日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« 2007年08月 | Main | 2007年10月 »
キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!! / 2007年09月27日(木)
なんか、すげぇことになってる。。。

世界のヤマカン

マジかよ。


アニメーション神戸賞・主題歌賞

受傷、じゃない受賞オメ。
これって賞金とか副賞とかないんかな?


 
Posted at 19:27 / 映画・テレビ / この記事のURL
コメント(1)
あいかわらず。 / 2007年09月27日(木)
ネットを巡回する時間が多くなっております。
仕事と会務もあり、なかなか忙しいんですけどね〜。

集中的に回っているのは、モトケン先生のブログ



そこまで言って委員会大会議室
ここは、すちゅわーですさんという女性の弁護士が孤軍奮闘していましたが、モトケン先生のところで紹介されてから、モトケン先生のところの常連さんが続々参戦しているようですね。
モトケン先生も乱入しないか目が離せません!

 
Posted at 09:00 / 法律 / この記事のURL
コメント(0)
セキレイ / 2007年09月24日(月)
セキレイ 1 (1)セキレイ 1 (1)
極楽院 櫻子

スクウェア・エニックス 2005-06-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セキレイ 2 (2)セキレイ 2 (2)
極楽院 櫻子

スクウェア・エニックス 2005-10-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セキレイ 3 (3)セキレイ 3 (3)
極楽院 櫻子

スクウェア・エニックス 2006-05-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セキレイ 4 (4)セキレイ 4 (4)
極楽院 櫻子

スクウェア・エニックス 2007-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セキレイ 5 (5) (ヤング

ガンガンコミックス)セキレイ 5 (5) (ヤングガンガンコミックス)
極楽院 櫻子

スクウェア・エニックス 2007-07- 25
売り上げランキング :

Amazonで詳し く見る
by G- Tools


さて。
「セキレイ」
例によって、四文字ものですな。
YHVHに倣っているのか。

さて、狂った博士に創られた、超常の力をもつ、おにゃのこ達が、バトルを繰り広げる!
なぜか、マスターが必要。
もちろん主人公は、2浪けてーいのこれといってとりえもない平凡な男の子(なんか前の日記と猛烈なデジャ ヴュが。。。)。
なぜかこの主人公がセキレイと呼ばれるバトルおにゃのこに激モテっ!!(滝汗)
バトル中には、当然服は千切れるよっ!!
おっぱいっ!→パンツっ!!→おっぱいっっ!!!→ぱんつっっっ!!!!
チェーンコンボで男子中学生の股間を鷲掴みDEATH!
そして、予定調和に、えっちなシーンは、ん→チュ☆から先には進まない寸止めでございます。
バトルあり、ハーレム主人公をめぐる眼鏡ッ子、ろりっこ、ツンデレっこ、おねえたまのドタバタラブコメあ りで、あらゆる意味で、もう目が離せません(あ〜あ)。


ヒロインは、NO.88のセキレイ、結たん。
天然美少女で、ミニスカ巫女巫女服で、格ゲーばりに戦うぜっ!
絵は、いちご100%みたいな感じ?
男性キャラは、ゴッドオヴァタ風か。



ていうか、F.S.S.のファティマかっての。
結ちゃんは、5巻のラストで、アウクソー(ザ・フォーカスライト)みたいな感じデシタネ。

バランシェ45ファティマが何十年もたってもそろいませんが、こちらのセキレイは見事108人揃うんでし ょうか?
請うご期待☆




 
Posted at 18:34 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
か・ん・な・ぎ / 2007年09月24日(月)
かんなぎ 1 (1)かんなぎ 1 (1)
武梨 えり

一迅社 2006-08-09
売り上げランキング :

Amazonで詳し く見る
by G- Tools


かんなぎ 2 (2) (REX 

COMICS)かんなぎ 2 (2) (REX COMICS)
武梨 えり

一迅社 2007-02-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かんなぎ 3 (3) (REX 

COMICS) (REX COMICS)かんなぎ 3 (3) (REX COMICS) (REX COMICS)
武梨 えり

一迅社 2007-08-09
売り上げラン キング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


てなわけで。
(どんなわけだっ!?)
「かんなぎ」1、2、3と読み終わりました。


最近、ひらがな四文字とか、カタカナ四文字とか、(キミキスだとかつよきすだとか。。。)あまりに多すぎ て
何がなんだか分からなくなっております。
大学生の頃なら区別がついたのでしょうが、もうすっかりオジさんですなぁ。


