天使ノ誘惑

2006年03月30日(木) 23時26分


無垢に微笑む君にぞくりと身が震えた



純粋な君に 穢れた僕

罪深い君に 囚われた僕

天使のような君は僕を何処までも堕とす



愛しい人 どうか僕を抱き締めて

強く強く抱き締めて どうか離さないで

馬鹿みたいに無垢で無知な天使のままでいいから

どうか このまま僕だけを抱き殺して

僕だけの為に 純粋なままで堕天使に




君は怒る?

でもそうさせたのは君

君が僕を醜くした

残酷な程の誘惑


天使ノ誘惑

嫉み狂いそして 僕は壊れた

2006年03月25日(土) 9時36分
※ちょと教育上よくない表現が出ます。(いや、このブログ事態そうだけど・・・。)
 15禁位だと思うけど一応・・・・。(自己判断だしね)苦情一切聞かないんで。
 大丈夫って人は反転して、見て下さい。







君が彼に微笑む 彼も君に微笑み返す

普通の光景 ありふれた日常

友人同士の当たり前の会話も 今の僕にはおぞましい


君の細い腕を掴む 痛そうに顔をゆがめて僕を見上げた

首を傾げる君の癖は いつもなら愛しいのに

今はどうしようもなく 僕を苛む


暗い部屋 まるで牢獄のよう

さっき勢いのまま掴んだ手は 痛々しいほど赤くなっている

赤い痕に舌を這わせる 君は驚くけど身動きすら出来ない

細い首と手足を戒める枷のせい

その様は・・・そう蝶の標本

とても 綺麗・・・・


動かない体 微かに動く胸

ゆっくりと手を這わせれば 君に肢体は反応を返す

それが面白くて ゆっくりと唇も落とした

何度も何度も繰り返す 新しい玩具を見つけた子供のように

でも 玩具のように簡単には棄ててあげない

この狂った世界で 君は一生

僕だけのもの



君の『部屋』に薔薇を飾ろうか きっと君に似合う

毒々しいほどに黄色い薔薇を

僕の想いを 伝えるために

君がここにいる意味を知らせる為に


沢山の中の一日でいいから

2006年03月23日(木) 15時28分

穏やかに眠る貴方

その端正な顔―カンバセ―が何のためらいも無く晒されて

思わず指が 貴方の頬を捉える

目を覚まさない貴方 だからそのままゆっくりと撫でた

溢れんばかりの想いを込めて・・・



愛しい人 何も知らない無垢な人

無垢故に罪深い人・・・・・

誰にも見られないように閉じ込めてしまいたくなる

一度でいい たった一度で

もし生まれ変わろうとも もう何も望まないから



俺を想って下さい


まるで求める事しか知らない 少女のような恋



この世で一番綺麗な言葉 『ありがとう』

2006年03月23日(木) 14時48分

禾彗様のブログ「DaY BrEaK+++」をLINKさせていただきました。
日記(でいいのかな?)は楽しく、詩は綺麗に書かれています。
いつもコメント有難う御座います。
今後もよろしくお願いしますね?

美シク艶ヤカナ言ノ葉

2006年03月22日(水) 18時32分

麗艶な口元を見れば 微笑んでいるそれがうっそりと開かれる

『おいで 愛しい子』

そんな事思ってもいないくせに・・・

それでもその手を取ってしまうのは 貴方の睦言が甘すぎるせい

ないと狂ってしまう麻薬のように 手を出さずに居られない

なのに貴方はかまいもせずに この喜劇を楽しんでいる


愚かなのは捕らえられた自分か それとも狂っている貴方か・・・

どちらが愚かでも たいして代わり映えしないのだけれど


甘く禁断の果実 手を出してはいけないと解っていても

誘うそれに勝てはしない

一度口に含んだら止められない

甘い甘い 美辞麗句







君ニ贈ル曼珠沙華

2006年03月20日(月) 15時11分

僕は君が好きです

たとえ、死が二人を引き裂いても

想えば想う程に、僕の心は醜く、そして澄んでいく



死が二人を引き裂いても僕は君を好きだと誓った

君も嬉しそうに微笑んで 『ありがとう』と呟いた

確かに僕は誓った けれど永遠だと信じたものに終止符があるなんて知らなかったんだ



瞳を閉じた君はもう僕を見てはくれない

いつも紅かった頬は青くなり

扇情的だった唇は もう、色すら見いだせない


あの日の僕がこうなると知っていたら 死の先を誓っただろうか?

あぁ知っていたとしても遅かったかもしれない

何故? そんな事解りきっている

君に見つめられたときから僕はもう 囚われていたのだから



眠っているような君に僕はこの華を贈ろう

僕も共に燃やしてくれないかと思いながら

沢山の日々が今 哀しい思い出に変わらぬうちに僕は君に捧ぐ




                 君 ニ 贈 ル 曼 珠 沙 華




君は僕に誰を見たの・・・?

2006年03月14日(火) 20時34分

君を手繰り寄せる

少し小さい君は突然のことに驚いて怒ったね?

ピンク色した頬を膨らませて

それは可愛いだけで僕が思わず笑ったら君はもっと怒ってしまった

でもそっとキスすれば君は真っ赤になって でも笑ってくれる


君を腕に閉じ込める

眠っている君は微かに身を捩って口元を緩ませたね?

僕を見つめる瞳は閉じていて

それは今楽しい夢を見ているんだ・・・

でもそっと名前を呼べば君は薄っすらと瞳を明けて 僕の名前を呼んでくれる


大切で 儚くて 愚かな日常


君が愛していたのはあの人?

僕達との・・僕との日々は無意味だった?

僕のことを・・・・愛していなかったの・・・・?


もう君はいない 暗いくらい闇へと堕ちていってしまって

もう君はいない 僕に恋焦がれる痛みを残して

もう君は戻ってこない 君が唯一愛を捧げるものの場所へと帰ってしまったから


ねぇ・・君は僕に誰を見たの・・・?

僕にはもう知る術が無いんだ


僕の涙に誰か気付いて…

2006年03月07日(火) 13時05分
何故だろう…

簡単なはずの笑顔が造れないよ

頭が鉛のように重くて

声が擦れて

まるで悪夢を見ているみたいな



でも誰も気付かないんだね?

こんなにもいつもの僕と違うのに

誰か一人でいいんだ

誰か僕の涙に気付いて


僕ノ声ハ君ニ聴コエテマスカ?

2006年03月03日(金) 17時01分

どんなに泣いても

どんなに叫んでも

君の背中が遠いよ・・・・

僕の声は君に聴こえてますか?










君は振り返って言ったね

 「 聴 く 価 値 も 無 い 」

それでも君の顔が見れたことに僕は歓喜した







P R
カテゴリアーカイブ
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像禾彗
» ナガサレテシマイタイノ (2006年05月19日)
アイコン画像禾彗
» 笑顔デ殺シテヨ (2006年04月20日)
アイコン画像禾彗
» 名も無いモノ (2006年04月14日)
アイコン画像禾彗
» 此処に佇んで 唯待っている (2006年04月11日)
アイコン画像禾彗
» 此処に佇んで 唯待っている (2006年04月11日)
アイコン画像禾彗
» 幸せ (2006年04月10日)
アイコン画像禾彗
» 可愛い人 (2006年04月06日)
アイコン画像禾彗
» 可愛い人 (2006年04月06日)
アイコン画像禾彗
»  (2006年04月04日)
アイコン画像禾彗
» 最難迷宮 (2006年04月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tenjouno-hana
読者になる
Yapme!一覧
読者になる