栄と加島

September 05 [Mon], 2016, 12:34
初めて株取引をされるなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座として開設することをお勧めします。

面倒な確定申告の調査や作業にかける時間をできるだけ短くして、その分を、株取引のための情報をかき集めることに時間を割くことができるからです。

これから株を始めてみようと思って今はバーチャルの取引によりやっています。
今は順調で、かなり大きく勝ち越しているものの、いざ実際の株の取引となると簡単にいかないように思います。とはいえ、この株のバーチャルで得た感覚を忘れずに、今年中には株の取引をしようと考えています。



株式投資をするにあたって、いくら価格の変動がはげしいからといっても、出来高が少ない小型株式の売買をすることは、推奨できません。

それは、普段から売買高の少ない株式は購入した株式が売却したいタイミングで売ることができないからです。
失敗しないで株投資をする方法という本や記事をよく目にします。しかしながら、100%失敗しないことはありません。ただし、ちゃんと勉強して、ルールを考えて投資すれば、成功することもありえるのが株というものなのです。

失敗することを恐がったり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しみが待っていると思うのです。

株式投資の領域ではテクニカル指標を操って株式の投資をしている人たちが多数存在します。

それにより、株投資の新米もテクニカル指標についてはおおまかに書籍などで学んでから株の取引などを始めた方が、勝率が上がると思われます聞いたことがあるとは思いますが、株取引には現物取引や信用取引があります。
やはり初心者にはリスクの高い信用取引はおすすめしません。



自分の資金内で売買ができる現物取引が絶対におすすめです。



資金以上に損するリスクがないんですから。ほかにも、優待狙いで長期投資するのもアリだと思います。
株の知識が乏しい者が初歩的な知識を学ぶために推奨されることは、まずは本で株式投資について学び、基本と呼ぶべき本を5冊以上読まなければならないと言われています。
株式投資関連の本を五冊ほど読めば、読んだ本の共通項目は株式投資をする上で必須だということが知ることができるからです。私はこの間、株を始めたばかりのビギナーです。
株を購入して、適度に儲かったら、さっさと売却するべきなのか、反対に、長期保有した方が利益になるのか分からず、今もって悩んでいます。長く保有していると、優待などもありますし、苦悩するところです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソラ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/tge9sirh8rujtz/index1_0.rdf