あ・ら・す・じ。
ちょっぴりヽゝ゚ ‐゚νニゲチャダメ・・・、
じゃない、
霊感のつよい以外は、これといってとりえのない平凡な男の子の家に、
おしかけ女神様がいそうろう?!(爆)
女神様の妹や、幼馴染の女の子を巻き込んで、ハーレム状態のドッキドキ☆のラブトラブル!?



みたいな感じですかな。
あ〜〜〜〜
なんだか、エロゲーというか、ああ月天さまというか、なんか、そんな感じ。

もひとつ、ナギさまに萌えられないので、エンジンはかかりにくいのですが、
わりと主人公の美術部の面々が面白そう。

腐女子っぽい、木村貴子部長がいちおしかなぁ。
究極超人Rっぽく読めば。。。。可能性はある?

やや萌えは、主人公の幼馴染(胸が成長中)つぐみたん。

同級生の男子キャラもなかなかいい感じだし、今後楽しみっってことで。




 
Posted at 17:58 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
ブログ炎上あれこれ。 / 2007年09月24日(月)
不毛な休日を過ごしております。

いや、ブログを見て回っているのです。

まずは、ここ。
元検弁護士のつぶやき

最近、いい加減、わからんチンが多くて、先生方もささくれ立っていますな。
今枝弁護士のサイトに出張して、コメント欄に群がった、わからんチンどもをわざわざ挑発的な物言いで、叩きのめし、自分のサイトに誘導したりしてるみたい(今枝弁護士のブログには行っていない。さすがに、頭が悪いのがいっぱいいそうで、そこまで付き合いきれない。)ですね。モトケン先生。
今枝弁護士やら、ヤフーの光市の事件の掲示板からリンクが張られ、ますます2ちゃんねらーみたいな人が増えております。


弁護士と社会正義。
のところは、面白いかもですね。
刑事弁護人に真実義務があるか?というところ。
この点、私の大変尊敬する荒俣宏先生ですらご存知なかったので、ビックリしましたが。
弁護人には、積極的に真実を明らかにする義務はないのです。

そりゃ、こんな不正義、非法曹の皆さんに理解してもらおうってのは難しいよね。

一応、消極的な真実義務といって、積極的にウソを作り出してはいけないという縛りはあるのですがね。

だから、弁護人は、被告人に不利な証拠を知っていても、知らん振りして、裁判所に知らせなくても良いのです。
というか、そうすべき。
ただ、この証拠を積極的に破壊したりしてはいけません。


ココをね、わかりやすく短いセンテンスで、というと難しい。
そうすると短いセンテンス言い切り型の橋下弁護士なんかが受けちゃうんだろうね〜。


それと、光市の事件。
今枝弁護士は、一生懸命ブログをやってみたり、そのご努力は評価しますが、
あそこで、泣かんでも。。。。
もちろん、今枝弁護士のさまざまなエピソードを、私は、ネットで読んで知っていますから、
共感も出来ますけど。。。。
いままでの、雰囲気のなかで、パッとあのシーンを見てもなかなか世間の共感を得るのは難しいでしょう。
なかなか難しいですねぇ。。。。
モトケン先生のおっしゃるように、一切マスコミ発表しないという戦術が良かったような気がしますね。。。




もう一個は、岡口裁判官のブログ荒らされ事件

まぁ、こっちは、深刻な問題ではないのですが、
法律家のたしなみとして、毎日欠かさず見ている、超お気に入り、岡口裁判官の「ボツネタ」というブログに、なんか変な荒らしがまぎれこんだので、ちょっと面白がってみました。

