日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« 2007年11月 | Main | 2008年01月 »
ロード・オブ・ザ・リング / 2007年12月31日(月)
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二

評論社 1992-07
売り上げランキング : 39566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


またまた、何をいまさら。
指輪物語です。

これも、中学生で、「ロードス島戦記1灰色の魔女」を読んで、すぐ、読み始めるべきだったんでしょうね。
ソノ頃から、指輪は、最初がつらいというのは、有名な話でして。
序章もそうだが。。。。
文庫本1冊読んで、スタート地点の村から出れないって、
どんだけ〜ぇ。

ん?

あ、今思いついたんだけど、

どんだけ〜ぇ

って、流行んないかな。
僕オリジナルのギャグなんだけど。



ふぅ。


そういえば、「その域に達していない」ってそれほど流行んなかったね。
流行語大賞になるかとおもったのに。
残念っ!

ん?
今、思いついたんだけど、残。。。。
もういいって。


ところで、紅白も興味ないし、格闘技も興味ないので、大晦日と言ってもすることが無い。
そこで、何か大晦日らしいことということで、NHKのベートーベン先生の第九を見てみました。

見るだけだけどな。音を消して。

音は、朝比奈先生の第九のCDをかけてみた。

なかなか面白いカモ。

 
Posted at 21:20 / 読書 / この記事のURL
コメント(3)
大晦日読書 / 2007年12月31日(月)
剣の騎士 [永遠の戦士 コルム1] (ハヤカワ文庫 SF―永遠の戦士コルム (1641))剣の騎士 [永遠の戦士 コルム1] (ハヤカワ文庫 SF―永遠の戦士コルム (1641))
マイクル ムアコック 佐伯経多&新間大悟 斉藤伯好

早川書房 2007-11-08
売り上げランキング : 52841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マリア様がみてるキラキラまわる (コバルト文庫 こ 7-56)マリア様がみてるキラキラまわる (コバルト文庫 こ 7-56)
今野 緒雪

集英社 2007-12-26
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


猫の手お気楽娘、幻惑? (富士見ドラゴンブック 6-77 ソード・ワールドRPGリプレイ集xS)猫の手お気楽娘、幻惑? (富士見ドラゴンブック 6-77 ソード・ワールドRPGリプレイ集xS)
清松 みゆき グループSNE

富士見書房 2007-12
売り上げランキング : 360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大晦日でございます。
一年、とても早かった。
とくに、結婚という大きなイベントがあったので、年末は忙しかったなぁ。



「コルム」
恥ずかしながら、マイケルムアコック初挑戦。
中学時代に読んでおけば良かった。

さすがに、名作中の名作だけあって、面白い。

ただ、外国ファンタジーって、主人公自体のスキルってほんとあがらないのな。
レベルアップによって敵を倒すというよりは、アイテムの力によって倒すのがほとんどのような。
前に読んだ、ウィンターワールドもそうだったし、ドラゴンランスもそうだったしなぁ。

ドラクエ世代としては、やっぱり、主人公自身にも成長して欲しいもの。。。


「マリみて」

やっぱり、こういう筋だと詰め込みすぎでなぁ。。。
祥子様と運転免許のくだりとかは、良かったかなぁ。。。


「猫の手」
さすが、清松大先生がGMをするので、安心して見れますね。
それぞれキャラ立ちすぎだし。
ていうか、清松大先生がGMでも、バブリーずのスイフリーにしろ、今回のユーリリアにしろ、少しは頭が回ってダークなキャラ(プレイヤ?)がいないと、せっかくの清松大先生のシナリオとマスタリングが映えないんだよねぇ。
そういう点からは、正解だったかも。VEコンバットもイイ感じに戦略性を高めているしなかなか面白いかもね。

 
Posted at 18:10 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
クリスマスとか。 / 2007年12月27日(木)
おうちでクリスマス。
トロと。










