日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« 2010年01月 | Main | 2010年03月 »
マリア様がみてる-私の巣 / 2010年02月28日(日)
マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)
ひびき 玲音

集英社 2009-12-25
売り上げランキング : 2746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あ〜、外伝か〜。

と、あまり期待しないで読んだのですが、

そんなに悪くなかった。

別に良くもなかったですけどw

なんていうのかなぁ、すっかり初々しさがないというか。

もっと、スールという制度を軸にやったらいかがか。

 
Posted at 05:47 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
新米女神の勇者たち7 / 2010年02月27日(土)
ソード・ワールド2.0リプレイ  新米女神の勇者たち(7) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(7) (富士見ドラゴン・ブック)
中島 鯛

富士見書房 2010-01-20
売り上げランキング : 1197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、なんか、あまりイマイチのリプレイ。

てこ入れで、二人抜けましたが、

ムーテスが抜けてどうすると。

なんか、私的には、

オタ色強すぎて、気持ち悪い感じがする原因が、ソラとエアの姉妹、メッシュ。

この姉妹をまとめて外せばいいのにと思ったり思わなかったり。

新しく入ったメンバーも、影薄いしなー。

どうなることやら。

 
Posted at 17:39 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
フィギュア / 2010年02月25日(木)
フィギュア。

いいたいことは、山ほどあるが。

ちょっとだけ。

ミクシィのニュースに、プル様の発言について、

批判的な書き込みをしまくっていた人たちは、

昨日の女子SPをみて、どう思ったのだろうか。

何も知らないくせに、「負け犬の遠吠え」だとか。



まぁ、いいんですけどね。

私にとっては、すでに分かっていた結果ですから。

ていうか、ツイッターで、真央ちゃんの点数を見たとき、

「つ、ついに、キムヨナ、SPで、プル様超えの90点か?!」と思いましたからw

さすがに、そこまでは、出来なかったようでwww

 
Posted at 11:57 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
判決文に「通信簿」 / 2010年02月22日(月)
さて、

ボ2ネタより。

ひえ〜,判決文に「通信簿」! 京都教育大付属高、生徒が13項目評価

てことで、

裁判員裁判:判決文に「通信簿」 京都教育大付属高、生徒が13項目評価 /京都

2月21日15時1分配信 毎日新聞

京都教育大付属高校(伏見区)1年の生徒が18、20の両日、現代文の授業で、裁判員裁判の判決文について5段階で評価し「通信簿」を作った。分かりやすさや品格など13項目について5段階で評価。「被告が耳で聞いて一度で理解できるか」という項目で「1」「2」が続出するなど、辛めの採点となった。同校は通信簿を判決を言い渡した神戸地裁に送る予定だ。

 文章力を磨こうと札埜和男教諭(国語科)が発案。昨年9月に出された殺人未遂事件の判決文を生徒40人が添削し、「殺害の目的を遂げなかった」を「結果的に殺せなかった」と言い換えたり、「更生」を「社会復帰」に直したりしていった。  10班に分かれての評価では「もっと一つの文章を短く」と声が上がった。比較的好成績だったのは「文章に品位があるか」の項目で「4」が最も多かった。

 ゲスト講師の下川和男弁護士(大阪弁護士会)は難解な言葉が多い理由について「裁判官は格好いいと思われたいと考えながら判決文を書いているから」と指摘。一方で「裁判員裁判の判決を見て『この制度で裁判は変わるんだな』と感心した。昔と比べて、かなり易しくなった。この授業のことが裁判所に伝わり、裁判がもっと変わるきっかけになれば」と講評した。

 同校1年の小薮知奈(はるな)さん(16)は「実際に裁判を傍聴したこともあるが、分かりにくかった。判決文を書いたまま読むのではなく、聞く人に分かりやすいように言い換えればいいと思う」と話した。【熊谷豪】


札埜先生は、

高校生模擬裁判選手権で常勝無敗を誇る京都教育大付属の指導をされている先生ですね。

法教育にあたるような教育を国語で実践されている貴重な授業です。


資料を読みとって、分析し、考えをまとめ、表現するという、基本的な力を養う素材として、

法教育に注目してくださっているようです。


判決を評価する授業と言うのは、とても面白いですね。

おそらく、今月の日弁連の法教育委員会には、授業案やら資料やら来るのではないかとおもいますので、

その時点で、また、何か分かりましたら、書いてみたいと思います。

 
Posted at 19:56 / 法教育 / この記事のURL
コメント(0)
裁判員裁判、初体験。 / 2010年02月18日(木)
さて、巷で噂の裁判員裁判。