岡口裁判官というのは、ロースクール生や司法修習生に絶大な支持を得ている「要件事実マニュアル」の著者ですね。


 
Posted at 08:52 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
お別れ会。 / 2007年09月22日(土)
え〜と。
最近は、バーフォンハイム発、アルケイディア行きの飛空艇のデッキをうろうろしては、
ときどき、見えないなにかにぶつかって、
小銭を拾ったり、錆の塊を拾ったりしております。



そんななか、昨日は、事務所の飲み会がありました。

事務員さん二人のお別れ会です。
いや〜、退職ラッシュですね〜。

13年目のベテラン美人事務員さんと、ボスの息子さん。

いや〜、酒がうまかった。といいたいところですが、
1次会は、後に当番弁護が控えていたので、全く酒が飲めず。途中で退席。
某Sバイパスが通行止めで、H警察までめちゃめちゃ時間がかかるし、
踏んだりけったりです。





取って返して、2次会に途中から参加。
いや、たのしかったね〜。

ちょっと、酒は足りなかったのですが、タバコを吸い過ぎた。。。

 
Posted at 09:12 / 日記 / この記事のURL
コメント(1)
禁煙ファシズム / 2007年09月20日(木)
養老孟司の超刺激発言 「たばこの害根拠なし」「禁煙運動はナチズム」

東京大学名誉教授で解剖学者の養老孟司さんが、「たばこの害や副流煙の危険は証明されていない」「禁煙運動家はたばこを取り締まる権力欲に中毒している」などと月刊誌の対談で発言した。これに、日本禁煙学会が激怒。「たばこが害だという根拠が無い、という根拠を示せ」と2007年9月13日に公開質問状を出した。

他人に生き方を押し付けて快感を覚える禁煙運動家?

文藝春秋を巡って、日本禁煙学会は公開質問状を出した 掲載されたのは「文芸春秋」07年10月号。タイトルは「変な国・日本の禁煙原理主義」。養老さんと劇作家の山崎正和さんの対談記事で、なぜ禁煙活動が起こったのか、なぜ健康至上主義になっていったのか、などが論じられている。2人に共通するのは、禁煙や健康至上主義に見え隠れするのが「ファシズム」「ナチズム」であること。養老さんは、禁煙運動家は非常に権力的で、他人に生き方を押し付けて快感を覚えるタイプだ、と痛烈に批判している。

養老さんは、そもそもたばこに害があるなど証明されていないとし、

「『肺がんの原因がたばこである』と医学的に証明されたらノーベル賞ものですよ」
また、「副流煙の危険性は問題外」と言い、

「低温で不完全燃焼するたばこから発生するので有害、というのに科学的根拠は無い」 と論じている。さらに、たばこのパッケージに書かれている「喫煙はあなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます」などの文言を決めた一人が大学の後輩だったそうで、

「医者仲間で集まったときに『根拠は何だ』『因果関係は立証されているのか』と彼を問い詰めたらたじたじでしたよ(笑)」
と語っている。

禁煙協会から「質問状」が来ても捨てるだけ
この記事を見て日本禁煙学会は激怒。07年9月13日に養老さん、山崎さん2人に対し公開質問状を出した。そこには、肺がんの主な原因が喫煙でない根拠、受動喫煙には害がないという根拠を示してほしい。また2人はたばこ業界から金銭を得ているかどうか答えてほしい、などが書かれている。

さらに、山崎さんが対談で、「70歳以上の人にアヘンを解禁したら幸せな老人が増えるかもしれない」とか、「中学時代に人目を気にしてたばこを吸っていた」などと発言していることから、中教審の会長としての責任を問題にしている。

公開質問状が出た以上、今後の両者のバトルが気になる。日本禁煙協会はJ-CASTニュースの取材に対し、養老さん達の発言は全くおかしなものであり、仮に海外であんな発言をすればとんでもないことになっているとし、

「疫学を否定しているのに、たばこに害がない根拠を疫学に求めていたりするなど、理論が破綻している。こちらとしては公開討論会を開いてはっきりさせたい」 と怒りが込み上げている様子だった。

一方の養老さんだが、養老さんの事務所に聞いてみると、

「(養老さんは)これまでも、反対される方と戦うとか、反論のコメントを出すということはありませんでしたから、今回もそうなるでしょう。反対するなら、どうぞ『ご勝手に』、ということですね」 と話す。質問状が手元に届いても見ずに捨ててしまうだろう、ということだった。