26日。
アニハーノフ/レニングラード国立歌劇場管に行ったり。
ガッカリでしたわ。
アニハーノフの髪型がおもしろかったのだけですな。



27日。
うちの事務所に来年から新人弁護士が3人入るらしく、
私は、5階の弁護士執務室から追放されてしまいました。

というわけで、今日は、朝からお引越し。
3階の事務員の部屋の片隅に。


あ、そういえば、「ふるさと牧場」業務停止になりましたね。
なつかしい。
弁護士になりたての頃、出資金の取り戻しをやりました。
あのころで、すでに分割だったので、もう取り返せないのでしょうね〜。

業務停止も、いまごろかよ!ってかんじです。

 
Posted at 19:36 / 日記 / この記事のURL
コメント(1)
DVD鑑賞 / 2007年12月24日(月)
ササノハ オトノハ~七夕夢一夜~ササノハ オトノハ~七夕夢一夜~
遊佐未森

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2007-11-07
売り上げランキング : 1744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


突入せよ!「あさま山荘」事件突入せよ!「あさま山荘」事件
役所広司 宇崎竜童 篠原涼子

アスミック 2006-10-20
売り上げランキング : 12774

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ササノハ〜」
めずらしい遊佐のライブビデオ。
楠さん中心としたオープンゲイツの面々とは、また一味ちがう面白い響き。
クラリネットが効いています。

前半に「Echo of HOPE」という超珍しい選曲。 
久しぶりに”スプーン”も見れましたし。

最後の方は、ほんと、怒涛の盛り上がり。「彼方」凄過ぎ。
夏草のJR━―━―━(゚∀゚)━―━―━― !線路

タペストリー

彼方

アンコールも「クロ」→「ベージュ」
ベージュも、スゴイわぁ。。。
ていうか、オレの語彙が終わってる。。。。。死ねばいいのに。


「あさま〜」
事件自体、くわしく知らないので、それを見るだけでも良かった。

佐々氏という当事者の視点だから、いろいろ問題もあるのでしょうが、題材自体熱いしね。
登場人物多すぎて把握しきれないところとかあったけど。

カットを細切れにしすぎ。
役所を真ン中に挟んで、3者の会話の切り替えしのところとかは、ちょっと違和感が。
カット割りもエヴァみたいにがっちりテンポを作って切るのもいまさらですが、
もう少し、リズム感が出ないモンですかね。

さて、なんで、いきなりこんなものを見ているのかというと、
「魍魎の匣」
のカントクだからですな。
前回、「姑獲鳥の夏」は、大変がっかりな出来だったので、今回はぜひがんばって欲しいっ!

 
Posted at 12:27 / 映画・テレビ / この記事のURL
コメント(0)
トロと旅する(1) / 2007年12月24日(月)
さて、トロとドイツ、オーストリア、クリスマス9日間の旅に行って来ました。
ので、写真をUP!


オーストリア航空で、成田からウィーン!
ウィーンの空港はちょうど夕焼けでした。
っていうか、オーストリア航空のスチュワーデスさんは、全身真っ赤。真っ赤の制服に、真っ赤なストッキング。
ちょっとビックリ。

そこから、乗り換えて、フランクフルトへ。さらにバスでニュルンベルクへ



もう、2日目。おそらく聖ロレンツ教会(?)。
カイザーブルクとかに行ったかも。


2日目昼食から、もうこの旅は、運命付けられてました。
マズイっ!
いや、ニュルンベルガーソーセージは、凄い脂で、6本も食えないし。
ザウアークラフト(キャベツの酢漬け)もおいしくないし。
とほほ。。。。。
午後は、ゲルマン民族博物館。
武器のところとか、なかなか面白かったのだけど、解説がドイツ語オンリーとはこれいかに?!
せめて、英語。。。



夜は、ニュルンベルクのクリスマス市でした。
とりあえず、食い物は、お菓子は甘そう、凄く。
ホットドッグ状のものもいっぱい売っていて、すごくおいしそうだったのだが、
昼のアレのせいで、さすがに食べる気にならず。
グリューワイン(Glühwein あったかい赤ワインスパイス入り)は、クリスマス市のマグカップが欲しいので飲んでおきました。ここのは、やたら砂糖が多くて甘かった。。。。