体験しました。

当支部の3号事件。


罪名は、強盗致傷


2日間の集中審理。

今日判決が出ました。

公判で明らかになったことは、書いても差し支えないのでしょうが、

とりあえず、中身にはあまり触れないことにします。


もう、傍聴人はかなり少なかったですね。

整理券なくても入れます。


検察官が従来型の裁判にないアグレッシブな主張立証をしてくるなぁ。

とつくづく思いました。

いままでは、ビジュアル重視だとか、プレゼンがどうだとかそういう所ばかり注目されていましたが、

これまでの裁判ではなかったような証拠も出てきました。


私の出来は。。。裁判員の方に聴いてみないとわかりませんが。

精一杯やりました。

高校生模擬裁判選手権の生徒たちには、

上から目線で、冒頭陳述や論告・弁論に駄目出ししていましたが、

やはり、自分で実際にやってみると、わかりやすい。というのは、相当難しいと実感しました。


報道の方に囲まれて取材されるというのも初めての経験でした。

裁判と同じぐらい緊張しますね。


 
Posted at 20:27 / 法律 / この記事のURL
コメント(0)
第4回高校生模擬裁判選手権の参加校を募集します!(関東大会・関西大会) / 2010年02月14日(日)
日弁連のサイトに告知がでましたっ!

第4回高校生模擬裁判選手権の参加校を募集します!(関東大会・関西大会)

今年も高校生模擬裁判選手権を実施いたします。

この大会は、1つの事件を素材に、法律実務家の支援を受けながら、参加各校が検察チーム・弁護チームを組織し、高校生自身の発想で争点を見つけ出し、整理し、模擬法廷で証人尋問・被告人質問を行います。刑事法廷で要求される最低限のルールに則り、参加各校の生徒が検察側と弁護側に分かれ模擬裁判を行う経験を通じて、物事のとらえ方やそれを表現する方法を学び、刑事手続の意味や刑事裁判の原則を理解することをねらいとしています。

今回、関東大会・関西大会(同日開催)の参加校を公募いたしますので、参加を希望される高校は以下の応募方法を御確認の上、3月10日(必着)までにお申し込み下さい。

なお、選手権観戦の御案内は後日改めて当HP上でいたします。今回は参加校募集のみのお知らせとなります。


さて、ついに、やってまいりました。高校生模擬裁判選手権。

今年もやりますよっ!


 
Posted at 17:37 / 法教育 / この記事のURL
コメント(0)
けんさつ。 / 2010年02月03日(水)
落合先生のブログより。

■[話題]東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」

問題の週刊朝日の記事読みました。

そういう取り調べがあったかどうかはわかりませんが、

まぁ、落合先生も仰っているように、まぁ、あってもおかしくないわなぁと。


さらに、週刊朝日に出頭要請があったとかなかったとか、twitterでは、盛り上がっていますねw

検察「今日、来い。」 

編集長「出張中のためいけません」

検察絶句。


とかいうやりとりが、あったとか、なかったとか。

まぁ、検察としては、

「大魔王(ラスボス)小沢でも、2回も検察庁の呼び出しに応じるのだから、パンピーごときは、5秒で来い」

っていうことなんでしょうけどねw

まぁ、検察は、虚偽の点があるというのなら、そういう酷い取り調べをした「事実がないこと」について、

説明責任を果たせばいいじゃんw

(いままで、さんざん、あることないことリークして、ある立証をしてないのに、ないことを説明せざるを得ないようにしてきたわけですからw)

全部録画しておけばよかったのにねww

よもや、両当事者の立場をきちんと取材して、公平な記事を書けとは言わないとおもいますけどwww

 
Posted at 21:33 / 法律 / この記事のURL
コメント(2)
ガンダムUC / 2010年02月03日(水)
ユニコーンの日(上)  機動戦士ガンダムUC(1) (角川文庫)ユニコーンの日(上) 機動戦士ガンダムUC(1) (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-01-23
売り上げランキング : 13343

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ユニコーンの日(下)  機動戦士ガンダムUC(2) (角川文庫)ユニコーンの日(下) 機動戦士ガンダムUC(2) (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-01-23
売り上げランキング : 10154

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、読みました。

これでんがな〜。

富野のガンダムの小説より、よりサイエンスフレーバーが強くなっていますが、

それでも、こうでなくっちゃ、ガンダムじゃない。

堪能ですわ。

福井さんの本は恥ずかしながら読んだことがないのですが、良かった。


あまりに、おこちゃま向けのガンダム、腐女子向けのガンダムでは、やっぱ、ファーストからCCA(まぁ、閃光のハサウェイ)までの正史のファンは、満足できないですよ。

こういう方向で、ぜひぜひお願いしたい。

 
Posted at 20:42 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
仙台 / 2010年02月03日(水)
さて、法教育シンポの翌日は、昼まで、会議がありました。