いやはや、やってくれましたね。
小谷野の「禁煙ファシズムと戦う」で山崎先生は、こういう立場だと知ってましたが。

おもろい上に、人気者のおっさんの発言だけに、みんな少しは気付いてくれるといいんだが、
まぁ、無理でしょうね〜。
ファッショだって言われるような人は、もう、完全に中毒だかんね〜。
光市の事件で義憤に駆られて弁護団に対して怒っちゃって、ニュースにコメントするような人も同じだけど、
自分が正義だと思いこんじゃった上に、マジョリティになると、こうなっちゃうんだろうね〜。
てか、それが気持ちがイイことなんだってことは、容易に分かりますしね。

この記事だけでは、はっきりはわかんないけど、ファシズムだっていのは、全面禁煙が最近多すぎるってことなんだと思うけどね。

分煙でなぜダメなのか?

問題はココですよ〜。

分煙なら、健康を押しつけてる事にはならんでしょ。

吸う方だって、よっぽどの変人でない限り、けむりが嫌いだって人の前でわざわざ吸いたいと思わないでしょう。

吸える場所と吸えない場所を分ける。
単純でいい解決方法だと思うんですけど。。。

それが、公共施設全面禁煙とか、ちょっと勇ましすぎるんじゃないの?



 
Posted at 11:23 / 日記 / この記事のURL
コメント(3)
三十!マイハニー。 / 2007年09月19日(水)
人気アニメ『らき☆すた』の立役者 「京アニ」と「平野綾」の実力とは!?


ずいぶん、持ち上げられているようで。。。




三十路岬三十路岬
今野宏美

ランティス 2007-08-29
売り上げランキング : 437

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



コスって!オーマイハニーコスって!オーマイハニー
平野綾 ささきのぞみ ささきのぞみ 平野綾

ランティス 2007-08-29
売り上げランキング : 261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



さて、らき☆すたから2枚。
「三十路岬」
いいんじゃないですか。
こうさき本人がいってるように、コブシどころかドスがきいてしまってますが、
まぁ、それもキャラどおりってことで。

なんか、「ナディア」のボーカルコレクションで、
ガーゴイルこと清川元夢こともとむーが、演歌を歌ってたのを思い出しますな。



「コスって」
いや〜、ちょっとやり過ぎなきが。。。
いや、凝ってるのは凝ってるのですが。

劇中で売ってた同人作品という設定ですから、「ミクルンルン」に近いかんじ?
そういうものだと分かってかえば、いいんですけどね〜。




しかし、貢献してるよな、売り上げに。。。
次は、キャラソンか。。。

 
Posted at 15:49 / 音楽 / この記事のURL
コメント(0)
旧怪談☆13 / 2007年09月18日(火)
旧怪談―耳袋より (幽

BOOKS)旧怪談―耳袋 より (幽BOOKS)
京極 夏彦

メディアファクトリー 2007-07
売り上げランキン グ : 1504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



LEGAの13 1 (1) (フラワ

ーコミックス)LEGAの13 1 (1) (フラワーコミックス)
やまざき 貴子

小学館 2007-07-26
売り上げランキ ング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


京極夏彦「旧怪談」

耳嚢ですなぁ。
とってもおもしろい。ナイスすぎ。
それほど怖くはない。
怪しい出来事。

最近、脳みそがすっかりだらけているので、古文の部分を読むのがたいそう疲れます。
江戸の文章で、かつ振り仮名てんこ盛りだから、それほど難しくないはずなんだけど、
しばらく離れているとリズムがつかめないんだよね。



「LEGAの13」


いまのところ、日本で1、2を争うほど絵が美麗なやまざき貴子、最新刊。

ヴェネチア・ひらひらフリル・錬金術師となかなか私好みのギミックだらけ。
まぁ、賢者の石とか錬金術を即物的に解釈するのはしょうがないのかね?
平野啓一郎とか、アレイスター・クロウリーみたいに哲学的に解釈しちゃうと、
漫画にし難いしねぇ。。。