ホテルの朝食を食べに行く時に見た、お菓子の家。



3日目は、ディンケルスピュールという小さい村に。
町並みがおもちゃみたい。



お昼!
マウルタッシェン(ドイツ風ラビオリ)と日程表には、書いてあるのだが。。。
これもマズイ!
なんていうの、皮が厚くて、しかも茹ですぎて伸びてしまった味の無い餃子?
ゲフッ。 



午後は、ロマンティック街道をバスでかっ飛ばして、ローテンブルクへ。
ここは、凄く良かった。
この建物は、市庁舎(多分)。

ココから下の写真が、市庁舎の塔から見た、ローテンブルクの風景。
晴れていたこともあって、すごい綺麗さでした。
写真で何処まで伝わるかわかんないけど。













市庁舎の上にいたテミス
市庁舎前のマルクト広場でもクリスマス市が開かれていました。
とくにニュルンベルクと変わり栄えしなかったのですが、マグカップが欲しかったので、ここでもグリューワイン。



ローテンブルクの犯罪博物館。
たぶん首切り用の剣。
こういう漫画みたいなデカイ剣も実際あったんだね。儀礼用とか死刑用とか。



夜は、ジャーマンステーキ。
なんか、冷凍マルシンハンバーグみたいな味だった。
あれって、たんに冷凍だからおいしくナインじゃなくて、本場の味を正確に再現してたんだね。


続く。

 
Posted at 09:29 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
今日の読書 / 2007年12月21日(金)
さよなら絶望先生 第11集 (11) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第11集 (11) (少年マガジンコミックス)
久米田 康治

講談社 2007-12-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


デトロイト・メタル・シティ 4 (4) (ジェッツコミックス)デトロイト・メタル・シティ 4 (4) (ジェッツコミックス)
若杉 公徳

白泉社 2007-11-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、また、ロクな漫画をよんでませんな。

絶望先生は、「カメラを引き連れてスラムでサッカー云々」のところが、大変良かったね。
なんだか、無駄に水着が多いのは、サービスでしょうか。

DMCは、ちょっとすごかったです。
サタニック・エンペラーのラスト。
「音楽は、人を殺れる。」
名言です。
さすが、「2007 この漫画がありえない 第1位」(笑)

 
Posted at 16:28 / 読書 / この記事のURL
コメント(1)
結婚式の写真 / 2007年12月19日(水)
やっと結婚式の写真をアップします。












受付をするトロ。





高砂のトロ。















 
Posted at 20:07 / 日記 / この記事のURL
コメント(5)
セットリスト / 2007年12月17日(月)
さて、
私の結婚式で使用した曲のセットリストを。

