日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« 2009年03月11日 | Main | 2009年03月21日 »
ウラを見抜ける? / 2009年03月17日(火)
なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)
佐伯 照道

経済界 2008-11-21
売り上げランキング : 58742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて。
筆者の佐伯照道先生。

大学時代、私の入っていた法律相談部のOBであった佐伯先生は、時々来ては、法律相談のアドバイスをしてくださり、そして、夜は、当時100人近かった部員の多くを飲みに連れて行ってくださいました。

そういうわけで、私は、一方的に佐伯先生を存じ上げているのですが、佐伯先生からしたら100人近くいる部員の一人ですから、記憶の片隅にもないでしょうな。

当時の先生は、とても、脂の乗ったというか、破産管財人って儲かるんだなぁ〜というか。

ヤクザと渡り合うって、素で全然できそうというぐらい迫力のある方でした。


で、本なのですが、

なんだか、編集者がつけたタイトルなのか、

本文を読んでも「ウラの見抜きかた」は全然出てこない。

前半は、ヤクザを相手にしてどのように対処するかと言う民暴の体験談を通した、交渉術。

後半は、破産管財人の経験から、常識にとらわれない、柔軟な思考の重要性。

のような内容です。

それぞれ、役に立つ内容な上に、話自体も大変面白い。

ので、タイトルと内容に齟齬がある点はもったいないな〜。と。

 
Posted at 20:20 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
消費者教育。 / 2009年03月17日(火)
あさて。

私が関与した消費者教育の授業が取り上げられています。
中学校第3学年 社会科公民的分野 「消費者の権利と保護」 「あわてないで!!クリックしたら・・・架空請求?!」 〜法教育の視点を取り入れた消費者教育〜

「はじめての法教育」の消費者の部分を参考に組み立てられています。


が。

このハプニングカードって、
「意思表示の合致」→「意思表示の瑕疵」
から説明できない
「債務不履行解除」が入っていて説明するの難しいんだよね。

さらに、消費者保護にブリッジするのも、必ずしも「意思表示」をキーワードに説明できないし。。。。


さらに、さらに、契約の有効要件、私的自治の・契約自由の原則の例外として公序良俗違反とかにも触れたくて。。。。。


反省しきり。
ともかく、45分とか、50分の授業と言うのは、時間との戦いですね〜。

 
Posted at 20:08 / 法教育 / この記事のURL
コメント(0)
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


アーカイブ
with Ajax Amazon



 
Global Media Online INC.