あぁ、あと女装モノは、好きかも。
ゲイではないのだけど、
自分も女装がにあうぐらいかわいく生まれたかったわぁ。。。



 
Posted at 19:06 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
銀河英雄伝説4 / 2007年09月12日(水)
銀河英雄伝説 4 策謀篇 (4) (創元SF文庫 た 1-4)銀河英雄伝説 4 策謀篇 (4) (創元SF文庫 た 1-4)
田中 芳樹

東京創元社 2007-08
売り上げランキング : 654

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



いや、真面目な話は性に合わないね。。。
前回の話で、「手続的正義」をどう説明するかについては、保留ってことで。。。



ぎんえーでん、4巻。

ラグナロックですね。
あいかわらずスピードはええよ、この小説。

ロイエンタールとミッターマイヤーがスキなので、2人の活躍が楽しみですが
活躍しても、短いんだもんなぁ。。。
アニメ版を見直そうかな。。。

 
Posted at 17:42 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
懲戒請求2 / 2007年09月08日(土)
この件については、どんどん進展していきますね。

最近は、ラノベとアニメの事しか書いてない私が、
なぜ、こんなまじめなことを書いているかというと、

ひとえに、今回の騒動というのは、
刑事弁護手続に対する国民の理解。
という私のライフワークである「法教育」の根幹に関わる部分だからです。
(なお、法教育は、刑事手続きのみを教えるものではありません。)

ただ、法教育の分野の内部でも、刑事手続(「手続的正義」、「適正手続」)というのは、とても理解が難しい分野です。

水戸黄門様ってあるでしょ。
(他の時代劇も、西部警察でも、大捜査線でも、ナントカ戦隊でもいいのですが。)
あれって、

悪代官と越後屋が町民や農民をいじめる

黄門様ご一行が到着、色々あって、一行が、証拠をつかむ

スケさん、カクさん、懲らしめてやりなさい!

印籠ドーン!

一件落着。カッカカカカ。


これって、結果の正義は保たれているんで、とてもすっきりしますよね。

でも、悪党どもの言い分を聞く機会というのはないんです。
黄門様は、めちゃめちゃ権力者だから、令状なくても逮捕勾留も出来ちゃうし。
手続的正義というのは、なくてもすっきり腑に落ちちゃう。


教えるのは大変むずかしい。


一度NHKで小学校の先生が社会科の授業で、生徒に「黙秘権」について教えるというのが
取り上げられたのですが、これがとんでもないことになってまして。
詳細は省きますが、法律家からみて、不正確というよりは、それじゃ黙秘権になってないよ!という説明だったのです。
小学校の先生、あるいは中学校の先生でも適正手続ということを、的確に理解しているひとは、少ないのかもと思わされた事件でした。




んで、今回の橋下弁護士の件。

橋下徹のLawyer’s EYE


コレに対する意見も出ています。
元検弁護士のつぶやき

わたしも、モトケン先生とほとんど同じ考えです。
橋下弁護士の意見も読むとすごく、いいことが書いてあります。
弁護士は先生セインセイと呼ばれて、いい気になって国民に説明することを怠ってきた。
そんなんじゃだめだ!

そうだと思います。
でも、今回の事件のみなさんの怒りというのは、刑事手続に関する理解不足から、
弁護団があのストーリを捏造したと思われてしまったところに原因があると思うのです。
(というか、テレビのアナウンサやコメンテータも全く知識がないというのは、大いに問題ですけど。)

そうだとすれば、橋下弁護士の苛立ちの矛先は、いままで、ろくに国民に対して弁護人の役割を説明してこなかった、これまでの弁護士の体質、弁護士会、日弁連に向けられるべきであって、今回の弁護団に向けられるべきではないし、橋下弁護士はせっかくメディアにイッパイ発言の機会を与えられているのですから、誤解を解き、刑事手続きについて理解を求めれば良かったと思うのです。

橋下弁護士とよく一緒にテレビに出ている住田弁護士は、関東弁護士会連合会の法教育委員会の委員長として、みんなに弁護士の役割や、法の根源的な価値を分かってもらおうと、(もちろん、無報酬で)がんばっていますよ。