結婚式のほかの全てはお嫁さんにお任せでしたが、ココだけは100%私の趣味で。

1.(来賓入場)伶楽舎/陰陽師「春庭花 唐楽」
2.(新郎新婦入場)伶楽舎/陰陽師「陪ろ破 唐楽 舞楽」
3.(プロフィール紹介)千住明/風林火山「生きる事は愛する事」
4.(プロフィール紹介)千住明/風林火山「山駆ける風」
5.(乾杯)Cornelius/FIRST QUESTION AWARD「THEME FROM FIRST QUESTION AWARD」
6.(新郎新婦退場)伶楽舎/陰陽師「長慶子 唐楽 舞楽」
7.(歓談)Bob James&Earl Klugh/Cool「Movin'On」
8.(歓談)Bob James&Earl Klugh/Cool「So Much In Common」
9.(歓談)Bob James&Earl Klugh/Cool「The Night That Love Came Back」
10.(歓談)Bob James&Earl Klugh/Cool「New York Samba」
11.(歓談)Bob James&Earl Klugh/Cool「Terpsichore」
12.(歓談)Bob James/白鳥「The Swan」
13.(歓談)Stéphane Grappelli/Milou en Mai「Milou」
14.(歓談)Stéphane Grappelli/Milou en Mai「Georges」
15.(歓談)Stéphane Grappelli/Milou en Mai「Adele」
16.(歓談)Stéphane Grappelli/Milou en Mai「L'Internationale」
17.(歓談)Quincy Jones/Big Band Bossa Nova「Desafinado」
18.(歓談)Quincy Jones/Big Band Bossa Nova「Se E Tarde Me Perdoa (Forgive Me If I'm Late)」
19.(歓談)Quincy Jones/Big Band Bossa Nova「Lalo Bossa Nova」
20.(歓談)Quincy Jones/Big Band Bossa Nova「Chega De Saudade (No More Blues)」
21.(新郎新婦入場)遊佐未森/honoka「I'll remember」
22.(新郎新婦入場)遊佐未森/roka「roka」
23.(新郎新婦入場)遊佐未森/空耳の丘「地図をください」
24.(ケーキカット)遊佐未森/アルヒハレノヒ「Floria」
25.(子供花束)神前暁・古原菜々/ことばのパズル もじぴったん大辞典 オリジナルサウンドトラック「ふたりのもじぴったん(Fine C'est La Mix)」
26.(ブーケプルズ)Flipper's Guitar/Singles「恋とマシンガン」
27.(ブーケプルズ)Cymbals/Missile & Chocolate「Hour Our Hour」
28.(花嫁の手紙)遊佐未森/水色「Island of Hope and Tears」
29.(花嫁の手紙)Nightnoise/Shadow Of Time「Shadow Of Time」
30.(新郎新婦退場)遊佐未森/ブーゲンビリア「彼方」
31.(送賓)遊佐未森/アルヒハレノヒ「Diary」
32.(送賓)遊佐未森/休暇小屋「ベージュ」


一番、気合を入れたのが、お色直し後の再入場「I'll remember」。
これは、絶対よかったはず。
あとは、歓談は、かなりいい感じに歓談ぽいはず。
来賓入場のために、「幻想の舞」のCDをわざわざ入手したのだが、お嫁さんの反対により使用できず。
最後の退場は、盛り上がるところまでたどり着かなかった。。。不覚。

 
Posted at 22:10 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
真央に対する静香の解説について / 2007年12月17日(月)
という、トピがmixiの浅田真央コミュに立っていた。

GPファイナル、ショート6位だったことを、ニュースで知った時点から、すっかり廃人になり、
ふて寝していたわたしですが。

はっきりいって、真央ちゃんとミキティの解説を比べれば一目瞭然。
公平とは、とてもいえませんがな。

そういう事実から目をそらして、解説にケチをつけるなんて品が無いとか、真央ファンの中にこんなことを言う人がいること自体いやだとか、
荒川信者には、ちょっとついていけねーってか、背筋が寒いですな。

荒川だって、金メダリストとはいえ、人の子ですから、仲良しのミキティより上手で可愛くて人気のある真央ちゃんに厳しくなることもあるし、それが、どうした?ってかんじなんですけどね〜。
別に、真央ちゃんファンにとって、そういう解説は不愉快ですけど、(キムヨナが真央ちゃんを上回ることがわかった時点で、大喜びじゃさすがにねぇ。。。)

真央ちゃんが、すごくピュアに荒川になつこうとしているのに、荒川の方はそうじゃないという構図は面白いですよね。アングルとして。

 
Posted at 21:20 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
かえってきました。 / 2007年12月12日(水)
帰ってきました。
ドイツ・オーストリアクリスマスツアーから。

なんとか無事でした。
海外旅行初めてだったんで、不安もいっぱいでしたが、
ほんとに、楽しかった☆

結婚式と、旅行の写真をUPしたいのだが、いそがしくて。。。

仕事はそれほどでもないのだが、結婚式のお礼だとか、旅行のおみやげだとか。。。
ほんとに、結婚とは、めんどくさいモノよ。。。


 
Posted at 10:17 / 日記 / この記事のURL
コメント(3)
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


アーカイブ
with Ajax Amazon



 
Global Media Online INC.