会議の後は、塾講師時代のお友達、現在は、東北大学で大学院生をやっているNくんに、

地元の牛タン屋「利久」に連れて行ってもらいました。

奥さんと、むすめさんにもごあいさつ。

娘さん、かわいーね。

全然人見知りもしないで、いろいろ話しかけてくれて、とってもいい子。

そして、利久で、1.5倍牛タンをくらって、腹いっぱいになったところで、

奥さん、むすめさんとは別行動に。

秋保温泉へ。

すごくよかったね。

露天風呂から川が見える。

ちょっと会議と飲み会で疲れ切っていたので、本当にリフレッシュ出来ました。


市内に戻って、さらに、軽く飲み。

牛タンは喰ったから、今度は、カキだとばかりに、酢ガキ、カキフライ、

そして、日本酒と、また、喰いまくり。

いや〜、楽しかった。


Nくんっ!ありがとうっ!

 
Posted at 20:34 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
法教育シンポジウムinせんだい / 2010年02月01日(月)
さて、もう、今日は、かなりへろへろです。

30日、仙台市青年文化センターで、行われた「法教育シンポジウムinせんだい」に参加してきました。

さて、早速内容ですが、

最初の東大教授、法務省法教育推進協議会座長の大村敦志先生の基調講演。

市民教育と法教育、

といった内容。

これは、へ〜、指導要領に法教育が入るんだ〜、ちょっといってみよう。とおもって来た、学校の先生には大変難しかったかと(笑)。

でも、ちょっと、市民と民法の関係、Droit civil、droits civilって何なのよ。民法典、権利とは、何なのか、

といったところで、私にとっては、とても面白かったです。

というのも、横浜国大でお世話になっている憲法の北川教授も、おフランス帰りなのですが、

いままで、おっしゃっていることがほとんどわからんかったのが、

ちょっと光が差してきたかんじ。

実務家の多くは、国内法は知っていっても外国の法や、法の歴史などについては、かならずしもよく知りませんからね。


つづいて、宮城教育大学附属小学校の法教育実践報告。

法務省の、教材、小学生を対象とした法教育教材例の作成についての中の、資料2  「情報化社会を生きる〜情報の受け手・送り手として」に関する教材の実践報告でした。

まず、とても報告が上手だなぁと。

普段から人にわかりやすくものを伝える職業の方は、さすがだとおもいました。

実践内容も、報告者である、教頭先生自ら、キメキメ国国王に扮しているビデオを中心に、

とても、よかったですね。



まぁ、教育大附属のいい子ちゃんたちばかりだから、うまく行きやすいという面もあるのでしょうけど。




パネルディスカッションは、

弁護士会の神坪弁護士が、ものすごく熱いことをしゃべっておられたなぁというのと、

東海林のり子さんが、とても的を射ていてよかった。

このシンポは、ときどき、法曹でないゲストを呼んでは失敗しているようで。

概ね、東海林さんは、子どもに法教育をしても、家庭でそれと正反対のことが行われていてはしょうがない、お母さんをつうしんに、家庭にも法教育を広めないとというお話をされていました。



シンポの内容自体はとてもよかったのですが、

人が少なすぎる。。。120〜130人ぐらい?

法務省さん、きちんと宣伝してくださいよ。

法教育というのをやったというアリバイみたいなことではいけないですよ〜。



シンポが終わって、日弁連市民のための法教育委員と、仙台弁護士会を中心とした東北ブロックの法教育委員の先生で、懇親会へ。

いや〜、仙台、たべものがおいしいね。

よるは、あまり牛タンはでませんでしたが、

日本酒がうまいっ!

2次会まで行きましたが、もう酒が私で、私が酒でといった状況。

ホテルでベットに入っても頭ががんがんして全く眠れず。。。。

そんな寝不足状態で、

9時から仙台の弁護士会館で、東北ブロックと日弁連の法教育に関する意見交換会。

4時間にわたって、東北ブロックでの法教育実践状況についてのご報告や、

日弁連の取り組みの報告。

各地で、法教育を普及させるためにどういう突破口があるのか、といったようなテーマでイロイロ議論がありました。

また、模擬裁判選手権についても、かなり熱く議論が戦わされましたw。

私も、模擬裁判選手権については、学会発表もしているという成り行き上、意見を申し上げマした。



とにかく、東北ブロックにも、若手を中心に法教育に熱心な先生がおられ、

とても、たのもしく思いました。

 
Posted at 11:40 / 法律 / この記事のURL
コメント(1)
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28


アーカイブ
with Ajax Amazon



 
Global Media Online INC.