ちなみに、この件で、弁護団の主張がとても腹が立つとお考えの方は、
一度モトケン先生の「母子殺害事件関係のコメントをされる方へ」というところを、結構量がありますが、読んでみてください。
さすが元検察官だけあって、数ある弁護士のブログの中でも、(おそらく最も)強烈に弁護団の主張を批判されています。
その上で、弁護人の役割や、今回の懲戒にも触れられていますので、若輩者の私のブログなんかより、とてもよくわかります。

一見の価値ありです。

 
Posted at 09:07 / 法律 / この記事のURL
コメント(1)
懲戒請求 / 2007年09月07日(金)
昨日のエントリにいろいろ加筆していたら、長くなったので、
改めて立てることにしました。

なかなか興味深いので。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3110259.html

橋下弁護士が光市の事件の弁護団から訴えられたそうで。
まぁ、結果を予測するのはアレですけど、
橋下弁護士の「被害者と世間に対する説明義務違反が懲戒事由にあたる」というのは、相当苦しいですよね。
だいたい、番組で言ってたのと変遷してる(ように見える)し。

いままで、過激な言い方が問題になることもありましたが、
私は、結構橋下弁護士が、好きでした。
嫡出の推定の問題とか、テレビコメンテータが好き勝手なことを情に流されて言い放題なのを、
ビシっと法的な見方を示していたように思います。

でも、この件はどうしても、賛同できません。


この件、ミクシィのニュースコメント、ひどいね。

○ともかく、司法制度ことをもうチョット知ろうよ!

弁護人は、被告人の言うとおりに弁護するのが基本中の基本です。
むしろ、被告人の言い分と異なる弁護をすれば、まず間違いなく懲戒されるでしょう。
(ここにも例外があって、身代わり犯人の場合とかは難しい問題です。 )

被告人と弁護側の主張が理不尽なら、
(僕としても、証拠を全部見たわけではないですし、最終的には、裁判官が決めることなので、あくまで感想程度ですが、あんまり説得力があるとは。。。。とは思います。)、
検察官がやっつければいいのです。

最近は、フジテレビをみれば、いつもキムタクが出ていて、「HERO」の宣伝をやってるのに、
あんまり、検察官って知られていないのかなぁ。。。

司法試験を受かった人の中から、毎年数十名しかなることが出来ない、
スーパーエリート。
警察官や検察事務官に指示を出して捜査もし、法廷にも出て、悪をやっつける。
カッコイイ!!
法律的には、起訴独占権をもち、広範な訴追裁量を有し(これが強力!)、独任制の官庁といわれ、裁判官に準じるほど身分保障が認められている。
賄賂とかをもらうと司法制度がガタガタになってしまうので、お給料も高い!
しかも、キムタクばりにカッコイイ!(笑)
そんなステッキーな人が弁護人の主張に矛盾点があれば、やっつけてくれるはずです。

どう?

そんな最強無敵な人が被告人をギュウギュウやっつけているんだから、法律の専門家が、被告人の言い分を聞いて、法律的に構成してあげなきゃ。
というのが、弁護人なのです。

その弁護人が、被告人のいいわけに対し、
「そんな理不尽ないいわけがあるか!罪を認めろ!反省しろ!」なんてやったら、被告人の周りの法律家が敵ばかりになっちゃうじゃん。
それは、検察官の役目でしょ。

そして、検察官と弁護人のやりとりの中から、これまた、スペシャルエリートの裁判官が、事実は何か、判断するのです。

たしかに、社会正義は重要だけど、刑事裁判の中では、弁護人は、被告人を守るためだけにいるのです。
もちろん、被害者に配慮しなくていいというわけではありません。
必要以上に被害者を傷つけることは決して許されないでしょう。
ただ、それも、被告人を守るという役目を最大限果たしての上での話なのです。


