2010年の2割増し程度になるようです。

バンコクのホテル予約



サムイ島のことなら、 Weekly Samui
サムイ島の今がわかるブログ →
 サムイ島 ブログ Weekly Samui



高級ホテルの全リストとホテル地図

「プライベートプール付ヴィラ」 36選

「人気の広めの客室」 36選

サムイ島ホテル紹介、ホテル訪問記

サムイ島のおすすめホテル


サムイ島の総合情報は サムイ島の旅行ガイド をご覧ください。

サムイ島へのアクセス -サムイ島の行き方

サムイ島の季節 -サムイ島の気候・天気

サムイ島のホテルの選びかた

サムイ島の散歩地図 -サムイ島の地図



●「タイのブログ」過去の人気記事

サムイ島の天気予報は当たらないと思う訳

サムイ島の雨季は?サムイ島の雨季とベストシーズン

サムイ島の雨季、タイの雨季

スラタニ空港からサムイ島のアクセス情報

サムイ島からパンガン島旅行記

「リタイアしたらタイに住みたい」という方へ(1)

「リタイアしたらタイに住みたい」という方へ(2)

バンコクで泊まるホテル(2)-カップル編

バンコクで泊まるホテル(1)-1人旅編

Posted at 20:00 / バンコクのホテル / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/thai_blog/archive/262
タイのホットな情報は
こちらから

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 プロフィール

サムイ島でアパート経営する
taka とsai のタイのブログです。

 タイ、ブログ全集 --- 目 次 ---




ブログ タイ ブログ

タイ、ブログ全集

当サイトはリンク・フリーです。

   
 Powered by yaplog!