日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« 2009年11月08日 | Main | 2009年11月10日 »
シモン・ボリバル / 2009年11月09日(月)
シモン・ボリバルって、なつかしいなぁ。

世界史で習って以来、ずいぶん聞いたこと無い単語でしたが。


なんか、いつのまにかオレの部屋に居候をしていて、

どうやら法律上オレの財産の半分を受け取る権利があるらしい女がいてw

オレのディーガにイロイロ録り貯めていやがります


それでこの間見たのが、

「シモン・ボリバル・ユースオーケストラ・オブ・ベネズエラ」の

ダフクロ。

いや〜、ダフクロって、クラリネットが超かっこよくて、

最後は、よくわからんぐらい大盛り上がりでとても良い曲なのですが、

ホルンは、ダブルタンギング地獄で、つまらン上に死ぬね。


チャイ5も、なかなか良かった。

ここまでテンポにメリハリつけますか!


そして、アンコールは、ウェストサイドの「マンボ」と

吹奏楽ファンにはおなじみの「エスタンシア」

アンコールは、どちらも、ハッチャケてて、とても良かった!


カッコエエなぁ。

オーケストラって、おじさんおばさんが聴いたり、

良いオウチのお坊ちゃんお嬢ちゃんが聴いたりしているものと

思っている人もいるかもしれませんが、

このアンコールを聴くとぶっ飛ぶと思います。

音楽万歳!


ちなみに、中南米にはあこがれがあります。

こういう力強さって、独特なのかなぁと。

私の大好きなD・H・ロレンスの「翼ある蛇」じゃないけどさ。

 
Posted at 15:11 / 音楽 / この記事のURL
コメント(0)
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


アーカイブ
with Ajax Amazon



 
Global Media Online INC.