極端な話、
例えば、強姦事件の被告人がいて、「いや、あの女におれは誘われタンだ」
なんていって、否認しようものなら、弁護人は、全力でそう主張しなければならい。
どころか、被害者の女性を公開の法廷に引っ張り出して、証人尋問をして、ウソをついてないかチェックしなければならない。。。。
う〜、考えただけで、寒気がしますな。
幸いそういう事件には、当たったことがないですが、もし当たったら、尋問の1週間前ぐらいから、胃痛とか不眠とか大変なことになりそう。

でも、やらざるを得ない。


○事実をもうチョット確認しようよ!
メディアリテラシーの問題かもしれないけど、

今回一番みんなの怒りを呼んでいるのは、弁護団があのストーリを造り、被告人に喋らせていると考えられているからじゃないかな。
橋下弁護士も、弁護団は、国民にそういう誤解を与えたことで、弁護士の信用を貶めたことが懲戒事由に当たると言ってるぐらいだし。


でも、(神様じゃないので、絶対はないですが、)それはない。
理由は、前にもちょっと書いたけど、今まさに問題になっている、懲戒の問題です。
被告人に被告人の思いもつかないストーリを教え込んで喋らせるなんてリスクは、弁護士はとても負えない。
もし、それで死刑になったら、弁護団は、被告人にめちゃめちゃ恨まれるでしょ?
しかも、それは正当な恨みだし、被告人は、間違いなく懲戒請求するだろうね。
そして、懲戒事由に当たることも間違いない。

タダでやってるこんな事件にバッジを賭けられるか?

最近は、弁護団の説明により、被告人が以前からそういう主張をしているって話も出てきており、弁護人がストーリを造ったって話は解決かなぁと思われますが、マスコミは全然報道しないしねえ。
ひっこみがつかないのかな。もうさんざん罵った後だから。

死刑廃止論に利用している!
ていう話なんですが、今回別に、弁護人は死刑を廃止せよなんて言ってないんですよ。
また、弁護団には、死刑廃止論でない方もいるようですよ。



ちなみに、私はバリバリ死刑存置論者です。


○ついでに、橋下弁護士のブログすら見ていない。
トホホだね〜。
橋下弁護士は、
弁護団の主張は、弁護人である以上仕方がない。
突然主張が変わるのもやむを得ないと
ただ、変わるんだったら理由を被害者や国民に説明せよ!
って、いってるんだよ。

橋下弁護士支持!なんていってる人たちは、主張自体がおかしい、人間として許せないっていう話じゃないの?


まぁ、こういうことが、これ以上増えないためにも、
法教育をがんばらねば。
たとえば、法教育研究会のこのような教材はどうでしょう。
司法
あるいは、おそらく、法教育推進協議会でまとめられた、
裁判員教材

さて、がんばろ〜。

 
Posted at 18:52 / 法律 / この記事のURL
コメント(2)
暴風 / 2007年09月06日(木)

暴風域キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!


セイレイ、アルル、マロリー?

って、そりゃ、暴風三王女ジャン!
なんのこっちゃ。
なかなか派手に風が吹いてますね。




 
Posted at 22:16 / 日記 / この記事のURL
コメント(1)
模擬裁判 / 2007年09月05日(水)
きょうは、県内の女子校に模擬裁判の指導にいってきました!

文化祭の発表のテーマとして裁判員制度を選んだクラスみたいです。

文化祭当日も実演するようですね。
うまく行くといいなぁ

最後、窃盗の意思があるかないか判断する評議がすごく盛り上がってよかったなぁとおもいます。

高校生でも重要な間接事実は残さずあげられますね。
彼女達なら裁判員に選ばれても心配なしですねー。

 
Posted at 16:23 / 法教育 / この記事のURL
コメント(0)
輝け!ダークエルフの事件簿 / 2007年09月02日(日)
輝け!へっぽこ冒険譚 2 

(2) (富士見ファンタジア文庫 21-92 ソード・ワールド・ノベル)輝け!へっぽこ冒険譚 2 (2) (富士見ファンタジア文庫 21-92 ソード・ワールド・ノベ ル)
秋田 みやび

富士見書房 2007-07
売り上げランキング : 37384

Amazonで 詳しく見る
by G- Tools


ダークエルフの口づけ 3 

(3) (富士見ファンタジア文庫 21-83 ソード・ワールド・ノベル)ダークエルフの口づけ 3 (3) (富士見ファンタジア文庫 21-83 ソード・ワールド・ノベ ル)
川人 忠明

富士見書房 2007-07
売り上げランキング : 32439

Amazonで 詳しく見る
by G- Tools


かけ出し裁判官の事件簿

かけ出し裁判 官の事件簿
八橋 一樹

ビジネス社 2007-07
売り上げランキング : 27632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



SWが沢山でた月でしたな。

「輝け!〜」
意外とおもしろかった。
ヒースとイリーナ、その家族が中心の話なのだが、
組み立ても悪くないし、ほのぼのした話で、良いですねぇ。


ダークエルフ。
これは、最近のSWシリーズには珍しいハードな感じ。
といっても、なんだか、知れているといえば知れているのだが。
どこをとってもなんだか昏〜い「死せる神の島」なんかとは比べ物にならんし、文体もやや軽いんだよな。
ベラさまの冷酷非情ぶりが楽しい。
SWの長編て珍しいかな。
清松のケイオスランドのやつ以来?

なんか、もうひとイベント欲しいところですが。
小説と連携した「ロードス」みたいなキャンペーンをするとか。


「かけ出し裁判官の事件簿」
これを読むと「アレ?」と思う人が多いんじゃないかなぁ?

主人公は、著者と同じ、刑事部の左陪席裁判官。
ある刑事事件の否認事件を中心に話が進んでイク。

共犯者は、被告人が関与したといい、被告人は否認する。
共犯者がウソをついているのか、被告人がウソをついているのか?
弁護人の唐突とも思える質問の意図は?

ウソをついているなら、どういう意図でウソをいっているのか?

そこが解き明かされると思ったら、最後まで解き明かされない。


読み終わると、刑事裁判修習で刑事裁判を傍聴していたときのことを思い出します。
鮮明に。

結局、裁判所からは、こう見える。ということが淡々と記述されている。
結審して、判決を考えるにあたっては、合理的に事実認定していけば、有罪無罪の結論はでる。
でも、どうして?なぜ?という疑問。
訴訟活動を行う当事者の意図などは、結局明瞭とはわからない。

そういうものをそのまま本にしました。ッて感じ。

だから、裁判員に選ばれたひとも、こういう風に裁判て見えるんだ。
という意味では、面白いかも。
法廷小説だと、作者が全部の登場人物の意図を知って、物語を創りだしているから、
真相も、動機もなにもかも最後にはわかって、すっきりするのですが、
現実の裁判は、そういうものじゃないというのがリアルに分かるカモです。


ちなみにこの著者。私と同期らしいですね。
(勝手に主人公と著者が同期であると誤解していました。先輩のようですね。)
印税がっぽがっぽっ!なのかなぁ。
うらやましい。




 
Posted at 09:20 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
法教育 / 2007年09月02日(日)
8月27日。
横浜市教育文化センターで行われた、横浜国立大学の公開講座、「法教育セミナー」に行ってきました。

教員の方70名ほどが集まる大盛況。
学部長さんのアイサツの後は、我が弁護士会からM弁護士が法教育の概要を。
小学校からU先生が、6年生の法教育実践の報告。
中学校からは国大法教育研究会の中心メンバーN先生が、憲法と法教育の関係、法務省の教材「はじめての法 教育」に対する批判。
そして、国大の准教授S先生が社会学的な切り口?で中高生の法意識についてお話されました。
最後はK教授、W准教授も入って、パネルディスカッションのような質疑応答のような。

けっこう盛り上がっていたと思います。

いや〜。よかったね。



昨日は、Y市内のK学園に、模擬裁判の指導に行って来ました。
文化祭で模擬裁判劇をしたいのだとか。

みんな楽しんで準備に取り組んでいるようで、よかったですね。



じわじわと法教育、広がりを見せているようです。
私どもとしては、裁判員制度導入をうまくブースタにしたいですね。




 
Posted at 08:52 / 法教育 / この記事のURL
コメント(0)
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


アーカイブ
with Ajax Amazon



 
Global Media Online INC.